長生きするコツ

· 2018年2月8日

私たちは独身という立場を失敗と捉えがちです。ひどいことに聞こえますが、社会では独身の人への風当たりが強いです。この事実は、独身の人をターゲットにした商業製品をなかなか見つけることができないことからも理解できます。

世の中には2人様をターゲットにした旅行のセール、グルメディナー、カップル用のギフトで溢れています。1人様をターゲットにした製品はあっても稀です。

結婚しないことは、選択肢の1つなのです。一部の人には狂ったように聞こえるかもしれませんが、全員のゴールがパートナーを見つけるということではないのです。実際、独身生活は健康的で人が必要とする自由と完全性をもたらすのです。

傘を置いて雨に濡れる少女

待つことのない独身生活

独身生活では、いつでも自分の予定をパートナーのために空けておくという必要はなくなります。エマ・モラノによると、これを理解することが長生きをする鍵であると言います。 この女性は現在116歳という長寿で、世界で最も長く生きていると言われています。

ニューヨークタイムズ紙が彼女に長寿の秘密を尋ねたとき、彼女はすべての人を驚かせるような返答しました。長寿の鍵は独身を貫くことだと言ったのです。1938年に離婚した後、エマ・モラノは誰にも邪魔されたくないと思い、彼女の必要なものはすべて彼女の中にあると判断したのでした。

彼女は望んでいた人生を構築することに成功しました。そして、彼女は大人の女性として社会が期待していたものを自分自身に結びつけませんでした。

しかし、長寿に関する学者が言うように、長生きするこれといったカギは存在しません。実際、あなたが100人の長寿に質問すれば、100の異なる回答を得るでしょう。私たちがより長生きするかどうかは、主に私たちの遺伝子構成によって決定されるのです。

ハートのシャボン玉

永遠に若くいるための万能薬:年老いて暮らすことを嘆かない

幸せは、自分自身や人生に関する自己決定から来るはずです。 あなたが独身になることを選んだとき、すでに自分の人生に多様な意見や信念を持っているので、勇敢で寛容になることができます。

上記にもあるように、社会は独身の人への風当たりが強く、機会を制限されることもあります。 たとえば、あなたが結婚していない場合、銀行で信用を得ることが難しくなります。 このような例はたくさんあり、塵が積もって、「独身は良くない」という明確なメッセージを私たちに送ります。

だから独身の人生が国家的あるいは個人的な決定ではなく、社会的な問題となり、私たちに「何かがあなたの中で間違っている」、「パートナーを持たなければいけない」、「誰もあなたを愛していないのは当たり前だ」などというメッセージを送っているような気がするのです。

窓辺に座る女性

これらの少量の「塵」が積もって私たちを傷つける可能性があり、実は愛していない、あるいは結婚生活を一緒に生きたくないような生き方をしているパートナーを得ることにつながるのです。 私たちが住んでいる社会は、 “独身者を誘惑して”パートナーを獲得し、それによって “充実した”人生を送れるかのように私たちに見せるのです。

しかし、独身でいることは、社会が私たちに押し付けている信念とは異なる、新しい世界を探索することを可能にするような、個人的選択でなければなりません。 私たちは、独身が良いことではないという社会のプレッシャーにひるむ前に、私たちの人生が何か、そして一生を持って何をしたいのかを自由に発言できるべきです。 エマのような、「独身でいること」に満足していると判断し、誰かが「救助」してくれるのを待っているべきではないのです。独身であることを決めることは、「不健全」なのではなく、私たちが望むように自分の感情的な生活を導く自由と独立を保持することなのです。 これは長寿の真の鍵なのです。