マイケル・ファラデー:偉大な物理学者

2019年6月17日
マイケル・ファラデーの最も素晴らしい点は、科学の研究に対する固い決意です。彼は当時、最も知的な人物の一人となりました。

マイケル・ファラデーは物理学と化学の歴史を変えた天才です。彼がいなければ、電気エンジンは存在しなかったでしょう。彼には独学で科学者になったという興味深い事実があります。

電気化学や電磁気学の分野における非常に重要な発見の背後にはファラデーがいます。例えば彼は、私たちが今日利用しているプラスチックの要素のほとんどを構成する炭化水素分子、ベンゼンを発見しました。

マイケル・ファラデーは一生懸命働いて家族を支えた貧しい子ども時代を経て、科学的貢献のためにイギリスのヴィクトリア女王にナイト爵位の称号を与えられるまでになりました。しかし、彼が偉大な科学者である真の理由は、その忍耐力と知識を求める熱意にあるのです。

マイケル・ファラデー:慎ましい子ども時代

マイケル・ファラデーは1791年9月22日に、現在のロンドン都心部の貧しい家庭に誕生しました。父親は鍛冶屋、母親は専業主婦でした。

ファラデーはrの音を発音することができなかったため、先生に笑われ、罰を受けました。母親はこれに耐えられず、彼は家族のために働いた方が良いのではないかと考えました。そうして彼に学校を辞めさせてしまったのです。マイケル・ファラデーの人生は、製本屋であり本屋でもあるジョージ・リボーの店で14歳のときに働き始めたことで転機を迎えます。

この職業経験によって、彼の中には素晴らしい知的好奇心が生まれました。彼は売り物の本を驚くべき速度で読み始めました。彼はこの仕事と読書に7年を費やしました。この間に、アイザック・ウォッツの作品に出会って感激し、多数の科学書を読みこなして電気現象にさらなる興味を抱くようになったのです。

マイケル・ファラデー:偉大な物理学者

科学に捧げた人生

19歳になったファラデーは、科学を愛する若者たちのグループ、ロンドン市哲学協会(The City Philosophical Society)に加わります。リーダーのジョン・テイタムは電気、化学、物理学の原理を夜遅くの会合で解説していました。

この頃出会った人物を通して、ファラデーは王立研究所の一員であるエルマー・ハンフリー・デービーの講演チケットを手に入れます。

講演の際に書いたメモは300ページにも及び、彼は後にそれをデービーに送りました。デービーは事故で目を負傷したため、ファラデーを助手として雇うことにしました。その後彼は王立研究所の化学助手としてファラデーを昇格させました。ファラデーは常にデービーの妻から侮辱を受けていましたが、メンターから学ぶことへの興味は決して失いませんでした。

1815年、マイケル・ファラデーはこれらの年月に学んだこと全てを教授し始めました。また、初めての化学論文を発表し、いくつもの記事を書き、講演会も行いました。1820年になる頃にはファラデーはすでに名声を築いていました。

マイケル・ファラデー:偉大な物理学者

ファラデーの不朽の功績

Annals of Philosophyという科学誌の責任者からファラデーに、電磁気学の実験を行う複数の科学者についての執筆の依頼がありました。この執筆に当たって彼らの実験を行ったことが、ファラデーの最大の発見へとつながります。彼は電気エネルギーを機械エネルギーとして使う方法を発見したのです。

1825年、ファラデーはメンターであるハンフリー・デービーと入れ替わり、英国王立実験所長になりました。同じ年に彼はベンゼンを発見しましたが、これが彼の科学者としてのキャリアのハイライトとなりました。後に彼は金属と磁気の特徴に関する新たな発見をし、かの有名な「ファラデーの法則」をまとめました。

英国王立実験所長として、ファラデーは子どもたちのために無料の講座を開始しました。また、彼は仲間にも同じことをさせました。彼の目標は教育を受けられない人々にも手を差し伸べることだったのです。1832年、オックスフォード大学は彼に名誉博士号を授与しました。1839年、彼は神経衰弱を患いますが、後に回復しています。

マイケル・ファラデーは1858年に正式に引退し、1867年に死去するまで女王から授けられた自宅で暮らしました。

彼の科学的貢献がいかに有益で重要であったかを人々が思い出せるよう、月のクレーターに彼の名が付けられています。

  • CROWTHER, J. 497-Humphry Davy.-Michael Faraday (hombres deficiencia británicos del siglo XIX). 509 J. Prescott Joule. W. Thomson. J. Clerk Maxwell (hombres deficiencia británicos del siglo XIX).