重要な脳領域である海馬体:構造と機能

2019年11月9日
人間の脳の領域でも重要な部分である海馬体は、記憶や学習などのプロセスで重要な役割を果たします。今回は、海馬体の構造と機能について詳しく学びましょう!

人間にとって大切な学習や記憶などの認知プロセスにおいて、海馬はとても重要な役割を果たします。

海馬体は、側脳室下角底部にあるC字型の突出した大脳辺縁系の一部です。海馬自体は、CA1、CA2、CA3の各部位から構成されています。

海馬体は海馬とは違うのでしょうか?

今回は、重要な脳領域である海馬体の構造と機能について詳しく説明します。

海馬体の解剖学的分析

16世紀に、イタリアの解剖学者であるアランツィが初めて海馬体に言及し、海馬(hippocampus)という名前をつけました。

これはギリシャ語のタツノオトシゴに由来すると言われていますが、諸説あります。

海馬体は海馬だけを指しているのではありません。歯状回、海馬、海馬台(海馬支脚)、前海馬支脚、傍海馬支脚、嗅内野皮質の各部から成り立っています。

海馬体はおよそ5cmで、中央部はジャガイモのような形をしていますが、個人差があります。

海馬には、前交連、交連前、および後交連の3つの部分があります。

重要な脳領域 海馬体 構造 機能

海馬体:構造

歯状回

歯状回は大脳皮質の最も内側の部分です。

細胞構築学において、歯状回は三層皮質領域とみなされます。

海馬体においては、歯状回は典型的なC形状で、海馬の最初の部分と海馬の割れ目の海馬台から分離されます。

この構造の主要な細胞層は粒状の細胞体で、これらの細胞の先端樹状突起には、歯状分子層に分岐があります。顆粒細胞と分子層の組み合わせは、歯状筋膜を表しています。

歯状回の3番目の内側の層は多型層で、その隣には、顆粒細胞に囲まれた錐体細胞層の一部があります。

発見:顕在記憶とは?

海馬

海馬には、1つの細胞層(錐体細胞層)で構成されるCA1、CA2、CA3というサブフィールドがあります。

錐体細胞の軸索によって形成される心室内腔に限定される表面は、海馬槽と呼ばれます。

この領域は以下のように構成されています。

  • ルシダム層
  • 放射状層
  • ラクノサム分子

ルシダム層CA3には、この層の錐体細胞壁の上の近位樹状突起シナプスを形成する繊維があります。 CA2層は比較的コンパクトで、ピラミッド型のセル層が示されていますが、その縁を定義するのは困難です。

CA1層は海馬のサブフィールドで、この領域の錐体細胞層は、1つの外部層と1つの内部層で構成されています。

こちらからさらに詳しく:シナプス間隙とは?

海馬台

CA1層と海馬台は縁で重なり、移行領域を形成します。海馬台は主に次の層に分かれています。

  • 表面には錐体細胞の樹状突起が位置する広い分子層があります。この錐体細胞層は、外部と内部の2つのサブレイヤーに分割できます。
  • 外層細胞:その先端樹状突起にリポフスチン色素が蓄積されています。
  • 前海馬台:変更された錐体ニューロンを含む表面層で構成されています。
  • 傍海馬台:前海馬台と分類が難しい細胞層が1つあります。

嗅内皮質

「嗅内皮質」という用語は、ブロードマンの脳地図の28野に当たります。

主に扁桃体の中央部に向かって頭側に伸び、外側膝状核の前交連に向かって後ろ側に伸びます。

この領域は、脳の他の領域とは多少異なります。

海馬体の接続性

海馬固有回路

海馬情報の接続性は、閉回路の一部である単方向性のグルタミン酸作動性(興奮性)経路をたどります。

この固有の接続においては、歯状回が嗅内皮質に送信されるほとんどの情報を受信するという重要な役割を果たします。

外部接続

海馬の外因性回路は以下によって形成されています。

  • 複数の皮質動脈
  • 扁桃体複合体
  • 内側中隔核
  • 視床
  • 乳頭上核
  • 脳幹のモノアミン作動性核

これは海馬がさまざまな皮質領域から感覚情報を受け取る方法です。

重要な脳領域 海馬体 構造 機能

皮質接続

これらの投影は、感覚情報を主に海馬体へと接続するのに役立ちます。

皮質下の接続

線毛と脳弓は、海馬体の遠心性システムを形成します。さらに、海馬体と扁桃体の間にも大きなつながりがあります。そして、海馬体と視床下部の間に生じた接続は、海馬台を介して確立されます。

今回ご紹介したように、海馬体は視床下部を含む複雑な脳領域です。

多くの研究では動物を研究しますが、これは動物の海馬体が人間の海馬体に似ていることが明らかだからです。

  1. Insausti, R., & Amaral, D. G. (2003). Hippocampal formation. In The Human Nervous System: Second Edition. Elsevier Inc..
  2. Arantius G (1587). De humano foetu. Ejusdem anatomicorum observationum liber, etc. Venice, pp 44–45.
  3. Stephan, H. (1983). Evolutionary trends in limbic structures. Neuroscience & Biobehavioral Reviews, 7(3), 367-374.