矯正施設でのソーシャルワーカーの役割

2020年1月5日
矯正施設のソーシャルワーカーの役割を知っていますか?今日はその役割について見ていきましょう。

矯正施設のソーシャルワーカーには憲法で定められた目的の達成という役割があるので、非常に重要な存在です。ご存知かもしれませんがアメリカの入所率は世界でもっとも高く、人口10万人当たり716人が入所しています。刑務所には229万8300人近い受刑者がいるのです。また、憲法を考慮に入れて、禁固刑や警備体制は社会復帰に向けたものでなければならないと定められています。

スペインの政治家マルセデス・ガリゾは、こう主張します。「刑務所は、基本的に単なる除外の場であってはならないことを社会は知っている。刑務所制度は、社会復帰の方向性と自由を奪われた人の権利を基礎とし、それを尊重するべきである。自由の剥奪という威圧的な効果は否定せず、更生が行われ、スキルを伴い人を豊かにする教育を受けさせるべきだ。こうすることにより、彼らは犯罪に戻ることなく、将来社会に復帰し生き残ることができる。」

さらに、彼女はこう語っています。「現代社会は、刑務所が犯罪に関する規則を破った人すべてが収容される絶対必要な場所だという考えを越える時である。」と。

法体系の仕組みが複雑な時代ですが、それが変わらない限り、刑法を遵守しなければならないということを知っておく必要があります。また、禁固刑を受ける人も世界人権宣言の対象だということを忘れてはなりません。

 

ソーシャルワーカーの目的と指針

ソーシャルワーカー 矯正施設

以前の考えとは異なり、自由の剥奪の主な目的は人を更生し、将来自由に生きられるよう備えさせることにあります。そのために教育的、技術的、専門的方法を使い、法の権限や社会的規範を学ぶ必要があります。

この目的を達成するため、この仕事を担う人は、次の原則を考慮する必要があります。

  • 個別化
  • 学位の取得
  • 刑務所治療
  • 受刑者が社会的ルーツを持つ場所で、刑を完了させる
  • 外の世界とのコミュニケーションや出所許可

 

刑務所のソーシャルワーカーの役割

この原則は、刑務所の領域では新しいものです。ソーシャルワーカーは、矯正施設と外の世界をつなぐ役割をします。何より、自由を完全に剥奪されることを防ぐために戦い、受刑者とその周りの社会的環境や家庭環境の「仲介役」を果たします。

治療の決定に関わる

このチームには次の専門家も入っています。

  • 治療部門の副長
  • 社会復帰センター
  • メディカル・アシスタント・ディレクターまたはメディカルサービス長
  • 社会復帰センターの副長
  • 提案に介入する社会復帰センターのコーディネーターや教育係
  • サービスの責任者

矯正施設でのソーシャルワーカーの主な機能としては:

  • 休職、勉強、特別許可、帰宅許可の評価の実施
  • 執行猶予管理レポート、出所許可の積極表を用いたインセンティブの付与、技術的システムの期間や所内活動の分類
  • さらに、これらすべての機能に会社、教育センター、被害者や親族訪問が含まれなければなりません。また、受刑者の住まいは、手続きのタイプにより決まります。
  • また、フォローアップや監督をする必要もあります。

 

教育におけるソーシャルワーカーの役割

矯正施設 ソーシャルワーカー

法により判断された罰に対する、社会全体としての不満は否定できないものです。何かがうまくいっていないのは事実です。これが明らかなケースもあります。体系がうまくいっていないケースは必ずニュースになります。

刑務所の社会教育の重要性について考えてみましょう。このような施設での教育は、もっとも好ましいとは考えられないかもしれませんが、受刑者には新たな機会が必要です。将来に関しポジティブに向き合いたいという積極的な態度をもつ人については特にそうです。

これは非常に複雑で難しいタスクで、様々な人が関係し、答えを求め、教育を行っています。すべての犯罪を心理学、医学、精神学に当てはめようとする傾向があるにも関わらず、このような動きもあるのです。人の人生を変えようとし、変化を起こそうとする教育的関係が考慮されていないものでは、教育的に特化された介入が除外されてしまいます。

教育的、娯楽的行動は、環境の外での生活に意識を向けることが目的です。受刑者もまた社会への所属を感じ、社会のためになる活動を行うことが大切です。これらのタスクは、当然その人の現実の捉え方を変化させることになります。

 

市民教育がどう役立つか?

社会教育には、次のような利点があります。

  • ソーシャルスキル
  • 薬物依存の予防
  • 読み書きプログラム
  • 健康教育
  • 職業訓練、社会労働促進運動
  • 全ての人が対象の市民教育

刑務所での仕事の促進はとても難しいことですが、価値、スキル、強みを与えることにより、より社会の一員として自由の中で自分の人生と向き合うことができます。これは、この体系の成功に欠かせないものです。また、矯正の成功は社会全体に良い結果をもたらすということも忘れてはいけません。

Cabrera, P. J. (2002). Cárcel y exclusión. Revista del Ministerio de Trabajo y Asuntos sociales35, 83-120.

Cogley, M. (Sf). El Trabajo Social Penitenciario, un nuevo desafio para la profesión.

Gallizo Llamas, M.: (2002) El sistema penitenciario Español. Madrid. Secretaría General de Instituciones Penitenciarias

Gómez, J. A. C., & Pernas, R. G. (2013). Educar en las cárceles: nuevos desafíos para la educación social en las instituciones penitenciarias Educating in Prisons: New Challenges for Social Education. Revista de educación360, 36-47.

Muñumer Domingo, S. (2016). Panorama actual de la intervención social penitenciaria. La reinserción y la prevención de la reincidencia.

Serrano, F. J. D. P., & Añaños-Bedriñana, F. T. (2013). La Educación Social Penitenciaria:¿ De dónde venimos y hacia dónde vamos?. Revista complutense de educación24(1), 47-69.

Visus, C. S. V., & Solbes, V. M. M. (2016). Educación Social en centros penitenciarios. RES: Revista de Educación Social, (22), 5-9.