昔を美化しすぎて今を忘れてしまう時

· 2017年11月27日

ウッディ・アレンの映画「ミッドナイト・イン・パリ」で、主人公の人生を通してノスタルジア(昔を美化すること)は現在を否定するものだと説明しています。 この誤謬の名前は黄金時代症候群といい、私たちが現在住んでいる時代よりも昔の方がよかったと考える誤った考えです。この一見ロマンチックな想像力の間違いは、現在苦労している人々が持つ傾向にあります。

ミッドナイト・イン・パリ」は、私たちの人生は夢のように魅惑的なものではないかもしれないけれど、自分たちの意思決定を習得できる場所だと示してくれるコメディ映画です。

主人公の現在の生活はあまり楽しいものではありません。 彼は交際相手とその家族に過小評価されています。彼は孤独を感じています。 彼は物事が楽しく、人に尊敬され、多くの友達を持ち、全てのことを後回しにして今を楽しめる恋愛を見つけるなど、いつかすべてが変わると思っていました。

彼の過去への執着欲求は、彼の存在を否定することと同じです。 彼を満たすことからはるかに離れている、妥協であふれた現在の生活は、彼を退屈させています。 臆病さと優柔不断さによって、現在に直面するのではなく、探しているすべてのものを見つけられる「虚偽の過去」に陥るのです。 しかし結局のところ、現実からは逃げることができず、複雑な決定を下すはめになるのです。

「昔を美化することはロマンチックな悲しみの方法です。」

ーマリオ・クィンタナー

黄金時代の複雑さ

この症候群の複雑さを表す簡単な例は、過去が今よりも優れていたと思うときのメランコリックな考えのなかで起こります。 私たちの趣味、執着、行動がすべてその過去を中心になって回ります。その時代に戻そうとしているのです。

様々なことが過去よりも良くなることは決してないと信じることで、私たちは黄金時代症候群に陥ろうとするのです。 この症候群はまた、私たちを不可逆的に過去に導き、結果として、私たちが現在持っているものに満足することは決してないのです。

小雨の外を眺める女性

この種のパターンは、交際関係で多い傾向にあります。 このせいで、私たちが過去に付き合っていた人を打ち負かすことができないと思い、将来的に別の人と付き合うことになっても、その人が以前の人よりも劣っていると考えるのです。このように考えることは、必然的に過去に付き合っていた人の特徴を全く別の人の中に探すということにつながります。そして結果的に私たちは比較を行い、実際にここにあるものを良く評価することがないのです。

「過去さえも変わることがあります。 歴史家は私たちにそれを示すことを決して止めはしないのです。」

– ジャン・ポール・サルトル‐

現在の否定としてのノスタルジア

ノスタルジアとは、過去に持っていたものや経験したことがもう存在しない、あるいは変わったという考えのせいで苦しむことです。ノスタルジックな気分になると、ネガティブな経験が除外された過去の様々な思い出が統合されて思い出されます。

神経学者と精神科医であるAlan R. Hirschは、ノスタルジアは否定的な思い出を簡単に忘れる傾向を促進し、我々の記憶の肯定的側面のみを残すと指摘します。 これが、私たちが子供のころの経験、友人、学校時代の経験、遊んだおもちゃを良い記憶として覚えている理由であり、授業の中断、懲罰、退屈な時間などの良くない経験を忘れるのです。

だから記憶には私たちが誰であるかを伝える力があります。 この進化の過程を理解するには、過去に陥ることなく、過去に戻らなくてはならないのです。

海辺のベンチ

存在しなかったことに対する憧れよりも悪いノスタルジアはない。