感情的成熟はどの年齢でも起こり得る

21 4月, 2018

感情的成熟は必ずしも年齢とともに来るわけではありません。 世界は、3歳児の感情的な規制能力を持っていても、専門的に成功している大人でいっぱいです。 感情的な成熟は複雑で個人的です。 それは自尊心、共感、そして敬意と関係しています。

一部の人々は、思春期を人生の中で心配のいらない時間―多少ハチャメチャでも許される時間―と考えます。 人々はため息をつくだけで、「ああ、そのうち大人になるさ。まだ若いんだから。」と言います。

私たちは、単に成人の年齢に達することにはあまり意味がないことを忘れることがあります。 成人期は自動的にあなたに感情的な成熟、知識、または正しさを与えてくれるわけではありません。そして間違いに対して免疫ができるとか、不満から守ってくれるとか、人間関係の専門家にしてくれるわけでもないのです。

「成熟は、長期価値のために即座の快楽を延期することを学ぶとき達成される」
-ジョシュア・L・リーブマン-

この大人になることへの誤ったアプローチは、実際には「成熟」という言葉から来るかもしれません。 私たちは皆、脳は成長の特定の段階を経ることであると仮定します。

私たちは、年を取るにつれて脳の各部分が発達していき、前頭前野と呼ばれる完璧で自然の工学偉業の頂点へと達する、と考えがちです。前頭前野は、意思決定、計画、社会行動を司る脳の部分です。

しかし、認知神経科学が説明するように、脳は絶え間なく発展しています。 ジャーナル・オブ・ニューロサイエンスの研究では、脳の白質の多くの関連繊維が成長を止めることはないと説明しています。 これらは私たちの認知課題に関連しています。 しかし、あなたが積極的なライフスタイルを維持し、人生についての興味深い見通しを保ち、周りと交わり続ける時のみこれが可能なのです。

ここで言おうとしているのは、あなたが30歳か40歳になったからと言って、感情的な成熟が自然に現れるわけではない、ということです。脳の柔軟性と効力は、早期の継続的な学習と相互作用に依存しています。

感情的な管理を教えられなければならないのは、幼少期の「陽気な無知」の時です。それが起これば、中年の大人が4歳児のように反応することはありません。

鳥に引っ張られる石像

感情的に成熟しているように見せる

私たちは皆、自分を成熟した、有能で成功したものとして見せます。あなたも他人の前で自分を良く見せたいと思いませんか?社会は私たちにあらゆる種類の能力を身につけることを必要とします。

しかし、社会学者トニー・カンポロが説明するように、この世界は感情的に発育障害のある成人であふれています。

しかし、それは彼らが悪い人であるということではありません。彼らは、幸せになることや幸福を広げることができない人々だ、というだけです。彼らは生産的で機能的な環境を作り出す方法を知らないのです。

専門家によると、これにはいくつかの理由があります。一つは幼児期にその根があります。これについて、現在では専門家もより多くを知るようになってきています。

大抵の人は、何千もの刺激、情報の管理、その補強をしながら育ちます。家庭や学校では、技術を習得し、雇用市場や一般社会のために準備をしなければなりません。この意味では、上手く機能しています。

問題は、私たちは頭をいっぱいにしても、最も重要な能力の一つ、感情的成熟のために脳を鍛えていない、ということです。ここではっきりさせましょう。チームワークや欲求不満を処理する方法を学ばなければ、学習する意味はありません。

心の知能指数が低いままでは、会社社長になろうとする意味がありません。良い仕事環境を作ることや人に共感する能力がなければ、そこには意味がないのです。

木の女性

感情的な成熟は謙虚さと意志を必要とする

感情的な成熟は年齢とともに来ることはありませんが、それは早い時期に奨励することができます。ダメージを伴う過程でもありません。つまり、人生が何であるかを知るために、あるいは強い人になるために、ひたすら逆境を経る必要はないということです。

そこには、標準的なスタートポイントも、共感的で、思慮深く、ハッキリとした態度をとる能力や、問題解決能力を与えてくれる引き金もありません。

「私は沢山の大人に囲まれて生きてきました。私は彼らを親密に見てきました。そして、それは彼らに対する私の意見を大して良くしてもくれませんでした。」

– サン・テグジュペリ・アントワーヌ、ザ・リトル・プリンス –

感情的な成熟は毎日の投資であり、継続的な目覚めです。 そうするためには、習慣や戦略を立てなければなりませんが、意志と謙虚さをもってそれらを実行する場合にのみ働きます。

感情的な成熟の仕方

感情的な成熟度を高めるために役立ついくつかの重要なポイントがあります:

  • 間違いは間違いです。それらから逃げず、ただそれを受け入れ、学んでください。
  • 変化を恐れないでください。成長する助けになります。
  • あなたは宇宙の中心ではありません。しかし、あなたは全体の一部であり重要です。だからこそ、他人を尊重し、自分自身を尊重しましょう。
  • 他の人の感情を認め、実践的な共感を実行してください。ただそれらを理解するだけでは不十分です。あなたが理解していることを示す必要があります。行動が伴わない感情は役に立ちません。
  • 自分を周りから離すことを練習する。何かや誰かがあなたにとって重要になりすぎて、自分を失うことのないようにしてください。決断する、行動する、自由になる能力を守ってください。
  • たまには自分を見失うこともあることを受け入れてください。しかし、あきらめてはいけません。
  • 不平を言い、あなたが好きでないものに集中するのはやめましょう。 何かがあなたを不快または不幸にする場合は、それを変えたり受け入れる勇気を持ってください。
木の傘

成熟とは年齢とともにやって来るのではないことが明らかになったでしょう。そうではなく、20歳、30歳、70歳であれ、これまでの年月のなかで何を生きてきたかによるのです。その場の満足ではなく長期の目標を見据え、自分自信と自分の感情を学んでください。

画像提供:ジョセフィーヌ・ウォール