落ち込むことに罪悪感を感じないこと

· 2019年4月24日

笑いたくなければ無理に笑わなくてもいい世の中になれば、どんなに素晴らしいでしょうか?全世界に向かって、「今日はどこにも出かけたくありません。誰にも会いたくありません」と宣言できたらどんなに気持ちがいいでしょう。一人っきりで過ごしたいと思う時も時々ありますよね。私たちは、気分が落ち込んでいるときに、お腹にあの嫌な重りを感じることなくもっと簡単にそれを伝えることができたらいいなと望んでいます。つまり、罪悪感を感じることなく、という意味です。

一番理想的なのは、あなたの願いを他人も受け入れてくれて、あなたが再び「営業中」のサインを点灯させた時に戻ってきてくれることでしょう。文句もお説教もなしに。時々は一人で横になって休んだっていいですし、強さを奮い立たせて新しい自分として再び起き上がれば良いのです。

特に全てが順調に進んでいる時期に感謝の気持ちを持つためにも、何もうまくいかない悪い日々というのも私たちには必要です。その比較と対比の魔法は、私たちがしっかりそこに注意を払っていれば実にたくさんのことを教えてくれます。なぜなら、バラにはトゲがあるのだということをただ知っているだけでは不十分だからです。トゲの避け方やトゲによって自分たちが傷つかないように手入れする方法も学ばなければいけないのです。

涙を流す女性

落ち込むことに罪悪感を感じる

気分が落ち込んでしまうのは、皆さんが考えているよりも一般的なことです。人生において全てが完璧というわけにはいかないのです。ここで問題になるのが、落ち込んでいることを表に出すことを社会が許してくれない、ということです。実際、そうすることで罪悪感を感じたり批判されていると感じてしまうのです。

もしあなたが悲しいと言ったら、周りの人はあなたが変わり者だと感じるでしょう。そしてあなたは自分が役立たずだと思われているように感じてしまうでしょう。しかしそこで別の人たちがあなたに同情して励ましたり一緒に出かけようとします。人が落ち込んでいるのを見ていられないのです。それはあまり心地よいものではありません。だからこそ、それを隠そうとします。

おそらく誰かが悲しんでいるのを見ると、自分自身が同じように感じていたときのことを思い出すのでしょう。悲しみは隠しておくべきだ、とされる社会においては、これを受け入れるのは簡単ではありません

しかし気分が落ち込んでいるならそれを隠すべきではありませんし、少なくともそのことに罪悪感を感じる必要はありません。これは人生の一部なのです。不調な時期というのは存在するものですし、起こってしまったものは仕方ありません。それに、見かけほどは私たちを傷つけないものです。単に自分にとって何が必要なのかを伝えてくれるために存在する時期なのです。ですので気分がすぐれない時に自分自身に耳を傾けることが大切になります

心の中で感じていることとは別の行動を自分に強いると、とても疲れます。作り笑いをしていると強さが次第に失われてしまうのです。しかし、感情を表に出せば、それを克服することができます。そしてこれを必要なこととして受け入れられれば、きっと罪悪感もそんなに感じずに済むでしょう。

最上の避難所:あなた自身

不調な時期に最適な避難場所は、あなた自身ですひとりきりで過ごすという意味でも、誰かとともに過ごすという意味でも最適なのです。その誰かとはあなた自身のことです。そうすれば罪悪感を感じずに感情を爆発させられますし、自分自身に手を差し伸べることもできます。

あなたの中の照明を点灯できるような場所を見つけ、その電球に何が起こっているのか見てみてください。そして修理して再び明かりを灯してみてください。あなたがその日1日閉店中だということを示すサインを掲げられるような場所を見つけておきましょう。

涙を流す女性

自分の感情があなたに何を伝えようとしているのかしっかり耳を傾けてください結局、外出して何事もなかったかのように振る舞っても何も良いことはありません。それでは、感情が警告音をより大きく鳴らして修復がもっと困難になってしまうでしょう。

自分自身を抱きしめてあげてください。悪い感情を、しっかりと感じて理解するためだけに吐き出してきましょう。自分自身に時間を捧げてやることは必要不可欠なことですし、それによって罪悪感を感じる必要もありません。

世界には勝手に回転しておいてもらえば良いのです。十分な強さを得た時にあなたも起き上がることができるでしょう。プレッシャーを感じる必要はありませんよ。