望まない孤独に対する7つのススメ

· 2018年9月13日

孤独は良くも悪くもあります。どのように受け止めるか、どのように過ごすかによります。私達は皆、時々一人になりたいと思うことがあります。それは必要なことで、良いことです。しかし、悲しみや放棄が元となった孤独もあります。私達は社会的な生き物で、長い間一人でいることは容易ではありません。

そんな時役に立ち、人として成長するための7つのススメを紹介します。

望まない孤独

「ネガティブ」な孤独にもいろいろあります。自分が役立たずだと感じたり、独りぼっちで寂しく感じる上に、状況が変わるという希望もあまり感じられないことがあります。このような時、孤独が何かの罰だと捉えてしまいます。望まない状況であり、不公平な罰です。

望まない孤独は、心と体の両面で健康にネガティブな影響を与えます。孤独は孤立とは異なります。一言で一人でいると言っても様々あり、それぞれ利点と欠点があります。

孤独のカタチとは?

生活の忙しさや騒音、群衆から離れることも孤独です。祈りや集中のために必要なことで、「自分を養う」ことになります。

これは私達に必要なタイプの孤独です。上手く利用することで大きな効果が得られます。しかし、自分では望んでいなかった孤独もあります。私たちに押し付けられた孤独です。この場合、人に囲まれていても孤独を感じてしまうことすらあります。

丘の上の男性

心理的孤独の悲しみ

心理的孤独は一番つらいタイプの孤独かもしれません。病気になったり、自殺を選ぶことさえあります。人と深い関係をもてないという思いから孤独が生まれることもあります。信頼できる友達や家族がいない場合です。

人は孤独になりやすい生き物です。40歳になる頃、孤独を感じる人が増えるという研究があります。子どもが巣立ち、退職を考える頃に増えるのです。子どもが家を出た後、空の巣症候群になる可能性もあります

年を重ねてから感じる孤独もあります。身の回りのことを一人でこなすのが難しくなる頃です。しかし、それを受け止め上手く対応できると、より豊かな日々を過ごすことができます。

海と女性

孤独と向き合う7つのススメ

生活を組み立てなおす

今の自分(独身、未亡人、退職後、子どもがいない等)にあった生活に組み立てなおしましょう。状況が変わり、主婦や社員だった時のストレスの多い日課がもう自分らしくないと感じるなら、それを止めましょう。日課を更新する時です。

スケジュールを決める

就寝や起床時間を決めましょう。「野放し」な生活にならないようにしましょう。スケジュールを決めることで安定感が得られます。早く起きなくてよい日も、ベットで過ごすことはやめましょう。スケジュールがないと、気分が落ち込んでいくだけです。

同じ時間に食事をとる

できるだけ、同じ時間に食事をしましょう。量は少なくても、夕食は毎日取りましょう。適当にお腹がすいた時に食べるのはよくありません。体の健康と心の状態に影響します。不調が不調を呼び、不安へと変化します

外を見る男性

自分のペースを作る

その場の気分に流されないようにしましょう。「退屈だ。シャワーを浴び、着替えるのが面倒…ソファに寝っ転がって、電話がかかって来たり、気もしない来客を待つことにしよう。」自分のやるべきことのリストを見て、その日にすることを見つけましょう!

満足感のある活動をしよう

家に庭があれば、土をいじりましょう。庭の手入れをしましょう。しなければいけないことは、きっと見つかります。庭がなければ、室内で植物を育てましょう。または、家を掃除したり、整理整頓、皿洗いなど…気晴らしになって忙しくいられる活動をすることは健康的です。

「暇つぶし」を止めよう

時間を満たす何かが必要です。意味のあること、楽しいこと、自分が成長できるようなことをしましょう。お金がないと文句を言ってはいけません。お金持ちの人も暇になります。自分の好きなことを見つけ「夢中に」なりましょう。

ギアチェンジ

変化させましょう。習慣を変える、何かを加える、一緒に行く人がいなくても映画に行く、外食する、旅行に行くなど変化させましょう。

孤独との付き合いは自分次第です。一人で生きることは、一人でいることや孤立とは違います。孤独に悩む人は、ぜひこのススメを活用してください!