脳の帯状回とその機能について

2020年1月11日
帯状回は、あらゆる脳の機能や障害全般に関連しています。内分泌機能だけでなく、情動反応においても役割を果たします。この記事を読み進めて、人間の脳のこの魅惑的な領域に関する知識を深めていきましょう!

帯状回は、人間の脳の両方の半球に存在している部位です。この構造は、海馬傍回とともに脳の辺縁系の大脳辺縁皮質を形成しています。

人が落ち着かない状態あるいは不安を感じている状態になると、帯状回が活性化します。これにより、感情をジェスチャーや姿勢、そして動きによって表現できるようになるのです。

ご想像の通り、帯状回は神経認知や認知面の研究において非常に重要な部位となってきています。さらに、脳のこの領域が幅広い脳の機能そして機能障害に関連していることを明らかにされつつあります。

帯状回に関連する病気の中でも二つの重要な例が、アルツハイマー病とうつ病です。しかしそれ以外にも、帯状回は統合失調症、双極性障害、数種類の不安障害、依存症などの病気にも関わっています。

脳 帯状回 機能

帯状回の構造と機能

前帯状皮質

大まかに言うと、大脳皮質におけるこの部位は、感情や記憶の蓄積に対する自律神経反応や内分泌反応において重要な役目を果たしています。

また、前帯状皮質は内分泌機能や自律状態の発現の調整にも関わっている、と神経学者たちは考えています。これは、迷走神経の孤束核や背核との投影を通して行われます。

前帯状皮質が投影を行う領域はこれらのみではありません。以下のような部位とも幅広く接続しています:

  • 扁桃体。脳のこの領域は、情動反応と深く関係しています。
  • 水道周囲灰白質。ここは、特定の痛みの回路の調整に重要な役割を果たします。
  • 内側背側核と視床前核。学習力、記憶力、注意力といった機能がこれらの核と関連している、と科学者たちは考えています。

前頭前野皮質内側部

帯状回のこの部位は、行動の結果を予測する際に活性化します。また、背外側前頭前皮質や補足運動野、頭頂皮質、そして脊髄での投影を通してこの行動を実行するのを助ける役割もあります。

だからこそ、前頭前野皮質内側部は意思決定中の情報処理に関連している、と信じられているのです。具体的に言うと、意図的な運動制御に関わる報酬機能や認知活動を基にした意思決定と関連しています。

脳 帯状回 機能

後帯状皮質

帯状回は、トポキネティック記憶(空間記憶)回路に関連しています。具体的には、その主要な機能は視覚-空間的方向付けに際して実行されます。

前方部分は、脳の所定のモードネットワークに関わっています。これは、外部刺激に注意を向けていない状態であっても活性化し続けている脳のシステムです。

また、神経科学者たちはこの部位が内向的な認知プロセスにおいても重要な役割を果たしているとしています。そのうちのいくつかは、記憶の回復、計画づくり、空間情報処理などです。

さらに、この部位は自制心にも関わっています。また、自己が関連する事象の評価においても機能を果たすのです。

後帯状皮質の背側の部分は、脳の運動前野や視覚背側経路、眼窩前頭野と密接に結びついており、身体方向や視覚空間においても働きます。

脳梁膨大後部皮質

帯状回の中のこの部位は、自伝的記憶や想像力に関わっていると考えられます。そのため、脳梁膨大後部皮質は記憶喪失を引き起こす神経疾患と関連があるとみられています。

帯状回は、人間の情動反応を調整する機能を持っているようです。また、外部刺激や内部刺激に対する反応としての情動に価値を割り当てる役目も果たしています。帯状回は、情動を表に出して表現できるようになるために特に重要なのです。

まとめると、帯状回への損傷が、ある特定の刺激へ反応する能力に悪影響を与える可能性があるということになります。これにより、攻撃的な行動やシャイさ、あるいは感情表現の減少などが引き起こされる恐れがあります。

  1. Torta, D. M., & Cauda, F. (2011). Different functions in the cingulate cortex, a meta-analytic connectivity modeling study. Neuroimage, 56(4), 2157-2172.
  2. Vogt, B. A. (2005). Pain and emotion interactions in subregions of the cingulate gyrus. Nature Reviews Neuroscience, 6(7), 533.
  3. Paus, T., Petrides, M., Evans, A. C., & Meyer, E. (1993). Role of the human anterior cingulate cortex in the control of oculomotor, manual, and speech responses: a positron emission tomography study. Journal of neurophysiology, 70(2), 453-469.
  4. Vogt, B. A. (2016). Midcingulate cortex: structure, connections, homologies, functions and diseases. Journal of chemical neuroanatomy, 74, 28-46.
  5. Hoffstaedter, F., Grefkes, C., Caspers, S., Roski, C., Palomero‐Gallagher, N., Laird, A. R., … & Eickhoff, S. B. (2014). The role of anterior midcingulate cortex in cognitive motor control: evidence from functional connectivity analyses. Human brain mapping, 35(6), 2741-2753.
  6. Vann, S. D., Aggleton, J. P., & Maguire, E. A. (2009). What does the retrosplenial cortex do?. Nature Reviews Neuroscience, 10(11), 792.