脳が喜ぶ3つのエクササイズ

2018年6月22日 in 心理学 0 シェア済み
踊る・ダンス

私たちは皆、運動は脳にとって良いことを知っています。運動は血液に酸素を多く取り込み、血液循環を刺激します。この両方ともが脳にとって素晴らしいことです。またそれは知的機能と知覚を向上し、より鋭くしてくれます。しかしそれだけではありません。それはまた、コルチゾール(ストレスホルモン)の生産を阻害するので、あなたの感情のバランスを保ちやすくしてくれます。

運動があなたの脳に与えるもう一つのことは、健康状態と幸福状態を育ててくれることです。それは運動がセロトニンの生産性を刺激するからです。この化学変化はあなたの気分を良くしてくれます。

ダンスはあなたの足で夢を見るようなものだ
-Constanze-

このテーマに関して興味深い研究が行われました。研究者は、ウォーキング、ダンス、ストレッチのメリットを調べました。彼らは、これらの3つの活動のどれが最も効果的であるのかを調べました。この研究ではボランティアのグループを使って実験が行われました。この研究の結論を見ながら、脳が大好きな運動を見てみましょう。

脳が喜ぶ運動:実験

研究者が最初にしたのは、合計174人のボランティアのグループを形成することでした。彼らは60歳以上の人で、70歳以上の人もいました。これらの年齢の脳に白質の退化があることはよく知られています。それは、記憶喪失や認知機能の障害など様々な症状を引き起こします。

手のひらにある脳

この実験に参加したボランティアは皆、むしろ座りがちの生活を送っていました。彼らのほとんどは運動をしていませんでした。この中でエクササイズをした人でも、非常に散発的に短期間だけやった程度でした。運動が脳にどのような変化をもたらすかを調べるのに理想的なグループでした。

まず最初に、彼らは有酸素運動で試験されました。彼らはまたその運動を通して、認知能力とそのデータ処理速度を計測されました。これらのテストはボランティアのベースラインとなりました。

脳が喜ぶ運動:比較

ボランティアのグループは3つのサブグループに分割され、各サブグループにランダムに配置されました。これらのグループのうちの最初のグループがウォーキングプログラムを開始しました。メンバーは、活発な行進のペースで、1時間、週に3回歩きました。

歩く・ウォーキング

第2グループはストレッチをしました。彼らは筋ストレッチを週に3回行いました。彼らはまた、バランスエクササイズと他の同様の活動の指導を受けました。

第3グループは週に3回ダンススタジオに通いました。彼らはダンスをするだけでなく、振り付けを学ばなければなりませんでした。振り付けは徐々に複雑になっていきました。それらは単純なリズム、カントリーミュージックをベースにしていました。

脳が喜ぶ運動:結論

実験は6ヶ月間行われました。実験の終わりに研究者は、脳内で起こった変化のタイプを確認するために脳の断層撮影とMRIを撮りました。いくつかの結果は期待された通りでしたが、それ以外に本当に素晴らしいものもありました。

まず最も注目すべきことは、実験前に座りっぱなしの生活を送っていた参加者の脳の白質が、さらに悪化したことでした。しかし、すべての参加者に目に見える改善が見られました。彼らは皆、認知と記憶のテストで実験前のテストより良い結果を出したのです。

青と紫のライトを浴びて踊る女性

大きな驚きは、第3グループの結果です。このグループは複雑なダンスの振り付けを学ぶ時間を費やしていたグループです。彼らの結果は他のグループのものより優れていました。

専門家は、運動が精神的、社会的、レクリエーション的な活動を伴っていたためであると指摘しました。つまりダンスは、より完全に近い形だったのです。実際に、多くの参加者の脳の白質の密度の増加を確認しました。

研究責任者の一人であるAgnieszka Burzynskaは、2014年に同様の研究が行われたと述べています。1日の終わりに運動したとしても、その日ずっと座っている生活であるならば、脳の状態が悪化することが分かりました。

したがって、この実験の結論は2つです。まず、座りがちな生活が脳に影響を与えること。そして第2に、運動は脳を再活性化させる、ということです。そしてボーナスの結論?は、脳が喜ぶすべての運動のうち、ダンスが最も効果的だということです。。

あなたへおすすめ