レーヴン漸進的マトリックスとは?

· 2018年6月9日

レーヴン漸新的マトリックステストは、類推的推論、抽象化能力、知能を測定するために最も一般的に使用される手段の1つです。

60の質問によって、私たちは知性の「g」因子を評価することができます。この因子はスピアマンが提案したもので、日々の問題を解決る際のより一般的な精神的および認知的プロセスです。

 

実は、私たちのほとんどがかつてこのテストを受けたことがあります。それは通常、学校や雇用の際で定期的に実施されます。実際、特定の職種の選考プロセスでは、現在、精神技術テストとして一般的になっています

知性は、知識そのものだけでなく、実際にその知識を使うスキルで構成されている

-アリストテレス-

このテストを受ける際の状況を考えると、テストを嫌なものだと感じるかもしれません。それは、私たちの学業や就職生活における課題であるのと同時に決定的な要因でした。

しかし、レーヴン漸進的マトリックス検査は、その小さな謎を解決するのが楽しいため、非常に興味深いと言う人もいます。そういうタイプの人は、パターンやシリーズを解決したり、推論をしたり、知覚や抽象を洗練する方法を決めることを好みます。

何れにしても、1つのことは明らかです。 IQの測定は今日の世界では依然として、人々の大きな関心を集めています。私たちがハワード・ガードナーの複数の知能理論を受け入れるかどうかにかかわらず、論理的な推論、問題解決、クリティカルシンキングなどの人間の能力を測定し、優先順位を付けたいと考えています。

レーヴンの漸進的マトリックス検査は後者の例です。これは、Cattellが書いた、抽象推論と流体知性を測定します。それは私たちが日常的な問題を解決することを可能にする知性のようなものです。将来的には事態が変わり、精神技術検査が違うように見えるかもしれません。

では詳しく見ていきましょう…

脳の中の歯車

レーヴン漸進的マトリックス

J.C.レーヴンは、1938年にレーヴン漸進的マトリックス検査を作成しました。この心理テストは、米海軍の役人を評価するという1つの目的がありました。

そしてすぐに、知識の量とは無関係に、一般的に知性を評価することができることが明らかになりました。

レーヴン漸進的マトリックス検査 vs 他の検査

  • コミュニケーションや運動の問題を抱えているかどうかにかかわらず、子供から大人まで測定可能。
  • 運営が経済的である。
  • 一般的に、それは多くの人にとって面白く感じるよう作られている。
  • ゲシュタルト」の注意や、探索的行動を使用しなければならない類推の力が必要となる。彼らはまた、マトリックスを完成させるために複数の情報源を比較して使用しなければならない。

また、レーヴン漸進的マトリックス検査の最大の利点の1つは、成人または子供の認知機能に関する有効な情報をどれだけ早く提供できるかにあります。

一方で、指摘すべき点があります。テストの作成者であるジョン・レーヴンは、このテスト単独で知性を測るべきでないことを明確にしました。テストをより強力にし、結果をより強固にするために、他の情報源も考慮する必要があります。

レーヴンの漸進的マトリックス検査

レーヴン漸進的マトリックス検査が今後どうなるか

テストは、難易度別に構成された60の選択肢問題で構成されています。私たちがすでに知っているように、被験者が解決しなければならない一連の抽象的および不完全な幾何学的図形が含まれています。一見すると、非常に分かりにくく無秩序なものを解決しなければならないように感じられます。

一般的に、テスト実施時間は約45分です。子供でも大人でも、抽出能力を示すのに十分な時間です。このプロセスは、以下のことを基本にしています。

  • 抽出能力とは、組織化されていないように見える情報から、その相関関係を見つけ出すこと。
  • また、このタイプの知的能力は比較、除外、イメージ化を行い、分析的推論と論理的思考を必要とする。

これらのすべてがスピアマンのGを構成します。多くの人々は、それが一般的な知性の有効な因子だと考えています。

脳の違い-カラフルな爆発と数字の羅列

結論として、レーヴン漸進的マトリックス検査は、受験者の教育レベルや経験に依存しないスコアを測定する非言語的ツールです。

これは、学生や求職者の「一般的」な知性についての事前情報を得たい場合にも役立ちます。

その応用の容易さと、その結果が出る速さは、泣いても笑っても、世界に必要とさせているようです。