思春期の巨人:10代が直面するチャレンジ

· 2019年5月21日

ダビデとゴリアテは、他の人が巨人の存在に震えているときに10代の若者がその巨人と向き合う話です。この話は、思春期の比喩ともいわれます。市民は、巨人を恐れ、直面することから逃げる大人を表します。一方で、ダビデは、それを望むかそうでないかに関わらず、巨人と向き合わなければならないティーンエージャーを表します。

思春期は推移と変化の時です。あなたの子どもがこれを通り抜けられれば、世界と向き合い、与えられたものに対応する準備がより良くできた大人、本質的には、人生を楽しめる大人になります。しかし、まず、いくつかの巨人と向き合わなければなりません。

「思春期は子どもと大人の活用者だ」

-ルイスJ.カプラン-

 

体という巨人

これはもっとも大きな巨人のひとつです。ティーンエージャーは、身長、大きさ、体重、筋肉において大きな変化を経験します。また、内臓も成長し、第一次・第二次性徴が見られます。

これらすべての変化が非常に短い時間で起こります。彼らが扱いにくく、不安を感じるのは、これが理由の一部になっているのでしょう。体が新しく、おかしいと感じ、それに慣れるためには、時間と忍耐が必要です。

現代、前思春期のほとんどの子どもに、性教育の機会が与えられ、性やこれから起こる変化について学びます。親が、これに関し話す時間をとることも大切です。親から情報やアドバイスは受けられないと子どもに感じてほしくはないでしょう。

この巨人には、体とホルモンが関わります。巨人と向き合うことは、セルフイメージや理想の愛を理解し、失望することを意味します。10代の子ども特有の強烈な恋に落ち、また、失恋を経験するでしょう。

10代の子どものチャレンジ

 

自己概念の巨人

思春期に、子どもはアイデンティティの危機を迎えます。どんな方法でも、アイデンティティを確立しなければならないニーズを感じます。その定義には、自己概念や価値観が含まれます。自分の価値観を信じることが難しい状況が存在することも学ぶでしょう。

ティーンエージャーは、アイデンティティに関する大きく3つの側面と向き合います。

  • 職業的アイデンティティ:自分が向かう仕事や専門性
  • 社会的アイデンティティ:周りに置きたい友達や人
  • 性的アイデンティティ:男性や女性としての役割や性的嗜好

人生のこの時期に、子どもは先生や兄弟、仲間に質問したり、問題に関し話し始めます。親として、それを理解し、尊重することが重要です。家では開放的な雰囲気を作り、あなたに怒られたり、詰問されたりしなければ、子どもは安心することができます。子どもが話したいと感じる時に話を聞いてくれ、できる限り助けてくれると信頼してくれるでしょう。

「子どもが、自分はどこからきたのか聞くのを止め、どこに向かうか話し始めた時、子どもは成長していると言うことができる」

-匿名-

 

家族という巨人

これは、難しいものです。子どもが反抗し始めると、自分は子どもを「失った」と言う親はたくさんいます。ティーンエージャーは、長い間、聞かなかった家族や家に関する質問をしたり、口論することもよくあります。

子どもは、まだ家族の家に住んでいますが、自立へ向けて大きな一歩を踏み出そうとしています。どんなにそれを避けようとしても、挑戦や間違いと共に自立します。親の要求にただ従う所から変わろうとしています。世界の自分の居場所を探しているのです。

それを助けたいのであれば、忍耐強く待ち、子どもが戻ってこれると感じる安全な環境を作りましょう。自分は子どもをきちんと育てたと信じ、自立を尊重しなければなりません。責任を与え、物事の対処の仕方を見出すことができると信じましょう。

「若者はいつも同じ問題を抱える。それは、反抗的でいると同時に、順応的でいるには、どうしたらよいかというものだ」

-クェンティン・クリスプ-

思春期の巨人と戦う親子

 

友達という巨人

思春期において、友達は極めて重要です。友達も大人の世界に疑問を持ち、同じ変化を体験しているため、共感できるのです。疎外感を感じず、笑われるかもしれないと思わずにオープンに話すことができます。10代の友達は熱情的です。実は、大人への親しみの基盤を敷くのに役立ちます

ファッション、音楽、政治など、思春期は影響を受けやすく、トレンドに従う傾向があります。友達がとても重要なため、自分の意見や性格を犠牲にすることもあります。流れに沿って、自分の意見を心にしまうことがあります。これにより、アイデンティティ問題が生じることがあるのです。

気を付けるべき危険な行為

社会的圧力により、10代のグループに薬物乱用が広まりやすくなります。「ゲームのルール」に従わない人を孤立させたり、拒絶する力が集団にはあります。内気な子どもは、ここで問題を抱えたり、依存しやすくなる可能性があります。集団に属することで「勇敢」にもなりますが、自分のためにあまり考えなくなることも意味します。プレッシャーに押され、自己責任感を失う可能性があります

親として、人と関わる時に必要なスキルを教え、良い人間関係を促しましょう。友達の家に行かせたり、家に友達を呼びましょう。

子どもの友達を知り、自分の子どもは賢く友達を選ぶと信じることも重要です。最後に大事なことは、子どもの友達が危険な行動をしない限り、あなたがあまり好きでなくても、寛容でいることです。

「集団に属したいというニーズと自己としてユニークにみられたいというニーズの葛藤は、思春期の大きな苦しみである」

-ジャンヌ・エリウム-

思春期の巨人と戦う

ダビデはゴリアテに一人で向かわなければなりませんでしたが、あなたの子どもは違います。あなたが、子どもや自分を信じ、この戦いやその他に関して子どもを助ける道具をもっていると信じることが重要です。