おなかの痛みとメンタルヘルス

2019年1月17日

不安症とストレスは、生理学的な不安定を生み出す精神的な問題です。このアンバランスは、腹痛などの様々な形で現れます。そのため、日々の不安値を制御する事にはメリットがあります。これは、そうすることが全体的な幸福感を向上させるとても良い方法だからです。

心理的なレベルで起こることの全てが、肉体的なレベルでも影響を及ぼします。だから、精神的なバランスを保つことは、いかなる不快感を避けるうえでも基本的なことです。日々の問題は避けようがありませんが、穏やかな状態を維持し、問題によって落ち着きを失うようなことがあってはいけません。

世界保健機関(WHO)は世界銀行との合同プレスリリース、「Investing in treatment for depression and anxiety leads to fourfold return(訳:鬱と不安症の治療への投資が4倍の利益をもたらす)」の中で、世界的に精神障害が増えているということを示しています。

「人権に関する緊急事態や今も続く対立によって、治療の選択肢の拡大を迫られている。WHOの推測では、この緊急事態の中、5人に一人が鬱や不安症に悩まされている。」

-世界保健機関-

1900年から2013年までの間で、不安症や鬱を発症した人は50%増えました。別の言葉で言えば、今日6億1500人のひとがこれらの精神的病気を患っているかもしれないということです。

頭痛
優先されるべきメンタルヘルス

アーサー・クラインマンは、ハーバード大学の医療人類学・精神学の教授であり、メンタルヘルスにおける世界的な専門家です。社会的な苦しみやメンタルヘルス関連の様々な研究を行ってきました。

メンタルヘルスは、大きな健康問題となっています。「治療の拡大、心理社会的カウンセリング、抗うつ剤の予測費用は、1470億ドルに上ります。しかし、費用を上回るメリットが考えられると報告されています。

「最も必要としている人やその人の住むコミュニティーに治療を提供しなくてはいけません。それができるまでは、メンタルヘルスは人々や経済の潜在性を陰らせ続けます。」

-アーサー・クラインマン-

こういった意味で、WHOは世界的な規模でメンタルヘルスサービスを拡大することが重要であるとしています。結果、異なる社会経済レベルのすべての人の幸福を確保することができます。

WHOは、国際連合総会によって承認された「持続可能な開発目標」は、2030年までに非疫病死の3分の1を減らすことを提案しているとしています。精神的疾患の防止と治療を促進することでこれを可能にする計画です。

腹痛を治癒する

腹部の痛みは、耐え難いものです。これに苦しんでいるなら、不安値を下げることをお勧めします。これこそ症状の原因となっているかもしれないからです。恒常的な症状がみられるようであれば、原因と正しい治療を特定できる専門家に相談するのが得策です。

一般的に、不安症は消化不良やお腹の痛みを引き起こします。おなかの痛みは、日々の混沌の中、体に影響を及ぼす不安と生きている明確な証拠です。

「メンタルヘルスは、世界的な人間的・発展的優先事項であるべきだ。すべての国において優先しなくてはいけない。」

-アーサー・クラインマン-

痛み

腹痛が慢性的になると、大惨事になります。寝れなくなったり、消化システムが機能しなくなったり、精神がネガティブな思考に傾きます。

不快感を感じ始めたら、専門家の治療を受けるのが一番です。端的に言えば、お腹の痛みや他の慢性的な病気は、問題を特定するための評価が必要であるという警告です。

この肉体的なアンバランスは、体のすべてのシステムに影響を及ぼします。幸福感に影響を及ぼす不快感を生み出します。おなかの痛みは、人生の何かを変えるべきであるという合図です。変化を起こさなければ、つらい健康問題に苦しみます。