ミラーニューロンと共感力:繋がるメカニズムの不思議

· 2018年4月28日

ミラーニューロンと共感力は、神経科学の中でも最も興味深いプロセスのひとつです。これらのプロセスは、他人の感情を理解することを助け、共感的な反応をするようにさせます。

社会的なバックグランドのあるメカニズムで、これを使うことで日々の人間関係に大きな影響を及ぼします。

 

劇場に座っているところをイメージしてください。俳優が演技をして、正確な体の動きやジェスチャーをするところを見ます。完璧に歌を歌い、たくさんの感情を表します…

「他の人の目でものを見て、他の人の耳で聞いて、他の人の心で感じる。」
-アルフレッド・アドラー-

わたしたちが共感力を通じて様々な感情を経験するという生理的な偏見がなかったら、舞台はあまり意味をなさないでしょう。共感力がなければ、「舞台」上の生活はどんな意味も持ちません。空っぽの存在になり、言葉さえ持たない人の文明です。

その点、ミラーニューロンと共感力が、神経科学、心理学、人類学、教育学、アートにおいて興味を生み出すのは驚くことではないでしょう。

何十年もかけて、わたしたちの内面の建築物、素晴らしい共感のメカニズムを理解しようとわたしたちは努力してきました。それでもまだすべてを知ることはできていません。

遺伝子

神経科学最大の発見、ミラーニューロンと共感

たくさんの科学者や心理学者が、生物学におけるDNAの発見と同じように、ミラーニューロンが心理学分野において大きな発見であると述べるでしょう。

ミラーニューロンと共感力についてさらに知ることで、もっとお互いを知ることができるのは確かです。しかし、このプロセスがわたしたちを人間たらしめると言い切る間違いを犯してはいけません。

わたしたちが今の姿であるのは、数えきれないほどのプロセスがすべて組み合わさった結果です。共感力はわたしたちの社会文化的発達を促進しましたが、唯一の決定的要因ではありません。

神経科学のエリアに関しては、まだたくさんの迷信があることをはっきりさせましょう。例えば、女性には男性よりミラーニューロンがあるというのは真実ではありません。どちらのジェンダーにおいても、神経細胞の20%はこのタイプの細胞です。

「自分の中に相手を感じて初めて彼らを理解できる。」
-ジョン・スタインベック-

また、自閉スペクトラム症を持つ人はミラーニューロンが機能していないという仮説も決定的な研究はありません。あるいは彼らには全く共感力がないということも証明されていません。

本当の問題は脳です。特に情報を推察し、象徴的な分析を行い、刺激と相違ない行動を起こす「精神の理論」の問題です。

このプロセスをもっと理解するためには、ミラーニューロンと共感力に関して科学で証明されている情報を見てみましょう。

人の頭の形をした木

わたしたちの動きとミラーニューロンと共感力の関係

このデータはよく知られてはいませんが、頭に置いておくべきことです。共感力というのは、動き、行動、ジェスチャー、姿勢なしには存在しません。

わたしたちが考えていることとは逆に、ミラーニューロンは特別なタイプの神経細胞ではありません。実は、動きに関連するピラミッドシステムの細胞です。

しかし、自分の動きだけでなく、他人の動きを見たときにも活性化するというという意味でユニークです。

これは、イタリアの神経生理学者でありパルマ大学教授のジャコモ・リッツォラッティ博士に発見されています。1990年代に、彼は猿の運動機能を調査しました。

博士は、同じ種族の別のメンバーが行っていることに反応する神経行動があるということに興味をひかれました。

このピラミッド型の神経細胞、ミラーニューロンのネットワークは、下のほうの前面にある脳回と下頭頂小葉に位置しています。人間だけでなく、たくさんの種族に見られます。また、猿や犬や猫などのペットは、お互いにまた人間と「共感」することができます。

ミラーニューロンとわたしたちの発展との関係

ミラーニューロンと共感力は、発展するようにわたしたちの意識を照らしてくれる魔法のスイッチのようではないということを明確にしました

わたしたちの象徴的意識を発達させた手と目のコーディネーションのように、無数の不思議の連続です。明確な言語を可能にしたわたしたちの首や頭蓋骨の構造における性質上の発達でもあります。

すべての驚きのプロセスの中でも、ミラーニューロンによって行われるものは最も興味深いものです。わたしたちの特定のジェスチャーを理解し解釈する能力の中で起こります。ジェスチャーを意味と言葉と連想させます。こうすることで、グループの社会的団結を促進します。

繋がる心

共感は人間関係における重要な脳のプロセス

ミラーニューロンは、周りにいる人と共感することを可能にします。わたしたちを繋げる架け橋であり、わたしたちをひとつにしてくれます。次の3つの基本的なプロセスを経験します:

  • 自分の目の前の人が感じたり経験したりすることを知り、理解できるようになる。(認識的コンポーネント)
  • 相手が感じていることを「感じる」。 (感情コンポーネント)
  • 最後に、精巧さと敏感さが必要な反応。わたしたちは思いやりを持って反応できる。これがグループとして前に進むための社会的姿勢を形成。

逆に、イェール大学の心理学者、ポール・ブルームによる面白い説もあります。共感がわたしたちの中でうまく機能していないことを示しているため、彼の記事はどれも議論を呼ぶものです。このような強い主張の裏には、明らかな現実が隠れています。

他の人が感じることを感じ、見て、認識するところまでたどり着きました。テレビ上ででもです。しかし、慣れすぎて無感動になっています。

他の人の苦しみを普通のこととして受け取るようになってしまいました。自分の小さな世界に没頭し、自分の泡玉から出ようとしません。そうではなく、「効果的でアクティブな利他主義者」になってください。

ミラーニューロンと共感は、わたしたちの脳の標準プログラムを形成します。コンピューターのオペレーションシステムのようなものです。コンピューターに付属しているけど、効果的に利用する方法を学ばなくてはいけません。そのポテンシャルを最大限いかすためにです。

繋がる精神

ミラーニューロンと共感:これらすべてを実践的に適用する方法

他人を見て偏見を忘れることを学ばなくてはいけません。「他の人が感じることを感じる」ということに自分を限定するのはゴールではありません。

自分の現実を保ちながら、相手の現実を理解しなくてはいけません。

結局、行動を伴わない感情は無意味です。種としてこの境地にたどり着いたとしたら、わたしたちがプロアクティブでいたからです。一人でよりもグループとして前へ進むことを理解し、自分の社会グループのひとりひとりのメンバーを気に掛けることができているからです。

覚えていておいてください。ミラーニューロンと共感の本当の目的は:社会性、個体、環境とのつながりを促進するためです。