二度目のチャンス~カップルにとっての選択肢?~

· 2017年11月27日

あなたは、別れたけれどよりを何度も戻しているカップルを知っていることでしょう。今度こそうまくいくようにと試みるのですが、しまいには、そうして手に入れた2度目のチャンスもうまくいかないようです。そうした2度目のチャンスは3度目、4度目、5度目とやがて再度やり直すことを拒むようになるまで重ねることになります。もう一度やり直してみることはこうした彼らにとってはきっと選択肢ではないのです。

2度目のチャンスを得ることは全てのカップルにとって有効な選択肢ではありません。なぜなら、時によっては、辛い気持ちや未解決の問題、またはどれだけ努力しても克服できない状況などが重なり過ぎてしまっていたりするからです。

人間関係は、もう一度やり直してみることで実にうまくいき、2人の関係がよりよくなることもあります。しかし、これはその当人同士が成長する方法や離れていた時間を有効活用する方法を知っているからです。全てのカップルがこれをできるわけではないので、その後2人の関係が同じようにいかないということは本当によくあることなのです。

2度目のチャンスはうまくいかない傾向にある

なぜ2度目のチャンスはうまくいかない傾向にあるのでしょうか?それは単純な理由からです。カップルが間違った理由でよりを戻してしまうからです。よくあるのはそれが誰かと何年も人生を共有してきたことで感じる空白感を埋めたいという欲求であることです。これは全て、今日多くの人を煩わせている問題である感情的依存に苦しむことを意味することになります。

裸で抱き合う男女

間違った理由でパートナーと復縁する場合、その2人が前進することは不可能です。寂しいから、パートナーと別れた後に自分の人生を進むことが不可能だと思ったから、別れによる悲しみに耐えられなかったり、別れを克服することができなかったからという理由でお互いにやり直す機会を与えてしまったのです。

1人では何もできないからパートナーが恋しくなる、これはマイナスの考え方です。あなたを別れへと導いた問題は未だ存在していることでしょうから、また浮上します。そして、そうした問題はあなたを幸せにはなることはできない有毒な人間関係に引き戻していくのです。

孤独な生活が怖いから、ベッドの反対側に手を伸ばして誰もいなかったと時に襲ってくる空っぽな感覚が怖いから、家にカバンを運んでいる時に誰も助けてくれない時、自分の唇を誰も掠めてくれない時、あなたはパートナーが必要だと思うのです。

おそらく、あなたは自分の幸せを相手の手中に収めてしまうという大きな過ちを犯してきました。そして、今、その代償を払っているのです。人生を一人で歩むことができなかったり、2人の関係の先を見越すことができなくなっているのです。その人なしでは、自分の人生は未来も希望もなく前へ進めないと思っているのです。あなたが知らないのは自分で幸せになることができるということ、そして更には、実際には自分一人で時を過ごさなければいけないということです。

パートナーなしで生きていく時間を有効活用するならば、相手との関係を再発見し、違った角度で、違った観点をもって見ることができるのです。このようにして、あなたが正しいことをやっていたのかどうか、あなた自身が2度目のチャンスに値するのかどうか、または別れることが2人にとって最も分別のあることなのかを証明することができるでしょう。

ソウルメイトは存在しない

カップルがお互いに再チャンスを手にしうまくいく時、それは彼らがパートナーがいない時に過ごす時間の楽しみ方を知っていたからです。彼らはその時間を反省したり、あらゆる物事を違った角度から見たり、間違った決断を下す前に物事についてよく考えたりする機会として捉えたのです。

こうしたカップルはお互いが人生の伴侶であることを知りつつも、お互いが個々の人間であるということ、そして自分の幸せが相手にかかっているのではなく、むしろ自分自身にかかっているということを知っているのです。これが彼らが一人でいても怖くない理由なのです。彼らは相手を自分の人生にとって不可欠なものとするのではなく、相手と人生を共有するということを選んでいるのです。

後ろに手をかざす男性

しかし、多くの恋愛関係において、自分にはソウルメイトが存在するという考えが未だに存在しており、これが私達が恋愛関係でいることを不安にさせてしまうのです。私達はしばしば、実際には側に誰かいてほしいだけという時に、恋に落ちていると信じ込んでしまっているのです。

しかし、二度目のチャンスを得るかどうかは別れに導いた以前の問題によるところもあります。例えば、別れたのが浮気のせいだったとしましょう。もしその人がそのひどい裏切りを乗り越えることができなければ、やり直すことは単純に時間の無駄でしょう。そうするつもりなしに、彼らは相手を咎めるでしょうし、お互いを信じないでしょうし、そして全てを疑うことでしょう。これは誰にとってもプラスになることではありません。

こうした理由により、お互いに2度目のチャンスを与える前に、カップルとしてだけではなく、一個人としても自分の問題を解決することが重要です。こうすることで、2人の関係を辛い気持ちなしに、またお互いが自立した人間であり、1人でいられないから一緒になったのではないと分かった状態で再出発させることができます。このようにしか、二度目のチャンスは成功しないのです。

色とりどりの髪の女性