人間関係を破壊する4つの行動

2018年8月25日 in 心理学 0 シェア済み
仲たがい

自分の考えの表現や行動が不十分な時があります。ぞんざいで失礼だったり、相手の気持ちを考えない場合です。これらのふるまいはかなりのダメージを残し、友人関係、恋愛関係、家族ですら壊してしまうことがあります。具体的にはどのような行動でしょうか。なぜ人間関係を破壊してしまうのでしょうか。

もっと具体的に言うと、批判、侮辱、仕返し、完全な降参です。これらの行動は「正直さ自殺」と言えます。それは、このような行動に出るときには不明確なものにとびかかっているからです。思いやりのある言葉が誤解されて起こることもあります。 また、気が利いた繊細で節度ある行動をとりながら正直になることはできます。同じ事を、相手を傷つけることなく様々な方法で言うことができるからです。それでは、人間関係を壊してしまう行動をもっと見てみましょう。

人間関係の破壊

純粋なコメントに対して失礼な反応を誰かがしたとき、意図せずして私たちの脳の感情の部分が活性化されます。しかし、これはポジティブな反応ではありません。どちらかというとネガティブです。2つの行動の間でジレンマを起こします。恐怖におびえるか、戦うかです。

攻撃されたと感じて傷ついたり、信頼している人に気分を害されたりしたときには、私たちはその言葉を聞き流す傾向にあります。しかし、怒りで反応する場合もあります。反応の仕方を決めるのは、私たちがどれほど攻撃されている、または反対されていると感じるかによります。

関係を破壊する行動の中には、怒り、侮辱、憤怒などがある。
シェアする

言い争い

しかし、失礼な発言が及ぼす影響は大抵の場合同じで、その言葉を発した人への怒りや嫌悪です。その人に会うたび言葉の暴力を浴びるようでは、人はそれを排除しようとします。自分の気分を害するような人と一緒に時間を過ごしたい人なんていません。このような理由から、人は人間関係に終止符を打つことがあります。

批判的な態度

「いつも床に物をおきっぱなしにして。」「食べる前にいつも手を洗わないよね。」「いつも遅れてくるよね。誰もそんなの耐えられないよ。」解決策を提示もせずに、語気の強い決定的な形容詞(いつも、絶対)を使うことです。理解力やふるまいの柔軟性がまるでない表現です。

しかし、批判は建設的な提案に変えたり、もっと傷つけない表現に変えることができます。こうすることで、無駄な議論、誤解、関係の破壊を避けます。

上記の例では、次のように言うことができます。「ものを床に置かれると私が拾わなきゃいけないの。でもすでにやることがいっぱいあって。手伝ってくれるとたすかるんだけど。」「遅れてきたらわたしがきまり悪くなるの。こうなる度にかわりに謝るの嫌だな。」

侮辱のふるまい

非難は言葉に現れますが、侮辱は次の2つの方法で現れます。行動と言葉です。一つ目はさりげないですが、同じくらい破壊的です。

例を見てみましょう。しばらく会っていない友人グループが久しぶりに会うとします。そのうちの一人が、周りがフレンドリーではなく自分を批判していることに気が付きます。あるいは、会社で誰かが別の従業員について言及するたびに、あからさまに「だまれ」と言わんばりに空を仰ぐ上司がいます。どちらの行動も受け取る側からしたら害がある行為です。

敬意を表さないことほど悪い軽視はない。

仲直り

皮肉的な言葉も、軽蔑の一種です。誤解されたり誤った時に使用された場合に大きな被害を残す攻撃性を秘めています。

仕返しまたは完全な降参:対立を生み出す行為

攻撃されたときのオプションは2つです。やり返すか、逃げるかです。仕返しした場合、最も起こりえるのは頭に浮かんだ最初のことを行動に移してしまうということです。これはあまりいい結果になることがありません。 相手の気分を害して、更に仕返ししようとさせてしまうかもしれません。この場合、なかなか止まることのない危険な悪循環へ陥ります。

仕返しすることは関係を壊してしまう行動のひとつです。どうやってコントロールするかを理解していなかったら、深刻な結果に陥ることもあります。感情的な傷はなかなか癒えないのです。

言い争い2

完全に降参してしまうのは、戦場で降参することに似ています。2人の間で激しい力の戦いがあった結果に起こります。何週間、何カ月にわたる戦い、批判の末、片方が「降参」します。それは、対立より対話を望む結果なのです。

挑戦と待つこと

同時に、上のような態度は、攻撃を仕掛けようと待っている人を怒らせる結果になります。しかし結果的には、攻撃的な反応を得なくてもこういった人は怒り叫ぶことになるのです。相手が息をする瞬間すら尊重できない様な人もいます。待つ代わりに、自らのふるまいと行動で対立を増幅させてしまうのです。

お分かりいただけたかと思いますが、人間関係を壊すようなふるまいは決して気分のいいものではありません。それによって起こることもまたしかりです。誰かにひどく批判されると、その人とは友人になろうとは思えません。常にパートナーに文句を言っていたら、全力で彼らを遠ざけているだけです。それでも、人はそのような行動をやり続けてしまいます。

呼吸をして休息を入れてみることも必要です。どうなるかを考えずに物事を急ぐのではなく、何が起こっているかを意識してください。

あなたへおすすめ