恐怖症を克服する方法を学ぼう!

· 2018年11月25日

どんな人も、自分自身恐怖症があったり、恐怖症を持っている人を知っているはずです。日々の生活を条件づけるまでにはいかない恐怖症もあるため、完全に忘れ切ってしまうこともしばしばです。例えば、ヘビやネズミ恐怖症は、街に住んでいればそんなに日常的に恐怖を生み出すことはありません。

しかし、運転恐怖症は現代社会において大きな問題となり得ます。仕事のために頻繁に移動するのであれば、飛行機恐怖症も問題です。これらの無害な刺激が引き起こす不安症に対処することが重要です。なぜなら、こういった不安症は回避行動、つまりパニックを引き起こすからです。それでは詳しく見てみましょう!

「脅威がないのに恐怖を感じる人は、自分の恐怖を正当化するために脅威を生み出す。」
-エミール=オーギュスト・シャルティエ-

恐怖症のカギは不安症

不安は、恐怖症を持っているとあわられる感情です。さらに、恐怖症が現れたとき、激しさを沈める方法を知っていなくてはいけません。この目標を心に留めて、恐怖症を掻き立てるものを知るべきです。これは、恐怖症が時に誤った思い込みから起こることがあるからです。これらの思い込みを間違いであると証明することで、恐怖は消えていきます。恐れている状況をコントロールする助けになるスキルを手に入れることが有効です。

2重

例を見てみましょう。あなたはイヌを恐れていて、すべてのイヌが危険だと考えます。少し調べてみたら、それは正しくないことがわかります。また、様々な状況でイヌのふるまいを制限するためにどうすればいいかも調べることができます。こうすることで、「恐怖の」状況で使える知識を増やせます。これらの情報は安心感を与え、不安レベルを下げます。そして、脅威に対する不安が和らぎます。

「人生の中に恐れるものはない。あるのは理解されるべきものだけだ。今こそより理解して、恐怖を和らげよう。」
-マリ・キュリー-

恐怖症を起こす刺激に関する情報を手に入れたり、そのコントロールの方法を学ぶ以外にも対策法があります。こういった意味で、リラックスする方法を見つけることが重要です。これを達成するにはたくさんの方法があります。重要なのは、刺激と自分の性格に基づいて、自分に一番合うものを見つけることです。

次のステップ:自分の恐怖症に自分をさらす

自分の恐怖症の対象に対峙するとき、不安が引き起こされます。心臓が早鐘のようになっていると感じます。さらに呼吸が早まります。自分を閉じて、注意が刺激そのものに囚われます。ただ逃げ出したい、回避したい、と感じるはずです。そして結局このような行動に出ます。この瞬間、不安がなだめられます。恐怖症の刺激が再び現れるまで、もう一度同じように不安で反応するまでです。このふるまいのパターンは強化されてしまいます。

回避法は短期的には効果的ではあるものの、長期的には意味がないことは明確です。それでは何ができるでしょうか?逃げることをやめてみてはどうでしょう。難しく聞こえるかもしれませんが、リラックスする方法を学び、不安をコントロールするための最初の一歩です。そうすることで、恐怖症が現れたときのネガティブな感情に対処することができます。

岩

こうするためには、自分を恐怖症の刺激に少しずつさらしていく必要があります。恐怖症と関連している状況のリストを作成し、それが引き起こす不安レベルに応じて並べ替えます。これができたら、これらの状況に自分を置いてみましょう。逃げ出さず、一つ一つです。

あまり大きな不安を生み出さないものからはじめて、不快な感情が現れてきたことに気づき始めたら、それをコントロールするために考えた方法を実践しましょう。例えば、リラクゼーション、刺激の無視、思考の停止などを刺激自体から逃げずに行いましょう。それを乗り越えたら、次の状況に自分をさらす準備は万端です。こうすることで、時間をかけて落ち着いて不安を呼び起こす状況に自らをさらすことができます。

最後に、自分にご褒美!

ふるまいを習慣にしたいときは、実践してから強化する必要があります。これを行うために、刺激から逃げることなくうまく不安をコントロール出来たら、自分にご褒美を与えましょう。不快な瞬間を耐えたのです。ご褒美をもらたっていいじゃないですか!

こうして、はじめの衝動に対しての自制力をつけていけます。それでだけでなく、思っていたようなネガティブな結果が、思いこんでいたより全然怖くなかったと気づくはずです。あるいは、全く起こらないかもしれません。これ自体が、より大きな困難に対峙した時の強化とモチベーションになります。今までの不安症を対処できたら、次のものもそんなに悪くは感じられないはずです。

セーター

「不安症は、精神を流れる恐怖の川です。これを巣食わせると、すべての思考を奪い去ってしまうより強い流れになります。」

恐怖症を乗り越えることは、その方法を知って正しいテクニックを実践すれば、比較的簡単です。それゆえに、自分の人生にこの問題があると思ったら、心理士の助けを得ることが重要です。このプロセスで導いてくれるガイドになってくれるはずです。こうすることで、再び人生のコントロールが取れるようになるかもしれません。頑張りましょう!