人間の後脳:その構造と機能とは?

2019年11月15日
後脳は、人間の脳の中でもとても大切な場所です。この記事では、後脳の構造と機能、そして病変が発生した場合に起こることについて詳しく説明します。

長い歴史を通じて、科学者は人間の脳をいくつかの部分に分類し、その機能と発達をより理解しようと研究を重ねています。

その中でも、後脳または菱脳と呼ばれる部分は、脳の発生過程で菱脳から後脳と髄脳に分化した領域です。

後脳は脳の最後の部分であり、いくつかの重要な機能を担当するさまざまな下位構造によって形成されています。

この記事では、後脳の構造、分化プロセス、そして機能を紹介します。人間 後脳 構造 機能

後脳の分化プロセス

後脳の起源を理解するためには、脳の分化プロセスとは何かを明確にすることが重要です。

「Neuroscience:Exploring the Brain」の著者であるベアー氏、コナーズ氏、およびパラディソ氏によると、これは、構造がより複雑になり各機能に特化するプロセスです。

脳の分化プロセスの最初の段階は、神経管の3つの主要な脳小胞の発達で、一次小胞の最も吻側の部分は前脳です。

前脳の後ろにあるのは中脳と呼ばれ、最後は小胞の最も尾側の部分の神経管の尾側部分とつながる後脳または菱脳です。

後脳は、基本的に細胞がグループを形成することを可能にする、菱脳節と呼ばれる横方向の腫れを通して胚発生中に形成され、異なる方法で発生し、さらに異なる機能を処理します。

後脳は基本的に3つの構造から成り立っています。

  • 小脳:橋脳の脳幹に結合し、生物の基本的な運動制御センターとしての役割を果たします。吻側部分に由来します。
  • 橋脳:小脳と第4脳室の前方の吻側後脳の一部です。
  • 延髄:橋脳と小脳の尾側に位置しています。尾側部分に由来します。

小胞段階において、吻側後脳は横方向の管のような形をしています。下菱脳唇または管の背壁組織は、反対側と融合するまで吻側および内側に向かって成長します。

さらに、形成される脳のシワは成長して小脳を形成し、管の腹壁が拡張して橋脳を形成します。

後脳の尾側半分の分化では、延髄にいくつかの変化が生じます。

ある段階では、壁が拡張してニューロンではなく上衣細胞で覆われた「屋根」のみを残し、別の段階では、延髄の両側の腹部表面に沿って、白質システムが存在します。

最後に、脳脊髄液の分布に関して脳脊髄液は第4脳室に移り中脳の脳水道を継続します。

発見:年齢に関係なく新しいニューロンを成長させる7つの方法

後脳の機能

後脳はいくつかの機能を実行します。

  • 前脳から骨髄へ、またはその逆に情報が伝達するための脳の基本的な領域です。
  • 後脳のニューロンは感覚情報の処理に関与しています。
  • 後脳のニューロンは、自発的な運動のコントロールに貢献します。また自律神経系の調節を助けます。
  • 小脳は、コントロールセンターのように動きを制御します。また、骨髄と橋脳からの大規模な神経軸索を受け取ります。一方、小脳は入力情報の比較を担当し、運動を実行するために不可欠な筋収縮の順序を計算します。
  • 延髄は、体細胞情報を骨髄から視床に運ぶ役割を担っています。また、舌の動きを制御し、触覚や味覚などの感覚機能と関わります。
  • 聴覚神経軸索は、耳から骨髄の蝸牛神経核の情報の伝達を担当しています。核は異なる構造、つまり中脳蓋に軸索を投影します。
  • 骨髄は、身体の空間的位置に関する情報をもたらし、さらに、橋脳には大脳皮質からの情報が含まれているため、運動の目的を指定します。

こちらもご参考に:ニューロン:その正体と働き

後脳 構造 機能

後脳に関連して発症する可能性のある健康問題

後脳の発達は私たちの生存に必要不可欠ですが、脳が正しく発達しない場合、後脳とその機能を損なう可能性がありますが。

ここからは、後脳に関連する健康上の問題の一部をご紹介します。

後脳の病変は、運動失調症の症状と似たバランスの悪さはや動きの不正確さなどの問題を引き起こす可能性があります。

  • 後脳がダメージを受けると、例えば蝸牛神経核に損傷を受けたように難聴を引き起こす可能性があります。
  • 触覚と味覚に関連した問題が起こる可能性があります。
  • 後脳の異常な発達に由来するダンディー・ウォーカー症候群よびアーノルド・キアリ奇形の可能性があります。
  • 後脳の損傷は、嘔吐、脱力感、呼吸障害、血液循環障害を引き起こすことがあります。
  • 菱脳炎または後脳炎症性疾患を発症することがありますが、これはさまざまな要因が原因で現れます。

後脳は、人体で基本的な役割を果たし、運動機能、感覚機能、内臓機能を通じて、人間の体のバランスの調整に役立ちます。

後脳の機能不全は、健康な人に大きな影響を与える可能性があるのです。

  • Bear, M. F. Connors, B. W., Paradiso, M.A., Nuin, X. U., Guillén, X. V. & Sol Jaquotot, M. J. (2008). Neurociencias: la exploración del cerebro. Wolters Kluwer/Lippincott Williams & Wikins.
  • Kandel, E.R; Schwartz, J.H. & Jessell, T.M. (2001). Principios de neurociencia. Madrid: McGrawHill Interamericana.