沈黙を罰として使用する時

· 2018年2月3日

時々、私達は沈黙を罰として使用することがあります。会話を止めることは、多くの人にとって怒りや拒否、非難を「表現」しているのです。この方法は、誰かの意見を変えたり、問題を解決する為にどれだけ効果的なものでしょう?誰かが憤慨している時、この沈黙という決断にはどういった意味があるのでしょうか?

誰かと話し合いや交渉を始めるのは簡単ではありません。特に、解決不可能な争いの場合はとても難しいものです。しかし、人は直接的に問題を指摘する代わりに、話すのを止め、そこに新たな緊張を加えます。解決していない問題の上へ、さらに害に成り得る要素を生み出すのです。

「話してください。そうすることで、私はあなたが見えます。」-ソクラテス-

多くの人が対話による解決を望んでないにしろ、このような事は起こります。この行動の本意は、相手を自分の視点に立たせることです。彼らは罰として沈黙を使用するので、使用された相手は譲歩してしまうのです。結局、これはとても幼稚な行為です。最悪なのは、これが何も解決させないことです。それはただ自分達のエゴを満足させるだけなのです。

顔をひっかく女性

沈黙を罰として使用する理由

口論や議論の際に、自分の意見を守る為に沈黙することがありますが、実はこれはとても有効な行為と言えます。沈黙が与えるのは罰です。言葉がないという非難を相手に理解させるということです。では、沈黙を通したコミュニケーションが有効なのはどんなときでしょう。以下がその例です。

  • 侮辱をしたり、されたりする口論に力を注ぐより、黙っていた方が簡単。
  • 相手が話を聞かない。どれだけ質問したり、意見を言っても相手は聞いてない場合があり、そんな相手には黙っているのが一番の方法。
  • 相手が自分に謝る必要がある場合。相手が自分に何かをした、または言った時は相手が謝ってくるまで、喋るのを止める。
  • いつも同じような終わり方をしてしまう場合。相手に自分は諦めないという意志があることを理解させる。

このようなケースを切り抜けるには、沈黙は一番良い選択肢となります。また、もう一つの理由として、言葉は効率的ではないという考え方もあります。話すことを止め、罰とすることで、相手は自分達の態度を改めることがあるのです。

沈黙を罰として使用するのは攻撃的なこと

沈黙は様々な意味を持っています。中には暴力的な意味の場合もあります。話すのを止めることは、受動的攻撃行動をとることなのです。これにより、ほのめかす程度に相手に暴力的になれるのです。また、多くのケースで、このような間接的な方が、直接的な攻撃性より有害になる場合があります。これは、沈黙が相手にとってあらゆる解釈の出来るものへと変化する為です。

唇に指をあてた女性の横顔

沈黙を使用する人には明確な理由があります。また、彼らは、こういう結果であるべきというような明確な期待も持っています。しかし、そのような思いを持っている人達に聞かなければいけない質問があります。あなたは本当に相手がその沈黙の意味を理解しているという確証を持っていますか?本当に会話を止めるという攻撃が、相手の意見を変えたり、自分の意見を通す最適な方法だと思っていますか?

沈黙は相手と自分の間に距離を生み出します。基本的に、距離はお互いの理解や絆を強めるには邪魔なものです。そして、やがて沈黙は関係の中に溝を作ってしまうのです。

もちろん沈黙はしばらくは効果があります。相手が沈黙という罰に反応し、謝罪したり、変化を約束したり、あなたの言う事を聞いてくれるのです。しかし、それを長期間行うことで、大きな怒りを生み出すことになってしまいます。沈黙が、争いや問題の全てを解決することは至って稀なことなのです。

沈黙の健康的な機能

もちろん、沈黙が正しい選択になることもあります。例えば、怒りは私達を大袈裟にして、自分の感じている事や思っている事を伝えるよりも、相手を傷つけることに固執してしまいます。こういったケースでは、落ち着きを取り戻すまで黙っている以外に良い方法はなく、とても賢い選択なのです。

しかし、先ほども述べたように、沈黙で誰かに罰を与え、降伏させるのはあまり良い結果をもたらしてくれません。時には、相手を傷つけることなく、怒りや激しい感情に立ち向かわなければいけないこともあります。その場合、沈黙は良い方法ではなく、お互いの理解を深める方法を探すのが良いのです。言葉の欠如は相手が譲歩することに繋がるかもしれません、しかし、それは争いが消えたという訳ではないのです。また、必ずしも、相手が譲歩するとは限りません。そうなると争いはさらにエスカレートしてしまいます。

水辺に一人で座る女性

本当に必要なことは、その対話の為に相手と良い状態を作ることかもしれません。違う方法で、意見の不一致を表すことも出来ます。いつもよりフレンドリーに接することで、相手とのコミュニケーションが復活することもあります。自分の気持ちに正直になり、相手の気持ちを決めつけず、心から思いを込めて話すことは、一番のコミュニケーション方法です。ぜひ、あなたも試してみてください。