無知が話せば知性は笑う

· 2017年12月29日

人が批判や嫉妬、挑発などに面した際に沈黙を守っている時、それは議論のなさや勇気のなさからではありません。それはただ無知な人が話している時、知性ある人は黙ったままになり、笑い、その場から去るというだけです。

しかし、私達はみな、批判や叱責を受けている時に冷静を取り持つことはさほど簡単ではないということを知っています。USAトゥデイ」に発表された研究によると、70パーセントの人が批判によって傷ついたと感じ、20パーセントの人が批判に対峙し怒りながら批判を拒絶し、批判を振り返ってみてそれが無知以外の何物でもない場合には受け流す人は、たった10パーセントだとしています。

無知が嫉妬し批判する時、知性は黙ったまま耳を傾け、笑う。なぜなら結局のところ、無知な人の病は自身の無知を無視することであるからだ。

批判を受け入れるのがそれほどまでに難しい理由の一つは人は受け入れられ、再肯定されていると感じる必要があることです。批判とは、プライドによって縫い付けられているこの微妙な個人の均衡を失うことです。しかし、批判が無知に基づいている場合、自己概念に何の危険も及ぼすことはありません。

議論によっては、それは単純に意味のないものだということを私達は皆受け入れるべきです。人の話を聞かない耳や説明しても変わることのない心の狭さが存在する場合には、黙り、笑い、受け流す方がいいのです。

女性の耳元に飛んでくる鳩

無知は不寛容の種

無知の意味について焦点を当てることから始めましょう。これは文化や知識の欠如ということではありません。最も致命的な類の無知は、親密さ、共感、そして他人の立場になって考えるという繊細さに欠けた類です。それは人を見下した価値感を基にした判断を許すことが好きな類です。

最も高度な無知は自分が何も知らないことを拒否することです。事実や情報が自分に足りないことを知りはしているものの、その情報を探すことよりもむしろ自分の立場を維持することに努力を捧げることを好むことです。こうした態度は不寛容や無礼の種であり、私達のほとんどが一度は経験したことのあることです。

最も複雑な部分は、しばしば無知は私達の最も身近な輪の中に存在するということです。父や、母、そして他の身近な家族で、相手の興味やニーズを知らなかったり、学ぼうとしたりしないで他のみなを判断する人がいます。こうした場合、もちろん、不寛容や批判、攻撃を受けることは本当に傷つきます。

心臓を背負う女性

しかし、時と共に、傷は癒え、あなたは成熟し、ようやく多くのことを理解するようになります。人は変わらない、そして人は無知から知識を得るために努力しようとは思わないということをあなたは理解するのです。こうした行動に面した際、その闘いは負けであるということを受け入れ、自分の威厳を守り、自分の魂を落ち着けること以外に選択肢はありません。結局は、黙ったまま、知性をもって微笑み、自分と相手の間に距離を置く方がいいことを理解しましょう。

知性が反応する義務のある時

軽蔑や悪事に面した際に沈黙を選ぶことが常に可能であったり、正しいというわけではありません。しばしば、知性はその品位を守るために反応する義務があることもあります。なぜなら、しばしば自分の限度を明らかにするために、肯定的に、しっかりと、勇気をもって自分の声をあげることも必要だからです。

以下のような状況の時に反応するのが良いでしょう。

  • 人的操作をする人に面した際。無知の声が尊厳の境界線を越え、自分を守り力を手に入れるために非難する時、あなたは行動しなければいけません。
  • 人的操作をする人に支配力を持たせては絶対にいけません。彼らの発言、侮辱、そして刺のある皮肉の気配を感じたら、できるだけ早く、それらをやめさせましょう。
女性の手の上の男性

また、世間には屈辱を与える人があまりにも多く存在します。力を得るために公衆の面前であれ私的にであれ他人に恥をかかせることを求める人です。この言動の根源は時折、嫉妬であったりします。

  • あなたは屈辱を与えてくる人に恥をかかせたり、怒鳴ったり、暴力的になることで彼らを打ち負かすことはできません。彼らを征服できるものは無関心です。それは彼らがあなたに対して何の力も及ばないことを示します。あなたは彼らの言動についてどう思っているか決定的に明らかにするのです。率直に、アイコンタクトを保った状態で、断固とした態度でいましょう。
  • その後、もし彼らが同じ態度を取り続けるならば、彼らがしたり言ったりすることはあなたを左右しないこと、何の影響もないことを示しましょう。

最も有害な類の無知はゆくゆく種を植えてしまうということが分かります。しかし、その種は雑草以外の何物でもありません。どの闘いが遂行するに値するか、そしてどの闘いがそうでないかをよくよく考えて下さい。なぜなら、最も重要なことはあなたの心の平穏を保つことだからです。

巧みでありましょう。分別をわきまえましょう。そして、狭い心は大きな夢を理解することはなく、耳によっては知的な言葉に対し聞く耳を持たないということを理解しましょう。