無知は更なる無知を育てる

· 2018年4月18日

現実には、私たちはみな無知です。ただ、どの程度無知なのか、どの程度それを認識するかは人それぞれ違います。無知は、知識や経験が不足していることを意味します。まさにこの知識の欠如が無知な人を攻撃的にしたり疑い深くし、違った知識や経験を持つ人々の敵となってしまうところまで行くこともあります。

方、賢明な人々は、ソクラテスのように、美徳の大部分は無知であることを認識することにある、ということを知っています。この意識は、有限のものに囲まれていながらも、私たちがどれほど無限大かを見せてくれ、自分の本質との調和をもたらします。このような徳の高い人々は競争から遠ざかります。そのおかげで、誰かの敵になったり、貪欲な友人になってしまうことから免れるのです。

知識に対する自分の限界を無視する人々は、自分の視点によって盲目になり、的確にコミュニケーションすることが不可能になります。彼らが受容できるパターンに収まらないものは全ていざこざの理由であり、それは自分たちが認めた方法でのみ解決されることだと考えます。

賢明な人々は知恵を求める。愚か者はすでにそれを見つけたと思う。

無知な人々は、彼らがすべてを知っていると推測する

無知は、自分は全てを知っていると推測するほど人々を大胆にします。 このような人格は、誤った自己知覚の一形態であるダニング – クルーガー効果によって説明することができます。 それは自分が持っていると考える知識の量だったり、自分の意見を真理だと考えるような自信だったり、どれだけ知っているかを過大評価する人々を指しています。

相手の頭に入っていく言葉

このような誤った自己認識は、1999年にコーネル大学のデイビッド・ダニング教授とジャスティン・クルーガー教授によって発見されました。両研究者は、無知が人に知識そのものよりも自信を与えることを示唆する研究を分析することから始まりました。彼らは特に、運転、チェス、スポーツなどの活動を参照しました。

私たち自身の無知を無視することは、多くの不一致の原点です。 人々は何の理由もなく敵を作ることはありません。しかし、自分の全能性を信じているせいで、人から攻撃されていると感じたり、過小評価されていると感じることは、理由の一つになり得ます。

もし「死とは何か?」と尋ねられたら、

「本当の死とは無知である」と答えてみたらいい。

一体どれだけの死人が私たちの中にいることか。

無知を意識することで、好奇心というの贈り物が得られる

知恵の一部は、自分が知らないことを知り、扉を開けて、学ぶ動機を見つけることです。 この意味で、謙虚さは知恵と切っても切れません。私たちは無知を告白することに対して、あまり恥ずかしく感じるべきではありません。そうすることで、より多くの学習機会を利用することができます。これは、子供たちがうまいことです。 彼らは常に物事についてそれが何なのか、目的は何か、そしてどのように機能するのか尋ねます。読書

例えば、人体がどのように機能するのか、または体の中で起こる複雑な生物学的および化学的プロセスについて知っている人はほとんどいません。それでも、それを公然と認める人々を私たちは判断します。ここで示されるのは、自分の無知に対しての無知です。これは、他人に愚か者に見られたくないときに起こります。あたかもそれが最悪の事態であるかのようです。

あなた自身の無知を認識することは、知識と知恵へ黄金の鍵を与えるでしょう。それは人間の可塑性を理解させてくれます。だから、次に誰かがあなたに無知のレッテルを張ったとしても、怒らないでください。代わりに、あなたにそのことを思い出させてくれたことに感謝し、もっと教えてくれるか、自分と一緒に学ぶように奨励してください。

ほとんどの人は、大して知りもせず話しすぎる。もし無知な大多数と一線を画したいなら、知識を養い、黙る時間を取り、その間に人の話を聞いて好奇心を高めなさい。