求愛:失われた習慣の肯定的側面

· 2018年6月14日

最近急激に変化したことがあるとすれば、恋愛関係を開始する方法です。求愛行動は、絶滅の危機に瀕しているか、もしくは完全に消滅しているかもしれません。ものすごいスピードで進化する現代社会は、愛という文化にまで侵略してきました。

現代の世界中の多くの関係が「スピード・デート」と定義されています。求愛はもはや必要ではないようです。しかしまだ、感情や恋愛力の不足によって疲れてしまうカップルが数多くいます。言い換えればつまり、そこにロマンスがないのです。

愛は理解されない。それはただ単に、示されればいい。

– パウロ・コエーリョ –

求愛は人間だけのものではありません。事実、ほとんどの動物には求愛の儀式があります。彼らは、ほぼ子孫を残すためだけに本能的につがいになるものですが、前置きなしでこの行為に至ることはありません。この一連の活動は、コミュニケーションを図り、同期し、生物学的に環境を整えることで繁殖活動を最大にすることを目的としています。

しかし、人間の世界では、求愛は大きく信頼を失いました。求愛は不要な装飾だと見なされています。私たちは「まあこの先どうなるか試してみよう」と言うだけです。そこに厳密な意味での「求愛行動」はありません。代わりに、一時的で終わる関係に繋がっていく合図が入り混じっているだけです。

多くの場合、二人がお互いが好きであることの確信すらありません。それでは、もはや過去のことになりつつある求愛の行動と要素とは何でしょうか?ここにいくつか例を挙げます。

花、求愛の典型

花は普遍的言語であり、ロマンチックな求愛に不可欠なものです。誰かが特別な記念日やお祝い事のための贈り物として花を受け取るとき、その花は愛のメッセージです。花は賛辞であり、同時にその人への興味を表す良い方法です。

女性の口元に花

現代では、花を贈るには勇気が必要です。多くの人にとって、それは心地よい象徴であり、リスキーでもあります・・・ 拒絶されるかもしれないからです。しかし、そのような素敵な贈り物を断るのは難しいものです。それでも、花を贈ることで「あなたに好意がある」と公然と伝えることになるため、花を贈るには勇気が必要なのです。それはあなたを気弱にしてしまいます。

携帯電話はロマンチックではない

拒絶される恐れのあまり、誰かに気持ちを直接表現する必要のないよう、人々は気をそらしてくれるものを探します。携帯電話はそれ当てはまります。携帯電話は私たちが断続的に興味を示すことを可能にします。すべてがうまく行っていれば、私たちは携帯に気を留めません。しかし、何か心配事がある場合や物事がうまく行っていないとき、状況から逃げるために携帯電話に目を向けてしまいます。

あなたの携帯電話をオフにして、それを片付けることは、求愛の良いジェスチャーになるでしょう。その行為はあなたの目の前の人に、あなたが完全に意識を集中させるつもりであることを意味します。それはまた、あなたが「かくれんぼ」をしているのではなく、自分が望むものを分かっていることを意味します。あなたが誰かに求愛する時には、相手がいかにあなたにとって大切であるかを見て感じてもらうことほど効果的な物はありません。

2人はどんな関係?

自分たちが一体どんな関係にあるのかはっきりとは分からない2人にとっては、非常に普通の質問です。すべてが暗黙の了解になっていて、2人の関係に名前を付けることは行動や責任を制限してしまう考えられています。しかし、関係をオープンにしたままにしておくことは、誤解を招く余地がたくさんあるため、あまり良い考えとは言えません。

花火で合成されたキスをするカップル

誰かに直接あなたの関心を示しても、それが必ずしも「人生最期の好意」となるとは限りません。逆に、関係をしっかりと定義しておくことで、余計な心配をしたり間違った類推がないことを確実にしてくれます。あなたがその関係に求めているものを表現することは、お互いの信頼を築き、すべてがより自然に流れるようにする方法です。

美しい言葉たち

「私はあなたが好きです」という言葉が、あなたが本当に感じていることや望んでいることを100%表現できているとは限りません。それは、あなたがその人と関係を築きたいという気持ちを要約する一般的な表現ですが、それ以上の意味はあまりありません。

美しく意味のある言葉は決して古くならないものです。多くの人々は、誰かに憧れていてもそれを口にしません。自分自身を表現することに慣れていない、やりすぎだと思われることを恐れている、もしくは相手が高嶺の花に思えているのかもしれません。しかし、恐れる必要はありません。求愛においては、常に美しい言葉が使われるべきです。それは関係を育て魔法を与えてくれます。

目を見つめあうカップル

求愛をそれほど重要なものにするのは、それが関係に与える特別な雰囲気です。それは単にマジカルワールドにするだけでなく、関係について愛情に溢れた、礼儀正しいガイドラインを設定します。私たちの気持ちを良くしてくれる、その優しさにもう一度戻ってみましょう。だからこそ、求愛はもう一度見直す価値のある習慣だと私たちは思うのです。