臆病という芸術

· 2018年6月26日

あなたは臆病者と断言できる人を知っていますか?そのように説明できる理由は何ですか?この考えを正当化できますか?職場や、私たちの家族、または私たちの友達のグループ。 。私たちは近くにいる人に臆病者というレッテルを貼ることができます。臆病は人間の本質的な特徴の一つです。それを批判的判断してレッテルを張ってしまうことが良くありますが、場合によっては適応戦略であることを私たちは忘れてしまっています。

振り返れば、疑問を抱いた瞬間が何度も、誰にもあったでしょう。私たちがそのような状況で違った行動を取った場合、結果はどうだったのでしょうか。おそらく、このような状況を分析していくと、「臆病」が多くのこういった疑問の背後にあることがわかります。

臆病は恐怖と順応主義と強くかかわっています。それらは分離不可能です。その背後に恐怖がなければ、それは臆病ではありません―おそらく慰めを欲しているだけで、臆病ではありません。あなたは様々なレベルで臆病者になり得ます:感情レベル、行動レベル、または認知レベルにおいてでさえです。

臆病者は規則の下で避難所にいる人

Jean Paul Sartre

何が臆病者にするのか

臆病を示すいくつかの方法があります。最も明白なものは行動に反映されたものです。私たちが感じたり考えたりすることができるものを超えて、状況が私たちにある行動を要求しても、その行動をしない瞬間があります。これは麻痺状態の、不安がもたらす 「反応なし」の状態です。これは、最も知られている最も目に見える形の臆病です。私たちはそれを他人や自分自身でも簡単に認識することができます。「あなたを愛している」「私を独りにして」「いや、それはあなたの仕事だから、あなたがやってよ」などの言葉を言えない状況です。

カップルが話している

私たちは、何度不幸な考えと向き合う代わりにそれを無視してきたでしょうか?私たちはまた、思考の臆病者になることもあります。もしかしたらそこには、私たちを悩ませたり、私ちが恐れたりする考え、状況、または記憶さえあるのかもしれません。そしてそれを処理する時間を取る代わりに、私たちはそれを右から左へ流そうとします。それが私たちの胸につっかえているのを知っているのにもかかわらずです。他の人がそれを持ち出すと、私たちは避けたり、話題を変えたり、無関心なふりをしたりします。

臆病者は、保全の本能が今でも正常に働いている人物だ

-Ambrose Bierce

最後に、感情的臆病というものがあります。彼らは苦しまないために、感じないことを選びます。彼らは感情を厄介な問題として見て、取る解決策はそこからから逃げることです。他の人はそれを理解できないかもしれませんが、恐れ、悲しみ、愛情、怒りから逃れる人たちには理由があります。これは過去の関係での困難の経験、幼児期のトラウマが共感を表現することを困難にし、あるいは大人になって悪い経験をして制御を失う恐れがあることが原因である可能性があります。

なぜ私たちはこのように行動するのか

臆病なのが私たちであれ自分の知り合いであれ、臆病の気持ちは、理解不足、失望、そして怒りにつながる可能性があります。なぜ私たちは臆病な方法で行動するのでしょうか?「勇敢」にも「臆病」にも、共通する同じ答えがあります。私たちの勇気の大部分は、私たちが受けてきた技術と訓練の数と質に関係しているのです。

2つの臆病者しかいないことが明らかになりました。後方に逃げる者と前方に逃げる者です。

エルネスト・マヨ

巨大な手で掴まれた女性

恐れは誰もが共有する感情です。しかし、臆病は態度です―恐怖に直面したときに私たちが取る位置です。あなたは恐怖に直面した状態でも行動することができ、それは論理的で人間的です。私たちが感情を管理し、バランスの取れた方法で対応するために取り上げたツールは、私たちを助けることができます。問題を解決し、別の選択肢を生み出し、何らかの形で行動を導くための戦略を立てることができます。

全体的に臆病は、自分自身であろうと他の人々であろうと、私たちみんなが対処しなければならない要素です。私たちが共感し、臆病を誘発した原因を(支持するのではなく)理解しようとしたら、きっとうまくいくでしょう。恐れがある場合は、学習ツールを開発し、他の人の意見を聞き、反映し、恐れを共有し、克服するために自分自身を鍛えればいいのです。

職場で、個人的な関係で、あるいはあなたを怖がらせる活動でさえも、臆病との戦いです。物事は黒や白ではなく、全か無かの法則だということを忘れないでください。すべてにステップがあり、少しずつ、私たちは臆病な考え、行動、感情を置き去りにすることができるようになります。