ポスト真実とは?

2019年7月2日
最終的に、ポスト真実に惑わされないようにするためには、自分自身の批判的思考能力を磨かなければなりません。

ポスト真実はという言葉は様々な場面において時々使われていますが、言葉自体についての説明がないことも多く、イマイチ理解していない人も多いのではないでしょうか。大丈夫です、今回は、ポスト真実という言葉についてご説明します。ポスト真実は世論を形成する際に、客観的な事実よりも、個人の感情や信条へのアピールの方がより影響力がある状況のことを指しています。言い換えれば、個人の観点から世論に影響を与えることを目的とした信念や感情の操作です。

ポスト真実は、感情を使って人々の感情を解き放ち、思考を変え、同時に事実を隠すことができます。最もよく使われる分野は政治です。このため、「ポピュリズム談話」や「フェイクニュース」など事後真理からなるいくつかの用語が作られました。この記事の後半では、これらの用語とそれらを理解するのに役立つ心理的な鍵について説明します。

ポスト真実の使い方

スピーチの中でポスト真実が利用されることがよくあります。多くの政治家が人々の支持を得るためにそれを使っています。最も一般的に使用されているリソースの1つは、ポピュリストスピーチです。このスピーチは不可能なことを国民に約束するので大衆を興奮させます。「人民による人民のための」政策や、全ての問題に対する簡単な解決を約束します。

一方、今日ではフェイクニュースが溢れています。これは、ソーシャルネットワークやインターネット利用が増加したためです。フェイクニュースとは、うわさなど誤ったニュースを意味します。通常、故意に虚偽の情報発信に使用されます。今日、私たちの周りは情報で溢れています。よって、物事が正しいかどうかを確認することは非常に困難です。

ポスト真実とは?

ポスト真実が魅力的な理由

ポスト真実がそれほど魅力的なのはなぜでしょうか?それらのスピーチやニュース記事を私たちはなぜ簡単に信じてしまのでしょうか。ほとんどの場合、とても魅力的である理由はその物語にあります。私たちの興味を高める事柄を話題にします。そして、そのスピーチやニュースは、非常にシンプルでで道理にかなっているように聞こえます。私たちが理解できる非常に単純な説明を広げ、そしてまた理にかなった懸命な意見に思えるのです。

ポスト真実は「すべては黒か白か」や「私たちと一緒にいないなら、あなたは私たちの敵だ」のような二分法に基づいています。または非常に有望で理想的な未来を描きます。ポスト真実は特定の人々にとって特に効果的です。それは混乱したり、迷っていたり、不安を感じている人々です。彼らは非常に閉鎖的な場合があります。また、常に恐怖に支配されていたり、屈辱的であったり、自分に価値がないと思っている人にも効果的です。彼らは重要性を探求することを強く望んでいるからです。

こちらもご参考に:
説教は暴力の一種

ポスト真実を理解するための心理学的鍵

今回ご紹介したように、ポスト真実を信じる傾向がある人は、心理的要因が関係しています。重要性の源を求めるために、閉鎖と動機を必要としています。これらは、急速に変化する世界で放棄されたと感じ、自分の居場所を見つけることができない「グローバリゼーションの敗者」であると言われています。

ポスト真実とは?

これらの特性を持つ人々は混乱し戸惑っています。たとえば、テクノロジー社会に乗り遅れ、今までやってきたやり方がもはや通用せず、雇用機会を奪われた人もいるでしょう。彼らは屈辱を感じ、過小評価されていると思うでしょう。そんな絶望の中で、ポスト真実の物語に心を奪われます。今あるすべての問題を終わらせることができるという約束と確実性と希望に満ちたストーリーは容易に彼らに受け入れられるでしょう。

ご存知でしたか?:
共感せずに話を聞くこと:感情的な分離

インターネットの使用によって捏造ニュースの量が増えましたが、それを認識するためのリソースも提供されています。捏造記事や、真実を述べた記事とそうでないものを区別する方法を教えるガイドが掲載された専門のWebページがあります。記者が誰であるか(多くの捏造記事には記者の名前がありませ)をチェックし、同じ内容が他でも書かれていたか、また明確なイデオロギーを確認します。最終的に、ポスト真実に惑わされないようにするためには、自分自身の批判的思考能力を磨かなければなりません。