ポリヴェーガル理論

02 11月, 2020
ポリヴェーガル理論の中で、ステファン・ポージェス博士は、人間には、自分が無意識に知覚する危険の兆候を解釈する潜在意識の中のスキャンシステムがあると主張しています。

私たち人間は、おそらく心と体で起こる無意識のプロセスの多くに気づいていません。ポリヴェーガル理論は、これらの直感的なプロセスの1つを説明しようとする理論です。

私たちは、明白な理由がないのに自分が危険にさらされていると感じる瞬間を経験したことがあるかもしれません。また、自分の周りの人は特に何も困っているようには見えないにも関わらず、自分は脅迫されているように感じたことがあるかもしれません。

私たちは毎日の生活の中で、あらゆる種類の社会的兆候を読み取っています。他の人と交流するとき、無意識のうちに顔の表情、ボディーランゲージ、そして声のトーンを拾い、知覚しています。そして私たちの体と脳がこれらの兆候を解釈している間、兆候と自分の周囲の環境が私たちの持つ自己感覚を研ぎ澄ましていると言えるでしょう。

これらのサインや兆候を通して私たちの体が処理する情報は、自分が信頼するべき人とそうではない人を教えてくれます。私たちは、誰が、または何が脅威になる可能性があるかを解釈してから、それぞれに対応していると考えることができます。

ポリヴェーガル理論

ニューロセプションとポリヴェーガル理論

ステファン・ポージェス博士は、神経回路が自分の周囲で起こる危険の兆候を「ニューロセプション」として読み取ることができるプロセスを説明するものとして、ポリヴェーガル理論を提唱しました。ニューロセプションは、自分の周りの人々や周囲の環境を無意識に探知し、安全であるかまたは脅威であるかを判断します。

これは、自律神経系で起こる完全に無意識のプロセスです。呼吸をする際には自発的な努力が必要ないのと同様に、私たちは自分の周囲の兆候を自動的に認識しています。

周囲を読み取る:スキャン

潜在的な危険に対するこの非自発的なスキャンは、人間が誕生したときから起こります。このスキャンは人間が生存するために非常に重要です。私たち人間の体は、自分の周囲で起こることを観察して読み取り、処理し、それに反応するように設計されています。

赤ちゃんは、危険、安全、または両親との親密さという感情に反応します。この反応は生まれた瞬間から起こり、誕生後の人生においても、無意識のうちに危険や安全の兆候をスキャンして評価しています。

応答進化の3段階

ポリヴェーガル理論の中で、ステファン・ポージェス博士は3つの進化段階を説明しています。この理論は、交感神経系と副交感神経系の間の相互作用は、バランスの問題だけではないという主張です。ポージェス博士は、反応の階層は自律神経系の一部であると考えており、応答は3つの段階で発生すると主張しています。

  • 不動化:最も基本的な段階です。危険の兆候に対する不動化反応には、迷走神経が関与します。神経の背側部分は、極度の危険の兆候に反応すると、完全に動かなくなります。これはまるで、副交感神経系が全速力で活性化し、体の反応が私たちをその場に凍らせるかのようです。
  • 可動化:この反応は交感神経系から来ており、危険な状況で動くのに役立ちます。これは、脅威と戦う方法です。
  • 社会的責任:階層内で人間が進化させる最後の段階であり、最後の応答です。これは、安全とつながりの感覚に反応する神経の一部である神経の下の部分の腹側に反応します。社会的責任は、安全と平和という感情が定着したと私たちが感じられるようになるプロセスです。
ポリヴェーガル理論

トラウマの影響

トラウマを経験した人にとっては、特に動かないことが何か出来事が起きた時の重要な部分であった場合、危険の兆候があるかどうかと環境をスキャンする能力は、ひどく歪む可能性があります。

ポリヴェーガル理論によると、システムが持つ機能の1つは、脆弱な位置や状態に二度と到達しないことです。その結果、体はそれを回避するように行動し、周囲の兆候に対してはるかに敏感になり、脅威が存在しない場所で脅威を認識する可能性があります。

したがって、多くの無害な状況やは穏やかな環境であるという兆候が、トラウマを経験した人によって脅迫されていると解釈される可能性があります。顔の表情、声のトーン、または特定のボディランゲージの変化は、無意識に防御反応を引き起こす可能性があります。

迷走神経とポリヴェーガル理論

迷走神経は私たちの体の多くの部分で様々な役割を果たしています。そして、顔の表情と発声を通じて社会的責任を調節する脳神経に大きな影響を及ぼします。

人間が切望するのは、安全と他人との交流における信頼です。私たちはすぐに、安全ではないことを示す兆候を解釈する方法を学びます。その結果として、他の人との健全で質の高いつながりを確立するのが容易になるのです。

Clarke, Jodi (2019) Polyvagal Theory and How It Relates to Social Cues. How the Body and Brain Are Impacted by Your Environment. Verywell Mind

Porges S. W. (2009). The polyvagal theory: new insights into adaptive reactions of the autonomic nervous system. Cleveland Clinic journal of medicine, 76 Suppl 2(Suppl 2), S86–S90. doi:10.3949/ccjm.76.s2.17

Maercker, A., & Hecker, T. (2016). Broadening perspectives on trauma and recovery: a socio-interpersonal view of PTSD. European journal of psychotraumatology, 7, 29303. doi:10.3402/ejpt.v7.29303