なぜ日曜日は憂鬱なのか

11 4月, 2018

日曜日は人々にとって様々な意味を持っています。日曜日が引き起こす様々な感情のせいで、多くの人々が恐れている日です。しかし、他の人にとっては、週の最終日はエネルギーを充電してまた存在感を取り戻す日です。

多くの人々が日曜日に不安を感じます。日曜日はノスタルジーと真実で私たちを圧倒します。ある意味で、それは日曜日が現実で私たちを平手打ちしているかのようです。「私はここにいる。お前の自由はここだ、お前の人生はここだ。」それはサイクルの終わりであり、週の終わりです。

あたかも私たちが考えたくないこと全てを私たちに示しているかのようです。私たちが一週間頑張って閉じたままにしようとした引き出しを開けるかのようです。しかし、まるで魔法のように、その引き出しはいつも日曜日に開きます。 私たちが感じたくないすべてのものを開いて出す瞬間が日曜日なのです。

その一方で、日曜日はちょっとのパラドックスのようなものです。なぜなら、日曜日が最も疲れている日であることが多いからです。私たちは、こんな状態でどうやって一週間を始めることができるのだろうと疑問に思います。しかし、週末はスケジュールが普段と違うせいで、やはり日曜日は疲れるものです。これらの変化は、私たちの体にちょっと違和感を感じさせます。それは私たちが日曜日に休みすぎるせいであることもあれば、ストレスの多い平日からの変化が大きすぎるせいであることもあります。

日曜日

日曜日は私たちの気を散らせたり考えることを邪魔することなく、私たちに人生について考えさせます。これがあなたの人生だ、これはあなたなのだ、といっているかのようです。まるで、 裸にされて不確実な未来に対して無防備にされているかのようです。月曜日には、文字通りの意味でも比喩的な意味でも、作業服を身に着けます。 私たちは仕事を始めることで、日曜日のメランコリーから自分自身の気をそらせます。

忙しくすることによって、私たちは心の平穏、意味、方向性、安定性を見つけます。私たちには何か意味するものがあり、目的を持っています。世界には私たちの場所があります。私たちの社会の一部を形成する一つ一つの砂粒です。それは、自分の人生が何であるか明らかになる瞬間を恐れる人でいっぱいの社会です。そしてそれは、逆説的に自由を恐れる人たちです。

エーリヒ・フロムは、彼の作品「自由からの逃走」(1941年)でこの状況を指摘しました。 ここでは、自由を望みながらそれを恐れる興味深い逆説と、自由に付随する責任について説明しています。私が自由であれば、自分の存在と選択について完全に責任があるのは私です。私が自分自身を開拓しなければならないこの深淵は、激しい苦痛、不安を引き起こすのです。

日曜日の憂鬱を避けるために必要なことは何でもすることもある

私たちは憂鬱に満ちた空虚感を感じます。これは、日曜日と呼ばれるこの恐ろしい最終日に現れる憂鬱です。日曜日は、私たちの社会の中での存在(仕事上での役割)と、心底にある本当の自分の間に存在する辺獄のようなものです。それは、私たちの根本的な孤独を私たちの目前に提示します。私たちが見たくない孤独です。

時々、私たちはどんな人でもいいから友人を作ろうとすることで、自分の孤独を押し払おうとします。一人でいることを避けるためなら誰でもいいのです。なぜなら、一人でいると憂鬱が侵入してくるのを感じるからです。私たちは、その感情を避けるために、自分の手に届くことなら何でもします。それは一日中寝ることかもしれないし、一緒にいても何のプラスにもならない人々に付きまとうことかもしれません。もしくは、単純に忙しくするかもしれません。

仕事中毒の人の多くが、仕事をしなくても1日を過ごすという考えに我慢ができません。 仕事のない1日は、自分が誰であるか、どのようにして自分自身から逃げ出しているのかという真実に直面しなければならないということです。 忙しく自分が役に立つように感じさせてくれるため、熱狂的な活動は私たちを人生で満たしてくれます。しかし、それはまた、私たちが本当に誰であるかから私たちを遠ざけます。それは私たちの孤独と不安から距離を置くのです。

悲しい男性

仕事は、私たちを本当の自分から遠ざける

仕事は、日曜日に湧き上がる憂鬱と不安を避けるのを助けてくれます。しかし、私たちが必死に隠そううとしているものも、いずれは最も予期せぬ時に表面化します。だから、私たちの内部で何が起こっているのかを正直な目で見ることが大切です。そうでなければ、この私たちが見ようとしないものから最良の結果を引き出すことが出来ません。

日曜日にこのように感じるのは理にかなっています。 旅行から帰ってきたり、私たちの忙しい日課が再び始まる前日…この心の嵐には意味があります。それはいつも明白だとは限らない感情です。意味のあるもの、人生を築き上げる材料を追い求め、信じて、有用な存在として生きることが重要です。

同時に、人間としての私たちの本質を大切にするのも重要です。そうすれば、急激に、または繰り返し発生するこれらの自然な反応を理解することができます。 私たちの不安と憂鬱に耳を傾けて、抱きしめて受け入れることは、それらを耐えやすくし、そうするだけの価値を与えてくれるでしょう。