ピアジェに学ぶ子どもの認知発達

2018年4月28日

ジャン・ピアジェは子どもの認知発達の研究には欠かせない存在です。彼は生涯を子どもについての研究に捧げました。そして、発達の中にある秘密を調べる為に自身の子も研究対象としたのです。また、彼はレフ・ヴィゴツキーのように、構成主義の父の一人としても有名です。

彼の唱える子どもの認知発達理論は4つのステージに分類することが出来ます。彼はこれを考案し、幼児の一般的な発達を説明出来る理論を追い求めました。

この理論は一般的な発達の理論として受け入れるには、評価されていない面が多く存在しますが、彼の分類は人間の幼少期における論理的算術能力がどのように発達するのかを理解するにはとても役立つガイドとなっています。

子どもの認知発達におけるステージ

多くの心理学者は、発達は新しい態度や認知のプロセスが生まれて蓄積することによって起こる現象だと考えていました。

一方、ピアジュは研究を終えた後、発達は急に大きく変化するという考えを基に発達理論を描きました。これは、子どもは能力を蓄積していくが、遅かれ早かれその蓄積は考え方への大きな変化となるという理論です。

ピアジェは幼少期の認知発達を3つの段階と1つの補足的な段階に分け、最終的に4つの段階へと分類しました。その段階は(A)感覚運動段階、(B)前操作段階、(C)具体的操作段階、(D)形式的操作段階から成ります。

感覚運動段階

この段階は生まれた時から2歳までの期間を表し、言語の出現に繋がります。また、これは子どもの反射能力に特徴付けられた期間です。

この時期の子どもは、その子の知覚能力と運動が結びついていることを基に出来ており、子どもの中には何をするか、何を食べるか、そして、母親の注意を引くなどの実用的な考えしかありません。

そして、この期間を通して子どもは少しずつ自分の環境の出来事を一般化し、どのように世界が動いているのかという考えを持ち始めます。

このような考えが交差し始めることで、子どもは物体に対する永続性の概念を身に付け、物体は自分にとって外的要因であることを理解するのです。

この考えが発達するまでは、子どもにとって、見えないもの、聞こえないもの、そして触れないものは存在していないと捉えられています。

また、この段階の終盤には言葉が現れ始めます。そして、この幼児における言語の出現は認知能力の大きな変化を意味します。

これは基本的に考えを通した概念を表現する能力の機能と共に現れます。そして、子どもは純粋な実用的考え方から特徴のあるレベルの考え方へと変わっていきます。

前操作段階

これは2歳から7歳での段階で、子どもは自分の考えを表現する能力を用いて活動し始めます。

特徴のあるレベルの考え方を持ち始めていますが、まだ大人とは違う考えを持っており、「自己中心的」な面があるのです。

子どもが「自己中心的」なのは、彼らの考え方が文字通り「自分を中心に考えている」からで、彼らは肉体的なことや心理的なこと、そして主観的ことや客観的なことの区別が出来ません。

子どもは自分の主観的な経験が全ての人に同じように起こっていると考えているのです。そして、これはこの子どもの心の論理に対する能力がまだ足りないことを示します。しかし、4歳頃からこの自分中心の考えを失い始め、心の論理が発達していくのです。

前操作段階

この段階では問題もよく起こります。子どもはこの世界が変化し続けていることを理解できないのです。状態は理解することが出来ますが、物質の変化はまだ理解出来ません。

例えば、グラスに水を入れた後に細長い別のグラスにその水を移し替えると、子どもは水が増えたと感じます。彼らは何かを変えても既存の量が変わらないということを理解出来ないのです。

具体的操作段階

この段階は7歳から11、12歳頃の年齢を指します。この段階では、子どもは感覚的な自信を管理出来るようになります。そして、そこには何かが形を変えても量は変わらないという概念の発達が見られます。

また、知覚したデータと関係の無い分類の論理を構築することが出来るようになります。例えば、加える代わりに取り除くなどの可逆的な変化を理解するのです。

もう一つの重要な点として、実際に目的が無くても、自分の行動を特徴のある考えを持って行うことが出来るようになります。

しかし、彼らが行動や論理を制御できるとしても、それは子どもと密接な関係のあるものに限ります。自分の知らないことや知覚を通して得た知識以外のことは論理化出来ないのです。

形式的操作段階

これは彼の唱えた発達理論の最終段階で、子どもが認知的なレベルで大人になる段階です。この段階では科学的な思考が得られる特徴があり、存在する物事を理由を持って考える能力に加えて、可能性についても理由と一緒に考えることが出来ます。

飛行機の羽を付けた少女

仮説や実証をする能力がこの段階の特徴であり、子どもは自分の実証方法を持つので、実証されていない意見は受け入れなくなります。

また、子どもは新しい知識や知性を養うツールを手に入れ、そのツールは社会に存在する大人と共に発達していけるよう助けてくれます。

しかし、この時点で子どもはもう急激に大きな変化を経験しなくなります。

精神的な操作はより速く正確になりますが、同じ思考で物事を考えてしまうのです。

今回紹介したピアジェの認知発達論のように子どもは発達していくと思いますか?それとも、全体的に考えるとこの理論は人間の発達を完全に説明するには満たない考えでしょうか?あなたはどう思いますか?