なぜ人はこれほどまでに自分を愛せないのか

· 2018年5月28日

人間は本質的に社会的です。非常にシンプルで論理的な理由があります。数百年前、私たちは生き残るために他の人を必要としていたのです。

今は当時ほどに他人を必要としないかもしれませんが、私たちはまだ他人への気配り、注意が必要です。私たちはまた、生まれてから死ぬまでの自己愛も必要です。

子供たちは、それが親であろうと、別の誰か重要な人物からであろうと、安心を感じる必要があります。いずれにせよ、安定性と信頼は、健全な自尊心を持つ、感情的に強い安定した大人として生きる未来を子供に与えるでしょう。

しかし、これらの特性をしっかりと子供に示す人はごくわずかです。ほとんどの人は自分自身に確信がなく、自分の能力を信用せず、現実的に自分自身を評価することはできていません。

無条件の自己愛を持つ人になるのは難しいのでしょうか?

子供の頃に与えられた愛、ケア、配慮、そして尊敬などの欠如が、大人になった時に自尊心が低いことの起源かもしれません。考えられるその他の原因には、過保護の親、放任、そして文化が含まれます。

私たちの過去、私たちが育ってきた環境、または私たちの両親に、私たちの不安を責めることは何の意味もありません。これらは変更できないのですから。

 

大人として、あまりにもたくさんのことが不足していた自らの中の子供を癒し、自分の愛を届ける時が来ました。たとえ他の人が何を考えていたとしてもです。

足りないパズルのピース:少ししか自己愛がない時

おそらくあなたは何かが足りないような気がしていました。多分あなたは身体的に魅力的で、専門分野で成功し、素敵な家庭を持っているのかもしれませんが、その状態にも関わらず、何かが足りないと感じています。つまり、あなたには自己愛がほとんどないのです。

人々が自己愛をほとんど持たない場合、またはそれが無条件でない場合、彼らはいつも何かが足りないように感じます。彼らは焦ってそれを他の場所で探すかもしれませんが、そこで見つけたものは心に空いたスペースに決して収まりません。

パズルのピースが足りない

彼らは、足りない部分をずっと探し続けているかもしれません。それは彼らが愛して、受け入れて、抱きしめるならば見つかるかもしれないピースだと気づかずにです。

私たちが上記で述べたものを見つけ出すことができないのには、様々な理由があります。利己的だと思ってしまうがために自分を好きになることができずに育ってきたからかもしれません。

子供たちは褒め言葉を拒否し、自分自身を語り、本当は「ノー」と言いたいときに「イエス」と言っています。そして、他にも多くの精神的に不健康な行動をしてきました。

私たちはいつも自分のことよりも他の人を優先するべきだと常に教えられてきましたが、それは間違いです。私たち自身を優先させなければ、まず先に自分たちのニーズを満たしていなければ、他人のために何かをすることはできません。

自分よりも他の人を優先すると、私たちは燃え尽きてしまい、自分自身や私たちの周りのすべてを失うでしょう。

自分を優先する考えは、自分をわがままに見せ、他人に拒否させてしまうものです。でも私たちはそうなりたくないので、まず他の人をできることを全てやって満足させ、自分の必要を後回しにします。

だから、私たちが見つけたパズルのピースは、私たちのパズルに収まらず、空虚感だけが残ります。私たちは自分自身を愛していません。

もっと自分自身を愛するためにできること

あなたの自尊心を上げるには、自分自身をよくケアしなければなりません。いい練習方法は、あなた自身にラブレターを書くことです。このアイデアは決して無駄ではなく、自己愛を現実的なものにするのです。単にあなたが自分を愛していることを、他の人にするのと同じように、自分自身に示すのです。

私たちは自分自身を褒めるのに慣れていないので、この練習が実際にはとても難しいことにあなたは驚くでしょう。あなたの肩に乗っている小さな悪魔は、あなたが自分勝手で、わがままで、あるいは他の何千もの悪いことを伝えようとします。それに耳を傾けないでください。あなた自身を愛し続けてください。

ひまわりを持つ女性

自分自身をより現実的に見ることを今、始めましょう。自分をよりよく知るために、自分の長所と短所の両方を知りましょう。それらを通し、あなたができることを試してみてください。

「できない」、または「うまくいくわけがない」などと自分に聞かせないでください。

最終的なポイントとして、毎日何かをして目標に近づいて行ってください。あなたが何か1つを達成した時には、自分自身を褒め、自分自身を誇りに思ってください。

あなたの自尊心が上がり、そしてあなたは本当にそれを行うことができると信じられるようになります。しかし、この世に「完璧」というものはないことを常に忘れないでください。

あなたは最終的には、パズルの空いているスペースにぴったりはまっていることに気づくでしょう。こうなるとあなたは外的要因にあまり依存していないはずです。あなた自身の愛があなたを完全なものに感じさせるので、あなたは他の人からの愛に渇望することはもうありません。