レインボーブリッジの伝説:私たちのペットが眠る場所

2018年2月13日 in 好奇心 115 シェア済み
レインボーブリッジの伝説

私たちのペットたち(そして他の私たちが愛している動物)が最後のさようならを言った後、レインボーブリッジを横切るという伝説があります。 この橋の反対側には、草原や丘があり、彼らが走り、遊び、自由を楽しむことができるそうです…

レインボーブリッジの反対側には、十分な空間、食べ物、水、日差しがあり、動物たちは良い気分で過ごすことができると言います。 さらにこの伝説によれば、病気になったり、傷付けられたり、酷く傷ついたりしたすべての動物は回復し、皆喜びで溢れているそうです。

この美しい伝説によれば、動物たちは、レインボーブリッジの向こうに残した特別な人がいなくても、幸せで満足しているそうです。 でも、動物たち同士が走って遊んでいる間に、突然視線を止めてレインボーブリッジの反対側を見つめるかもしれません。

森を歩く犬と少年

言い伝えられる私たちの魂の再会

彼の体は震え、興奮しきって仲間のグループから抜け出し、素早く走ってきます。 彼らは橋の真ん中で私たちを見つけて、私たちと合うために急いできます。 伝説では、人間と動物、この二つの親密な魂が再会し、決して再び離れることはないと言います。

彼は私の顔を舐めるのを止めることができず、私たちの手は愛するこの四本脚の天使を撫でることをやめられません。 そして伝説によると、私たちはお互い愛情が存在するからこそできる高貴な見つめあい通じて永遠につながっているのです。

この伝説は、私たちの最愛の動物を失った時の心を希望で満たしてくれます。 私たちが彼らを間近で感じるような物理的な暖かさを楽しむことができなくても、この伝説は動物たちがこの世を離れるとき、彼らは私たちの心の中にとどまるということを理解するのに役立ちます。

ペットたちがこの世を去っても、仲間であり、パートナーであり、私たちの心は彼らを忠実に愛しています。
シェアする

手でハートを形どる男性と犬

捨てられた動物たちのレインボーブリッジ

ありがたいことに、この伝説は生きている間人からの愛を楽しむことができなかった動物のことも忘れていません。 この伝説はこう説明を続けます・・・

“レインボーブリッジの上では、晴れた日とはまったく異なった方法で一日が始まった。 この日は寒い灰色の色をした日でした。とても悲しい日でした。 最近レインボーブリッジに到着したばかりの動物たちは何と考えればいいかわかりませんでした。レインボーブリッジに着いてからこのようなどんよりした日を見たことがなかったのです。 しかし、長い間愛レインボーブリッジにいた動物たちは、何が起こっているのかをよく理解していました。彼らは橋に通じる道で新しい仲間を迎えに行きました。

動物たちがしばらく待っていると、とても大きな動物が到着しました。彼は頭を下にしていて尾を引きずっていました。 長い間そこにいた動物たちは、似たような動物を見たことがあったので、この動物が生前どんな物語を経験したのかを知っていました。その動物はゆっくりと近づき、目に見える傷はなくても、心に傷を負っていたのは明らかでした。

橋の上で待っている他の動物とは異なり、この動物は若さと健康に対する喜びを持っていませんでした。 彼が橋の方に歩いていくと、他のすべての動物が彼を見つめているのを見つけました。 彼は今まで生きていたところが彼の場所ではなく、橋を渡るとすぐに彼は幸せになれることを知っていました。 しかしそうはいきません。 彼が橋に近づいたとき、天使が現れ、悲しそうに彼に謝り、彼が橋を渡ることができないと話しました。 愛する人が同行してくれた動物だけがレインボーブリッジを横断できる、と。

彼は他に行くところがなく、後ろを向いてみると牧草地があり、そこには彼のような他の動物たちが見えました。 彼らは遊んでおらず、ただ橋につながった道を見つめた、草の上に横たわっていました。 その大きな動物は彼らに加わり、道を見つめてながら立って、待っていました。

犬とキス

レインボーブリッジに着いたばかりの動物の一匹は、なぜ大きな動物が仲間に加われなかったかを理解しておらず、別の動物に何が起きているのかを説明するよう頼みました。

「彼が今加わっていったそこにいる貧しい動物たちが見えますか?彼らは飼い主を持ったことがない動物たちです。 少なくともさっきの彼は、動物の避難所に入っていたようだけれど。 彼はあなたが見た姿のまま避難所に入ったのです。白髪と少しぼやけた視力を持つ、年老いた姿のまま。しかし、彼はその後避難所から出ることができません。彼が避難所を去るのを待っているときに世話をしてくれた人にだけが彼を知っています。彼は愛を受け取る家族がいなかったので、橋を渡ることができないのです。」

質問をした動物はしばらく立って、尋ねました。「じゃあこれからどうするのでしょう?」彼が答えを聞く前に、雲が崩れ始め、非常に強い風が吹いて、さっき着た大きな動物が入った群れの動物たちを見失ってしまいました。 すると一人の人間が橋に近づくのが見えました。そして老いた動物の中たちに皆、突然金色の光が浴びせられたとすると、突然彼らは若くて健康な動物に戻っていました。 「見ていて、そしたらわかるから」と、別の動物が言いました。

onnnanoko-peto

そこを待っていた別の動物群もまた、その光に近づき、その人が近づいたら頭を下げました。それぞれの前を通り過ぎながら、人はそれぞれの動物に触れました。ある動物は撫でてやり、他の動物にはいとおしそうに耳をくしゃくしゃにしました。 若返った動物は、その人の後ろに一列に並び、橋に向かって歩きました。 それから彼らは一緒に橋を渡ったのです。

「今のは誰だったのですか?」さっきの動物が尋ねました。 そして、別の動物は、「さっきの人は偉大な動物愛好家であり、動物を守るために働きました。 さっき見たような頭を下げていた動物は、そのような人々の努力のおかげで新しい家を見つけることができた動物たちでした。 もちろん、彼らの新しい家族がいたら、最初から橋を渡ることができるのです。

しかし、さっきあなたが見た年老いた動物は、家族を持ったことのない動物でした。家族がいなかったので、橋を渡ることができませんでした。 放棄された動物を助けるために地上で働いた人がここに到着すると、救助と愛の最後の行為が許されます。 彼らは地球上の家族を見つけることができなかった貧しい動物のすべてと橋まで同行することが許されています。だからさっきの年老いた動物たちもまたレインボーブリッジを渡ることができるのです。」

あなたへおすすめ