脳の発達における社交の重要性

· 2019年3月12日

人間というのは社会的な生き物で、生き延びるために他人を必要とします。人は孤立している場合発達しません。他人とコミュニケーションをとることは、脳を発達させる一番良い方法と言っても過言ではありません。

友人関係を作ることはとても重要です。メンタルヘルスにポジティブな効果があり、脳を活発に保ってくれます。社交的な人は、脳の健康に良い行いをしていると言えます。交流することで、脳を認知力低下や痴呆から守ります。

最近の自然人類学の研究では、脳の進化における社会化の重要性を示しています。社交的な関係なくしては、今の人類の状態にはなり得ませんでした。

残念ながら、生まれてから最初の数年を隔離されて育てられた子どものケースが多数存在します。「野生児」と呼ばれる子ども達です

本記事では、社交が脳の成長に及ぼす影響と、それが欠落している場合のネガティブな影響をご紹介します。

肩組
社会化と人類の起源

人間はとても複雑な脳を持っています。私たちの脳は、言語を通じて複雑なコミュニケーションシステムを作り上げていくことが可能です。さらに、脳によって複雑な決定を下したり、手でものを作ったり、他の種族や環境を支配することすら可能です。

脳の発達の専門家であるダニエル・ホワイト氏によれば、社会化こそが脳の大きな発達を可能にしています。社会での生活によって、脳の進化が促進されます

異なる環境や社会的状態は、脳がより進化することを可能にする刺激となります。これによって、脳がよりものを記憶できるようになります。また、人が言語を使えるようになります。

人間の脳と他の霊長類の脳を比べれば、社会化が脳の成長にとってどれだけ重要かが理解できるでしょう。チンパンジーの脳は懐胎時に発達して、生まれたときの脳はほぼ成長しきった状態です。生まれてから2年後には、大人のチンパンジーの脳と同じくらいの大きさに達します。

人間では、懐胎中も生まれてから2年経った後も、脳は成長し続けます。7歳になるころには大人の脳の大きさまで到達します。この時までには、簡単な社交的交流への準備ができています。

しかし、その後は成長し続けるわけではないものの、人間の脳は25歳くらいまでは形を変え続けます。社交化は、この期間の脳の発達に重要な役割を果たしているのです。

子ども時代の脳における社会化の欠落の影響

社会化の欠落は、様々な点で脳の発達に影響します。それがあまりにも有害な場合、特に生まれてからの一年は脳の成長一般に影響と遅れが見られます。そのため、価値のある人間関係へ人間をさらしてくれる社交的な関係の欠落は、気分やふるまいに影響するだけでなく、認知的な健康や運動スキルにも影響します。

社会化の欠落は、子ども時代にはより深刻な影響を残します。生まれてからの10年において、人間は言語などの高次精神的処理を身につけて高めます。これらの効果をより理解するために、2つのケースを見ていきましょう。

ジーニーは、13歳まで親に監禁されていました。感情的刺激や社会化の機会は皆無です。これによって、ジーニーは言語習得ができず、外的な刺激に対していくつかの音を出すことしかできませんでした。専門家が研究し治療をし始めた際にジーニーは13歳でしたが、複雑な言語を話せるようになることはありませんでした。

似たようなケースが、1800年代のアヴェロンの少年です。フランスのアヴェロンで木に登って裸で走り回っているところを発見されたとき、少年は12歳でした。 ジーニー同様、この少年も話せるようになることはなく、チンパンジーのように歩いていました。幼い時に親に捨てられ(あるいは親が死亡して)、誰とも交流しなかったのです。

これら2つのケースは、もし人と交流しなかった場合に人間に起こりえることの例です。

窓辺
脳の成長のための社会化

社会化は、脳に挑戦し、活動的に保ちます。人生の後期においても重要で、低い脳活動によって起こりえる 精神的欠陥を防止することができるかもしれません。

このメリットを享受するためには、出来るだけ社交的でいましょう。会話をして他人と交流しても良いですが、手紙も良い案です。

自分に閉じこもってしまう人は、もっと交流するために次のことを試してみるようにしましょう。

  • 友達や家族との集まりをもっと計画する。長く定期的な電話でも同様の効果が見られる。
  • 楽しくて友達を作れるような組織や活動に参加する。体と手を忙しく動かして、交流して活発でいることが可能。
  • 社会的な隔離を避ける外に出て、話して、他人と考えを交換する。
  • 自分より年上の人や若い人と友達になる。年上の人は若い人の精神的・肉体的スピードからメリットを得る。若い人は、新しいことを年上の人から学べる。
  • 恋愛関係にいることも、多くの面で脳を刺激する。ただし、関係が害のあるものでない場合に限り。
  • 自分を孤立させ始めたら、専門家の助けを求める。ホットラインや社会センターなど助けを差し伸べてくれる場所は存在する。精神科医に相談するのも手。