涙あるところに希望あり

· 2018年3月30日

涙あるところに希望があります。痛みを伴い、わたしたちを変えるものすべては、わたしたちを成長させ戦わせてくれます。わたしたちを動揺させるものは、笑顔、愛情、素晴らしい瞬間の価値を教えてくれます。同じように、よくない瞬間から学び、それを変えるために必要な力を見つけることができます。

涙あるところに、変化を起こし何か良いものを見つけるモチベーションもあるはずです。深い悲しみから生まれるものよりよい燃料はありません。骨までしみて息切れさせるようなこのような悲しみです。人生では、最高の変化の前には最もよくない瞬間が訪れます。大きく飛ぶ前にわたしたちが感じる恐怖や不確定感は、その先に見つかるものに比べれば大したことはありません。

 

涙あるところに、人格の強さがあるはずです。こころから生まれる本当の感情があるはずです。だから涙が出るのです。涙の一粒一粒が、少し前へ押してくれます。そして底辺へたどり着きます。一度そこまで行ったら、より良いものを構築する力を見つけることができます。

悲しみを知っていて、こころから泣いたことのある人だけが人間であることの誉れを理解できる。

涙あるところに命あり

涙あるところに、内側からが沸きあがり流れ出る生命があります。より良いもののために戦う希望を与えます。がわたしたちに生命を与えるように、涙はこころの中にある強さを見つける助けになってくれます。

まつ毛が森

悲しみは人生の必要な一部です。自分にどれだけ価値があるかに気づくために悲しみが必要です。涙は石にうちつける雨ではありません。わたしたちの内なる自己を浸食したりしません。代わりに、嵐のあとに太陽を見つけるための勇気をくれます。

虹は嵐と共にきます。悲しみの先を見るのに雨に邪魔させなければ虹を見ることはできます。人生の最も美しいこと、最も覚えておくべきことは、大きな悲しみのあとに可能だと思えたことです。これは、嵐の中あなたがあきらめなかったからこそやってきたのです。

非難の嵐、恐怖の稲妻、痛みの雷鳴に耐えられます。嵐がやんで、初めて太陽を見る強さを見つけます。

傘から出ること、吐き出して泣き叫ぶこと、表現しなくてはいけないものを表現することを学ばないといけません。感情から強さを集めて、内なる自己を開放する必要があります。人間であることは間違っていません。自分の感情を表していいんです。

涙あるところに学びを得る機会がある

だから、感情を表現してもいいです。この機会をいかして、学びをえてはどうですか?自分自身を知り痛みに耳を傾けることを学んで自分ができることに築いたとき驚くかもしれません。

思っていることと実際は異なります。深い悲しみは笑顔を隠してしまいます。チャンス、夢、幸せは涙の後ろに隠れてしまいます。表面的なものに流されず、不幸せに落ちこまないようにしましょう。

青の女性

涙に耳を傾けることを学び、そこから力を得ましょう。強く求めている変化を見つけることを学びましょう。涙の意味を解明し、何が自分を煩わすのか知りましょう。それがわかったら、自分の人生からそれを取り除きましょう。さようならを言うのが不可能なのであれば、そこから学んだ教訓に橋をかけましょう。

自分を表現する必要があるとき、肩を貸してくれる人がいるということを忘れないでおきましょう。わたしたちを抱き愛してくれる人がいます。ひどい嵐のあとには、考えるための落ち着いたときがやってきます。涙あるところに希望あり。涙の理由の裏側には、あなたの人生を変えるドアが開いています。