ミニマリストのライフスタイル:少ないものでより良く生きる

2019年9月6日

最新で最高の製品を楽しむ人がいる中で、ミニマリストのライフスタイルに価値をおく人もいます。物が少なくても生きていけるということに気付く人が増えています。ミニマリストのライフスタイルとは、必要でないものを取り除くということです。歴史を通して、人が守ってきた考え方です。古代ギリシャの哲学者や禅宗の師までさかのぼります。

現在、ミニマリストのライフスタイルが注目されているのは、それがお金―仕事―消費サイクルの弱点であるためです。テキサス大学オースティン校の心理学とマーケティングの教授であるアーサー・マークマンによると、すべての世代は前の世代を改修すると言います。ミニマリズムは、新しい世代の差し迫ったライフスタイルのようです。

新たな世代は、ここ数十年の過剰な消費に反抗します。「多くの物が使い捨てで、消費を促す方法もたくさんあり、人はこれに反対しているのだ」と彼は言います。新たな世代の大部分にとって、両親と同じ決断をすることが選択肢ではないのです。

さらに、ミニマリストのライフスタイルが魅力的な別の理由は、精神面にあります。宗教が社会への影響力を失ったことにより放棄されつつある精神面に良いと考えているのです。また、社会的意識が高まっているのも、ミニマリストのライフスタイルの人気の理由です。

買うものを吟味することは、私達の基準に合わない会社を罰する一つの方法にもなります。働き手にまともな労働条件を与えない会社や、天然資源の多量な消費、汚染、エネルギーの浪費をする会社も含まれます。新たな世代はこれらの問題に関心をもっているのです。

鳥

 

人生はなぜ、こんなに無秩序なのか?

私達が生きる世の中が混沌としており、予測できないものであることは真実です。私達のライフスタイルが秩序の欠如に拍車をかけている場合もあります。

私達の多くが、好きでもない仕事をし、偽のニーズを満たすために広告に畳みかけられているように感じます。スローガンや害になる食べ物、一緒にいたくない友達と一緒に時間を過ごすことに重きを置きます。それは、誰かにそうするよう仕向けられているためではありません。これを選ぶのは、これは自分のために良い、または、他に選択肢がないと思っているためです。

全ての非が私達にあるわけではありません。以前から、社会がそう生きるように推し進めていたのです。これは、世に広まった広告や教えにより生じました。

そのため、人生が混沌として見えるのも当然です。しかし、これに対しポジティブに関わることは可能です。ミニマリストのライフスタイルを適用することで、複雑でなく、より価値のある生活を導くことができます。

 

ミニマリストのライフスタイル:より単純で、より意味をもつ

あなたの人生に価値を与えないものを取り除き、価値あるものへのスペースを作ることがミニマリズムのカギです。それは、混乱、妨害、不健康な関係を取り除くことです。創造、愛、楽しみなど幸福に必要なもののスペースを作ることでもあります。

ミニマリズムやミニマリストのライフスタイルでは、本当に重要なものに対し意識を向け、そうでないものは脇に置くことを心がけます。つまり、より少ない物で、人生を楽しむのです。その方法は次の通りです。

  • あなたの気分を高めないものは除外しましょう。気を散らすもの、集中力や明快さを失わせるもの、邪魔になるものは捨てましょう。気分を高めるものは取っておきます。
  • 必要のない物は買わない。宣伝、ファッショントレンド、人の意見に騙されてはいけません。物をもつことで、幸せにはなりません。基本的なニーズが満たされていれば、物により幸福感が高まることはありません。一時的な満足は得られるかもしれませんが、それもすぐに消えてしまいます。
  • いまあるものに感謝しましょう。持っていないものではなく、今あるものに意識を向けます。そうしなければ、いつも不完全、失望を感じ、自分の欲求の捕虜になってしまいます。
  • デジタルの気晴らしを最小限にしましょうメール、インスタントメッセージ、ソーシャルネットワーク、インターネット閲覧は、今に焦点を当てる邪魔になります。意識してデジタルメディアを使いましょう。
  • 人間関係を高めましょう。インターネット時代で、より多くの人と繋がりやすくなっていますが、それぞれの繋がりはますます希薄になってきています。真の人との関係にかけています。
  • 一度に一つのことをする。ミニマリストのライフスタイルは、生きることに専心します。つまり一瞬一瞬を大切にするのです。それは、常に気が散漫だったりマルチタスクをしていると出来ないことです。
カフェで話す友達

  • 大切な目標に集中しましょう。達成したい目標がたくさんある人は少なくありません。ミニマリストのライフスタイルには、明確な目的があります。もっとも興味のあるものを見出し、それに心から尽くす人生を送ることです。
  • 体と心を大切にしましょう。健康が幸福の出発点です。身体的にも精神的にも自分を大切にすることが重要です。運動、栄養、睡眠が3つのカギです。
  • マインドフルネスを育みましょう。ミニマリストのライフスタイルには、穏やかで平穏な心が必要です。それは、矛盾した思考がなく、今に集中する心です。マインドフルネスや瞑想により、心の平穏な状態を見出すことができるでしょう。自分の思考や感情を、批判したり、抵抗したり、さらに大きくすることなく観察してください。これにより、過剰になったり、状況に圧倒されることなく、意識的に状況に対応するのに役立つでしょう。

 

まとめ

佐々木典士氏はこう言っています。「ミニマリズムは、所持品をできるだけ少なくするライフスタイルだ」また、彼にとって、「必要不可欠なものだけで生きることは、綺麗な部屋や単純な掃除の簡単さの喜びなどの表面的な利点があるだけでなく、もっと抜本的な変化も生み出す」のです。ミニマリストのライフスタイルを選ぶことにより、佐々木氏は、独自の幸せの定義を作っていきました。

所有物が増えれば増えるほど、あなたはそれらに捕らえられると哲学者は言います。何かに頼れば頼るほど、幸せで人生を楽しむ能力に影響が現れます。幸せは物に左右されると考えていると、必要になるだろうという恐怖から、もっと物を所有しようとします。言い換えると、「念のため」と物を買い、その奴隷になってしまうのです。