他人と心を通わせられるようになるための2つの鍵

· 2019年1月2日

人間関係は私達の人生を豊かなものにしてくれます。他人と仲良くしたり、お互いの存在の大切さを実感したり、特別な関係を築いたりすることが、私達の存在を有意義なものにします。しかし、残念なことに、私達は生まれ持ってこうしたスキルに長けているわけではありません。この記事では、他人と心を通わせるためのコツをいくつか学びましょう。

誰でも愛する人とどのように関係を育めばよいかを学ぶことができます。私達はみな、カリスマ的存在になることができるのです。こうした面を伸ばしたいと思うのなら、読み続けて下さい。この記事はあなたのためにあるのです!

1.アクティブリスニングを実践することで他人と心を通わせる

他人と心を通わせる方法の一つが、相手に自分の話をきちんと聞いてもらえていると感じてもらうことです。会話をしていると、話に集中している傍ら、余計な邪魔が入ったり、他事に気を取られてしまったりすることがよくあります。また、「次に何を言おうか」と考えていたりすることもあります。あなたもそういうことがあったりしませんか?

コーヒーを飲む2人

話し相手に対して一心に集中し注目することで、お互いの絆を育むきっかけとなります。この一心に集中するための鍵は、今この瞬間にフォーカスすることです。今この瞬間にフォーカスする、と言っても時に複雑なこともありますが、マインドフルネスなどのテクニックを実践すると良いでしょう。加えて、以下のようなことも役立つでしょう。

  • 相手を「こういう人だ」と決めつけたり、値踏みするようなことは避ける。
  • 絶対に必要でない限り相手の話を中断しない。中断すると、話している側は話の内容に興味を持ってもらえていないと感じます。中断しなければいけない場合には、短く中断しましょう。
  • アドバイスをするのではなく、ただ耳を傾ける。アドバイスをする時というのは、往々にして、自分の信条や信念を相手に投影しているだけのことがあります。

2.ボディーランゲージを変える

ある研究によると、コミュニケーションではボディーランゲージが80%を占めると言います。となると、他人と心を通わせるのに最適な方法の一つとして、非言語コミュニケーションをマスターするべきなのは明らかでしょう。

私達は通常、自分が話している時に自分の体がどのように動いているのか無意識だったりします。意識が自分の言っている事に集中している余り、自分の体の動きを忘れてしまうのです。

以下に紹介するコツを使うことで、自分の体の動きにいくらか意識を向けることができたりします。

  • リラックスする。苦痛を感じているように見えると、話し手はあなたが不快に感じていることを悟ってしまいます。あなたのミラー細胞が、差し迫った危険があるというメッセージを相手に送るので、心を開くのがもっと難しくなってしまうのです。
  • オープンなボディーランゲージをしましょう。腕を組んだり、相手に背を向けたりするポーズは、相手に対して不快感を抱いていることを示しています。相手とのつながりをより良いものにしたいなら、相手に対してリラックスしたポーズをとるようにしましょう。
  • ポジティブなアイコンタクトをする。目は体の中でも一番表現力が豊かな箇所です。ポジティブなアイコンタクトをすることは、相手に興味を持っていることを知らせるため、大変重要になります。このアイコンタクトをするには、話している間の8割は相手の目を見つめましょう。
  • ラポート(ラポール)を使う。ラポート(ラポール)は、他人と心を通わせるのに大変有用なテクニックです。あからさまでない形で相手のボディーランゲージを真似することなどがラポートに含まれます。そうすることで、相手の脳が「あなたと一緒にいても安全だ、あなたは信用できる」といったメッセージを受け取ります。
会話する2人

上にご紹介した他人と心を通わせるのに役立つ2つの鍵は、会話スキルを習得するための第一歩となるでしょう。これらの他にも使える鍵はまだまだあります。早速リサーチして、是非とも今日から新しいテクニックを試してみて下さいね!