大人になって学校に行く決断をした人に7つのアドバイス

04 2月, 2020
大人になって学校にもう一度行こうという決断をするのはとてもいいことです! この決断を応援するため、7つのアドバイスをご紹介します。
 

学校にもう一度行こうと考えたことはありますか? 何か新しいことを学びたいから、単に学校に行きたいからなど様々な理由があるでしょう。人は学習し続ける生き物ですからね。

大人になって学校に行くという決断は、悪い決断でもなければ失敗を意味する訳でもありません。17歳の時、将来何になりたいかを決めなければなりませんでした。しかし10代の自分は、現在の自分が20年後30年後どうなっているか分かるほど賢かったでしょうか?

だからこそ他の分野に興味を持って、学校へ戻る人がたくさんいるのです。仕事を変えるためという人もいれば、楽しむためなどにそうする人もいます。モチベーションは何であれ、学生として新たな生活を始める前にこの記事をチェックしてみてください。

大人 学校
Senior student in class

 

学校に行くには年齢がいきすぎている?

学校に行くのに年齢は関係ありません。人間は常に学び続けます。あなたが若かった頃よりも、今は選択肢が多くあります。また、あなたの選択したものに関しより多くの情報があり、何を学びたいかを選ぶのにより多くの人生経験を積んでいますし、以前より多くの科目があり、さらにオンライン授業は学校に戻るという選択をしやすくしています。

この意味で、次の点に気を付けるといいでしょう:

  • 試行錯誤し学び、継続すること
  • 授業でのノートの取り方を学ぶこと
  • 特にオンライン授業の場合、継続するためのガイドラインを利用すること
  • 学生の間、積極的に本を読み、テクニックを覚えること

学生でない期間が長いと、その感覚を忘れ、簡単に学生生活に戻れない場合もあります。また、ある年齢に達すると、幼少期や思春期のような学習能力がなくなります。

大人 学校

 

大人になって学校に行く決断をした人へ

学習を継続することはどんな仕事にも欠かせません。必ずしも大学に行くことが必要とは限りません。あらゆる訓練コースもスキルの向上に役立ちます。大切なの自分の能力を高めることで、自分の専門性を再利用するようなものなのです。

 

仕事や専門性、自分の楽しみ、新しいことを学びたい、知識を増やしたいなど理由は様々ですが、そのプロセスをより楽にする7つのアドバイスをご紹介したいと思います。

自信

人は年齢と共に人は自立しますが、自分を信用する責任感も高まります。学校に行くことは、多くの人にとって簡単なことではありません。ですので、自分の力を信じることが必要です。しかし、自信が傲慢に変わらないように注意しましょう。

先入観

先入観をできる限り頭から離しましょう。教室には様々な年齢の人がいます。年を重ねた後で学校に行くことはネガティブだと未だに考える人もいます。誰かとこのことについて話してみましょう。

「ハングリーであれ。愚か者であれ。」

-スティーブ・ジョブズ-

モチベーション

モチベーション、自分はできると信じることが絶対に欠かせません。学校に行くことを決めたのであれば、自分の決断は正しかったと信じ、その経験を最大限に生かしましょう

計画

大人になって学校に行くのであれば、注意深く人生設計をする必要があります。例えば、家族や仕事などで今までになかった作業が出てくるかもしれません。ですので、自分の限界を知り、現実的に計画を立てましょう

勉強の習慣

少しずつ、勉強の習慣に戻ることができるでしょう。勉強が日々のルーティンになるまで、時間をかけて小さな挑戦を乗り越えていきましょう。

大人 学校

 

選択

何を勉強するかを決める際には、正しい選択をする必要があります。自分には何が必要か、この教育から何を得たいか考えましょう。求めているのは専門的な成長ですか? 人生における新たな挑戦でしょうか? それとも何か新しいことを学ぶのが目的ですか?

これらの質問に答えを出すことで、自分のやりたいことを理解し、正しい選択をするのに役立ちます。選択肢が多すぎると逆効果でモチベーションに悪影響を与えるため、決断の先延ばしは避けた方が良いでしょう

 

サポートを得ること

家族や友達の力を借りましょう。自分にはできないと感じる時が来るかもしれません。人からのサポートは良い力になります。

とにかくやってみましょう! 学校に行くには遅すぎるなんてことはないのです

 

C. Franco, Isabel, (2017). Volver a estudiar en la edad adulta: técnicas y consejos, España: Amazon.