レオナルド・ダ・ヴィンチ:ルネサンスの先見の明

2019年9月7日
レオナルド・ダ・ヴィンチは、彼の考えや経験を暗号化するために鏡文字を使って日記を書きました。

レオナルド・ダ・ヴィンチは画家であり、発明家であり、科学者であり、建築家であり、音楽家であり、そして作家でした。彼は先見の明があり、多くの分野に精通していました。彼はルネサンスが生んだ天才として知られています。

彼は多くの人々から興味を持たれ、賞賛されています。「最後の晩餐」、「モナ・リザ」、そして「ウィトルウィウス的人体図」のような作品がすぐに心に浮かぶのではないでしょうか。しかし、ほとんどの人は工学の分野における彼の無数の貢献を理解していないようです。

彼の飛行機、パラシュート、潜水器具などの設計図はその代表的な一部です。レオナルド・ダ・ヴィンチは、とりわけ実験における先駆者でした。彼はその方法がわからなくても何とか前進しました。

レオナルドは無限の好奇心を持ち、自然、科学、そして研究において非常に熱心な学生でした。自分のノートをアイデア、プロジェクト、スケッチ、そして今日でも解釈が難しい仮説でいっぱいにしました。

レオナルドダヴィンチは、人々に書いたものを読まれないように鏡文字を使って彼の考えやアイディアを暗号化していました。

「人は3つのタイプに分けられる。積極的に見る人、示されれば見る人、見ようとしない人だ。」

-レオナルド・ダ・ヴィンチ-

レオナルド・ダ・ヴィンチ ルネサンス

 

フィレンツェで幼少期を過ごす

レオナルド・ダ・ヴィンチは、1452年にトスカーナ州のアンキアーノで生まれました。農夫の娘であるカテリナ・ディ・メオ・リッピとフィレンツェの裕福な公証人セル・ピエロ・フルオジーノ・ディ・アントーニオ・ダ・ヴィンチの子として誕生しました。

ダ・ヴィンチの両親は結婚していませんでしたが、レオナルドは父親の家で幼い頃を過ごし、そこで父親とその他の家族と交流し、正式にアントーニオの息子として育てられました。彼は英才教育を受けたわけではありませんでした。読み書きが数学よりも得意だったようですが、ラテン語はマスターしていなかったようです。

15歳の時に、レオナルドの素晴らしい芸術的な才能を高く評価した父親の助けもあり、有名な彫刻家で画家であるアンドレア・デル・ヴェロッキオの見習いになりました。そこで約10年間過ごし、絵画と彫刻、そして機械芸術の分野においてメキメキと頭角を現したのです。

レオナルド・ダ・ヴィンチ ルネサンス

1482年、ダ・ヴィンチは独立し教師となり、スフォルツァの家で働くためにミラノへ引っ越しました。そこで彼は、エンジニア、画家、建築家、そしてフェスティバルデザイナーとして革新的な能力を発揮することとなりました。

多くの歴史家はレオナルドが彼の元教師であるアンドレア・デル・ヴェロッキオを超えようとしてフィレンツェを去ったと信じています。

ご存知でしたか?:
レオナルド・ダ・ヴィンチの5つの言葉

レオナルドの馬

ダ・ヴィンチは後ろ足で立った青銅の馬を造る仕事を任されました。22フィートの高さの彫刻を作るのは容易ではありませんでした。

彫刻はまず粘土でモデル化されました。とても大きな彫刻だったので、ミラノに来た人は誰もがみな息を飲みました。しかし、イタリアの戦争のために、青銅で完成されることはありませんでした。馬に使うはずだった金属は、代わりに大砲に使われてしまったのです。

最後の晩餐

ミラノに滞在した1495年から1498年の間、レオナルド・ダ・ヴィンチは最も有名な作品を創作しました。それが最後の晩餐です。イタリアのミラノにあるサンタマリアデッレグラツィー修道院の食堂のために作られた壁画です。

ユダヤ教のペサハにおいて象徴的で重要な晩餐と、参加者の一人がイエスを裏切ることを使徒たちに明らかにした瞬間を象徴しています。この絵は、幅350インチ、高さ180インチと非常に印象的な作品となっています。多くの人たちから、完全で芸術的な作品であると高い評価を得ました。象徴性と様々なメッセージが込められた絶妙でダイナミックな構成です。

最後の晩餐は、絵の中の登場人物を3人ずつ4つのグループに分けて観察すればより理解が深まる作品です。そうすることで、明らかに静的な絵が動き出します。また、象徴性、秘密、そして魅力的なニュアンスで満たされています。

こちらもご参考に:
クリエイティブな脳になる方法

レオナルド・ダ・ヴィンチ:先見の明を持った男

ジークムント・フロイトは、レオナルド・ダ・ヴィンチは彼の生きていた時代より、あまりにも先を生きていた男だと言いました。驚異的で先見の明のある心は彼が生きていた時間よりかなり進んでいたのです。

ダ・ヴィンチは人体に魅了されました。解剖学をよりよく理解するために解剖できる死体を探すことを躊躇しませんでした。

さらに、様々な分野における知識とどんなテーマについてもとことん調査する情熱を持ち合わせていました。

今日に至るまで、キャンバスにならなかった複数のスケッチが発見されています。 1490年から、ダ・ヴィンチは彼が手がけた仕事を完成させるよりも、ノートで観察し、仮説を検証し、デザインすることにより多くの時間を費やしました。

レオナルド・ダ・ヴィンチ ルネサンスの先見の明

ダ・ヴィンチのノートは、手稿とも呼ばれ、さまざまな美術館のコレクションとして大切に保管されています。 最も興味深いのはアトランティコ手稿です。 その中に、航空学と物理学の基本原則を指摘した有名な飛行機械の設計図が描かれています。

レオナルド・ダ・ヴィンチは1519年に67歳で亡くなりました。 しかし、彼の遺産、才能、そして作品やノートの謎はいまだに残っており、今もなお多くの人を魅了しています。

  • Fritjof, Capra (2008) La Ciencia de Leonardo. Anagrama
  • Isaacson, Walter (2018) Leonardo da Vinci: La biografía. Debate