迷走神経は不安を拭い去る

· 2018年3月13日

迷走神経は、様々な体の部分に作用します。多くの人が、迷走神経を体の推進力と定義しています。休息を統制し、体の中のどんな不安のサインも無効化させる、内面的な流れです。 腹式呼吸などのエクササイズを通じて迷走神経を刺激する方法を知っていることは、間違いなく日々の生活の中でわたしたちをすりつぶすネガティブな感情の多くを減らす助けとなります。

不安を生みだす状況を考えてみてください。恐怖、不快感、嫌悪を生み出すすべての状況です。もしわたしたちがこれらの瞬間を良く注意して見てみると、胃や腸の中で何百匹もの無視がけいれんや激しい痛みをどのように起こすのかわかるはずです。この感覚は、すぐに迷走神経によって処理され、脳にはっきりとしたメッセージを送ります。「脅威があります。」

 

「最も深いところの水は、最も穏やかだ。」-ウィリアム・シェイクスピア-

チューリッヒ工科大学のWolfgang Langhans教授とそのチームは、この興味深い神経がわたしたちの感情に密接に関係しており、特に恐怖や逃げたいという感覚に関連していることを発見しました。この研究は、例えば、慢性的な不安を抱える人はこの神経が超敏感だということを示しています。さらに、迷走神経は小脳から発生し、心臓と臓器に加え、消化、腸、呼吸システムにも供給されるというのは、覚えておく価値のある事実です。

その為、人が不安に陥ると体の多くが均衡を失います。心臓の鼓動が早くなり、消化機能が低下し、下痢をしたりします。自分自身のネガティブな感情の影響を制御するための唯一の方法は、迷走神経を正しく有効化することです。 神経は自動的に体内の異なる状況に反応するとしても、リラックスの感覚を引き起こすために、迷走神経を呼び覚ましたり高めたりすることは可能です

脳のカラフルなコード

 

迷走神経:わたしたちが知るべき機能

1921年、ノーベル賞を受賞したとドイツの生理学者オットー・レーヴィは、迷走神経を刺激することにはとても面白い効果があるということを発見しました。心音が穏やかになり、特別な物質が体に分泌されます。オットーは、その物質を「Vagusstoff」(迷走神経を表すドイツ語)と呼びました。この「迷走神経」はかなり特定の神経伝達物質で、アセチルコリンと呼ばれます。科学者に初めて特定された神経伝達物質でした。

アセチルコリンは体の中で最も重要な化学物質のひとつです。アセチルコリンは神経インパルスが伝達されるようにします。迷走神経は、副交感神経の神経システムの動力として働き、 休息、消化、回避の必要性、リラクゼーションなどのわたしたちの反応を制御します。

それは、わたしたちの生体の「陰陽」のようです。そこでの最善のポイントは、適切なレベルの活性状態を楽しめることで、わたしたちは危機の感覚を感じることがなくとてもリラックスして、影響を受けやすく、無になります。

神経

アリゾナ大学の臨床心理学者のKyle Bourassaは次のように説明しています。腸と脳の間の迷走神経との健全な関係は、わたしたちにとっておおいに助けになります。 例えば、わたしたちの体がアセチルコリンやGABA(γ-アミノ酪酸)などの神経伝達物質の分泌を調節するのを助けます。このようにして、心拍数、血圧を下げ、不安の影響によって起こった超活性化した臓器の活動をスローダウンさせます。これにより2つのメリットがあります。安眠とより良い消化です。

それでは、これを実践するにはどのようにしたらいいか深く見てみましょう。

迷走神経をどう刺激するか?

この分野に特化した理学療法士のお陰で、迷走神経を刺激することができる人がいます。口周りやお腹周りをマッサージすることで、迷走神経は活性化され、平安の心地よい感覚を生み出し、不安と関係のある腸の痛みを和らげてくれます。

「落ち着いた精神は内面的な強さと自信をもたらします。だから、わたしたちの健康にとってそれはとても重要なのです。」

-ダライ・ラマ-

しかし、自分で行うことができる別の方法もあります。腹式呼吸でこの状態を作り出すことができます。リラクゼーションのための良い方法です。日々行うことで、脅威を感じることが少なくなり、より良い消化、内面的バランス、もっとすっきりした休息が取れます。深呼吸や横隔膜呼吸を合わせたたくさんの方法があり、どれも有効です。

  • 日々の適度なエアロビ
  • ポジティブで実りの多い人間関係
  • 瞑想
  • 自分ももっとよく知るために日記をつける
  • プロバイオティクスの摂取 – 強く健康な腸内フローラを持つことはよいよい脳の健康につながる
  • 数秒の冷たいシャワー
  • ヨガ
  • 左向きに寝る
  • よく笑う
  • セロトニンとオキシトシンのレベルを上げる
    ヨガ

最後に、上記のリストに見られるように、わたしたちが注目すべき面が一つあります。ポジティブな感情を生み出し、いい社交生活を持ち、楽しい時間を過ごし、笑い、リラックスするという簡単な事実… これらすべてが迷走神経を刺激し、わたしたちの体にとって大きなメリットとなります。80₋90%のセトロニンが作られるのは腸自体ということを忘れてはいけません。セトロニンは「健康ホルモン」としても知られています。笑顔を浮かべること、ダンスすること、歩くこと、泳ぐことも見くびってはいけません。それらすべてがとてもポジティブな新陳代謝の変化を起こします。わたしたちの体のたくさんの部分を繋げる素晴らしい迷走神経がすぐに受信し、脳にメッセージを送る変化です。「すべてうまくいくよ、落ち着いて!」