レゴの効果がどれほどのものか、あなたは知っていますか?

· 2018年3月31日

レゴの心理的利点は、私たちが考えるよりはるかに興味深く多様です。実際、このシンプルな工作ゲームは、感情や信念システムを外面化する助けもできます。

少なくともマリア・テレサ・マタはこれを信じています。彼女はよく知られている精神科医であり、レゴの自由な工作過程には非常に肯定的な効果があると考えています。まず、感情的知性を発達させる能力があります。ビジネスコーチングや心理療法にも最適です。興味がわきましたか?

レゴの心理的利点

レゴはブランドです。これはおもちゃの店で非常に良く見られます。だからこのレゴの利点を発見したビジネスや心理学者にとっては、非常に手に入れやすいツールです。

「海の第一のルール:決して海賊の顔に座るな」
– LEGOムービー-

仕事のツールとしてのレゴ

レゴの心理的メリットの重要なポイントの一つが、ビジネスコーチングの世界でのツールとしての使用です。 アイデア表現に関して、自由な工作作業が効果的であることが証明されています。どうしてでしょう? なぜならそれは多くの情報を生成するからです。

また、レゴ®シリアスプレイの特許もすでに取得しており、素晴らしい結果を出しています。レゴをすると大量の情報が生成されるため、紛争解決に大きなメリットがあるからです。

レゴ

人々はまた、ライフコーチングや感情知性のトレーニングにもそれを使用しています。これは部分的にはレゴが外在化技術であるためです。レゴは創造性を促進し、想像力と表現に自由を与えることを意味します。また、それは目標を思い付く能力を向上させます。レゴは共感をも促進するのです!

構築することは新たなレベルで繋がること

マタによると、レゴで工作することは、新しいレベルでつながりを確立します。私たちはレゴの部品を組み合わせ、創造性、想像力、そして手を使ってレゴをつくります。これは特定の思考過程を実際の動作に表し、観察者(例えば、心理学者)に分析の材料を与えてくれます。

そのため、レゴは新しいレベルのコミュニケーションにつながります。実際には、それは自分自身とのコミュニケーションだけでなく、他者とのコミュニケーションでもあります。どうしてでしょう?それはこのレゴの作業を仕事のチームや家族などと行うと、もっと多くの情報が明らかになるからです。

工作作業は、各個人がどのように世界を見ているかを覗ける小さな窓を提供してくれます。こうして世界を見る多様な方法が目に見えるようになり、より多くの対話と共感が促進されます。

新しいメッセージの出現

マタによると、テクニックを使用したときに受け取るメッセージは新鮮なものです。私たちは、アイデアと創造性を結びつけることで、そのようなメッセージに到達することができます。これは、メッセージが本当に賢明であることを意味します。他の方法ではなかなか見られないものです。

レゴの精神面における利点の中には、注意しないと気づかないような情報が膨大にあります。これらのメッセージのおかげで、感情知性のトレーニングが促進され、新しい解決法を見つけることができるのです。

無意識に壁を叩く

私たちは、レゴで建物を構築することで、無意識に作り出す壁を壊すことができるという、もう一つの利点を見出すことができます。社会的なやりとりの中でほとんど意図せずに出てくるこの壁。 私たちがレゴで遊んでいると、それらはゆっくりと消えていきます。私たちは自分自身や他人について学ぶことができるのです。

また、問題解決能力も向上します。 時には、私たちは自分の中に必要な情報を見つけることができないなど、問題を解決することができないと感じています。

マタによれば、レゴはその情報を見つけ出し、それを表示、整理、検証するのに役立ちます。

レゴの利点のリストは増えていくばかりです。

抽象表現

感情的知性において、この建てる作業は抽象的なものを表現し、複雑な情報を合成する優れたものです。 プロセスを簡略化してくれます。 同時に、自らの効率を良くする方法について多くを知ることが出来ます。

レゴ2

レゴで感情的な知性を教えましょう。そうすれば、人生の中でずっと眠っていた内なる知識と繋がることが出来ますそして、私たちが創造的な環境を提供するとき、人は、作成し、観察し、自らの内面を映し出し、また距離を置いて自分の創作を見つめることもできます。これにより、たとえば衝突を解消するために必要な知識を与えてくれます。

「君にはどんなアイデアがあるの?それは、これまでの100人のレゴマスターのアイデアよりも優れたもの?」
– LEGOムービー –

レゴがこんなに良いものだと知っていましたか? 賢明に使えば、レゴが自分自身をもっと良く知る上で本当の一歩となることが、これで明らかになったでしょう。