脳卒中が原因で起こる感情と行動の変化

13 12月, 2020
脳卒中が感情と行動の変化を引き起こす可能性があることをご存知ですか?脳卒中の後遺症を治療せずに放置するのではなく、脳卒中の持つ潜在的な後遺症に注意することが大切ですです。脳卒中が原因で起こる変化について興味がある方は、ぜひ記事を読んでみてください。

脳卒中の影響や後遺症は、非常に深刻な状態になる可能性があり、障害の程度は中程度から重度に渡ります。それ以外の影響について考える人は多くありませんが、しっかり考えることが同様に大切です。正しい方法で対処をしないと、患者が衰弱していく可能性があるのです。今回は、脳卒中が起きた後に患者が時折経験する、感情と行動の変化について説明します。

脳卒中後の神経へのリハビリテーションは、患者の運動能力の回復に重点を置いています。脳卒中は、片麻痺、歩行困難、失語症、認知機能低下などを引き起こす可能性があります。これらの影響や症状は、幅広い潜在的な問題の中でも最も一般的であり、多くの注意が必要です。ただし、患者が感情の変化や行動の変化へのサポートが得られない場合、身体面へのリハビリテーションは期待通りに進まない可能性があります。

脳卒中 感情 行動 変化

脳卒中とは?

脳卒中は、脳への血液供給の突然中断または減少のことです。これは、一時的または永続的に起こる可能性がある身体症状と認知の変化という症状の組み合わせで起こります。

脳卒中は世界中で1300万人に影響を及ぼし、数十万人が脳卒中に起因する機能制限に苦しんでいます。脳卒中の発生率は増加していますが、脳卒中の90%は予防可能であることに注意することが大切です。

スペインでは、脳卒中が2番目に多い死因で、女性の死因の第1位です。これは成人に起こる障害の最大の原因でもあり、脳卒中患者の35%は生産年齢です。脳卒中は高齢者にのみ影響を与えるものと考えられていることもあるため、この数字に驚く人がほとんどなのではないでしょうか。

前述のように、潜在的な後遺症にはさまざまなものがあり、中には非常に深刻なものもあります。脳卒中に苦しむほとんどの人は、機能的能力の喪失を認識することで生じる精神病理面での問題に苦しむでしょう。これらの変化は、実際には脳卒中の物理的な後遺症よりも、患者を衰弱させる可能性があります。

最も一般的なタイプの感情的な変化

  • 病理学的な感情の変化または病的に笑ったり泣いたりする:これは、前述の身体反応を引き起こす刺激に対し、意味もなく笑ったり泣いたりすることです。
  • 感情面で自制が不可能;これは、感情表現と自制することの難しさを示す、前述のポイントに関連する変化です。感情面における反応は、頻度、強度、および持続時間の点で不均衡または不適切である可能性があります。また、完全に話している内容から外れることもあります。
  • 脳卒中後の倦怠感:最小限の精神的または肉体的な活動に対して強い倦怠感を感じますが、これは、主観的な倦怠感を伴うことがあります。一部の人々はまた、最小限の力を必要とするタスクを始めるのさえ苦労します。
  • 壊滅的な反応:この状態になると、他のうつ症状を発症している可能性があります。
  • アパシー:物事、人、活動への興味を喪失、無関心です。
  • 病態失認:病気に対する意識の欠如です。この特定の症状について最も顕著なことは、障害への感情面における無関心です。
  • 過敏性と攻撃性;非常に一般的な後遺症で、物や人に向けて、口頭または物理的に攻撃的になったり過敏になる可能性があります。
  • 不安やうつ病:あらゆる種類の脳損傷後に起こる非常に一般的な後遺症ですが、脳卒中は常に何らかの機能喪失や能力喪失を伴います。その結果、患者はグリーフプロセスという悲嘆の過程を経験することになり、怪我自体とは無関係にうつ病や不安障害を引き起こす可能性があります。

これらの症状は患者によって異なり、個人差があるため診断が難しい場合があります。しかし、医療システムは、脳卒中患者の後遺症への検出と介入をタイムリーかつ確実にするために、適切な手順を行う準備を常に整える必要があります。

脳卒中後の二次的な行動の変化

  • 社会的行動の変化:これは最も一般的な後遺症であり、残りのすべての後遺症を網羅します。患者の近くにいる人が、性格や特性、そして他人にどう接して他人をどう扱うかなどの面から、患者がこれまでとは同じではないことに気付く傾向があります。
  • 幼稚症:子供のような無責任で素朴な行動をとる傾向があります。
  • 柔軟性の欠如:もう1つの主な後遺症の症状で、すでに決まっている計画を柔軟に変更できないことを意味します。作業記憶の減少または不足がこの症状を引き起こす可能性があります。
  • わがまま:脳卒中患者は自己中心的になることがよくあり、他の人の立場に立つことができません。

適応的な社会行動には、他人の視点を理解する必要があります。この能力は心の理論と呼ばれます。この能力の欠如または低下は、周囲の人々やそのニーズを理解できないことを意味し、明らかに他者との関係において多くの問題を引き起こします。

脳卒中が原因で起こる感情と行動の変化


脳卒中が原因の変化に対処することの重要性

ご覧のとおり、感情と行動の変化は脳卒中への自然な反応ですが、これらの後遺症が患者の回復に悪影響を与える可能性があるのです。リハビリ過程を成功させるためには、良好な態度とモチベーションを保つことが不可欠です。患者が協力的で、必要なこと自ら行うことで、回復がはるかに速く良い効果が得られるものになります。

そのことを念頭に置いて、患者が神経心理学リハビリテーションと神経学リハビリテーションを受けるのが理想です。患者とその家族は、これらの感情と行動の変化が回復の障害にならないように、心理面への十分な注意を払う必要があります。

結論として、患者の家族や主な介護者が患者の精神状態や感情を認識することも重要です。脳卒中患者のケアを行う時には、それに圧倒されてしまう可能性があるため、介護者の心理面での健康に影響を与えることがよくあります。患者を介護する人たちが健康で、必要な情報を確実に得られる状況にあることが、自身の幸せと脳卒中患者の幸せのために重要です。

誰かのお世話をする場合には、まず自分のケアを行うことが最も大切で良い方法です。海外のことわざにあるように、空のカップから何かを注ぐことはできないのです。