慢性痛:見えない病気

· 2018年3月27日

私たちが痛みを感じる時、それを消したり、少なくとも改善するのは簡単です。私たちは医者に行き、彼らから正しい治療法を教えてもらえば、痛みは消えます。

しかし、いつもそう簡単にはいきません。多くの医療分野における大きな課題の1つは慢性疼痛です。 何をしても痛みが消えない場合はどうなりますか? 継続的な痛みのような苦しく私たちを疲弊させるものに、どのように対処しますか?

慢性的な痛みを持っている人は、何千もの針が絶えず身体に突き刺されているように感じます。この状況が、物理的にだけでなく感情的にも心理的にも、彼らにどのように影響するかを見ることができます。 彼らの人間関係にもです。

慢性的な痛みと共に彼らが受けている継続的なストレスは、人間関係、世界観、そして人生全般を本当に揺さぶることがあります。

「人を殺すほどの痛みが存在する:しかし、もっと残酷なもの、それは人生を楽しむことを許さず生かすものである。」
– アントワーヌ・L.アポリネール・フェ –

慢性的な痛みを持つ人だけが苦しむわけではありません。特に無知、理解不足または疲労が伴う場合、近い関係にある人も苦しみます。

彼らはまた、生涯を通してさまざまな種類の痛みを感じていたので、共感する能力を持っていると信じています。

しかし、それは主観的で本人の気持ちに依存するものであるため、痛みに苦しむ人の心を本当に理解するのは難しいことです。

心理学が慢性痛に対してできること

痛みは私たちの身体からの、何かがおかしいという警告です。しかし、医師の指示に従った後、痛みが持続した場合、どうすればよいのでしょうか。

人生は非常に困難なものになりえます。日々の活動も苦しみに変わり、未来が絶望的にしか見えない事もあるのです。

ツタに絡まる裸の女性

風に舞う葉のように痛みに打ちのめされる感覚は、自尊心に非常に損害を与えます。

慢性的な痛みが引き起こす障害の程度は、各自の状況によって異なります。 しかし、それぞれの人が持っている自律性と機能性の程度にかかわらず、しばしば限界を感じていて不満を感じるのです。

一般的に言えば、専門家は6ヵ月以上持続すると慢性痛と呼び、医学的または外科的治療は役に立たないとしています。

症状を緩和する薬があるかもしれませんが、これらの症例では心理療法も大きな助けになります。

心理学を使った受け入れとエンパワーメントは、自分の人生に対する自分の感情を強めることができます。

「喜びと痛みは石油と水のようなものではなく、むしろ共存している」
– ホセ・サラマゴ –

痛みに対処する

慢性痛に対処するにはいくつかの方法があります。次に、「痛みマニュアル」(Moix and Kovacs、2009)に焦点を当ててみましょう。

逆境で成長するための主な方法の1つは、私たちに影響を与えているものがどのように働くのかを知ることです。問題を理解すればより良い戦略を作り出すことができ、分からないせいで感じるストレスを下げることができます。

このように、私たちは精神を集中させるエキスパートとなっていきます。私たちの注意を向ける方法を学ぶことは、私たちが痛みに対してどれだけの力を持っているかを理解するのに必須です。

このように、リラックスさせることに意識を向ける訓練をすることは、痛みを消すことに意識を集中するよりも大きな助けになるでしょう。

「痛みが何も教えなかった人は子供のままでいるだろう」
  – ニコラス・トマセオ –

心に留めておくべきもう一つのことがあります。 落胆した感情によって生じる不安は、この病気を悪化させるだけです。 恐怖、ストレス、睡眠の問題は痛みを増やすだけです。

これを知っていれば、私たちは反対の方向に働くことができます。つまり、私たちの苦痛を増やすのではなく、ちょっとした健康に向けた感情、思考、行動に焦点を当てることです。どれだけ些細な事でも、私たちにプラスになるはずです。

落ち込んだ女性の後ろ姿

やってみましょう

私たちが問題に積極的にアプローチできることを理解すれば、それに取り組み始めることが出来ます。いくつかの行動のアイデアは次のとおりです:

・リラクゼーションと呼吸:筋肉の緊張を和らげるのに不可欠です。リラックスとは、横になって物理的に筋肉を切り離すだけでなく、映画館に行く、レストランで食事をする、音楽を聴く、友達と電話で話す、徒歩などが挙げられます 。

・感情:このプロセスのもう一つの重要な部分です。それらを知って、痛みにどのように影響するかを理解し、痛みと引き離すことに取り組むのは非常に役に立ちます。

・健全なコミュニケーション慢性的な痛みがあると、不平が生き方へと変わるのも理解できます。しかし、自分自身を表現する方法や、同じメッセージも別の方法で伝えることに取り組めば、私たちの関係を改善するのに役立ちます。

・以前の健康的な習慣を回復する:日常的なものを含め、私たちが楽しんでいた活動が難しくなってやめるてしまうのも普通です。しかし、私たちにパワーを与えてくれる活動を回復すると、少しでも喜びにあふれ、より良い人生を構築するのに役立ちます。

・セラピストと一緒に計画を立てる:どのような思考フィルタと認知の歪みが私たちの思考パターンを変えることを妨げているのかを知ることは基本的なことです。

「痛みと苦しみは、受け取っても次に渡さない人に当たるまで、手から手へと渡されていく通貨のようなものだ。」
– サイモン・ウェイル –

ご覧のように、慢性的な痛みは私たちの体だけでなく、私たちの思考、人間関係、感情にも影響します。 それは目に見えないかもしれないが、多くの問題をもたらすのです。