恋愛における衝突を対処するのに役立つ十戒

2019年11月23日
恋愛関係にある相手との衝突や対立に対処するためのガイドラインは、私たちが忘れがちなシンプルな態度や行動に焦点を当てています。しかし衝突を悪化させないためにも、これらのガイドラインに従うことが大切です。

あなたの大切な人と過ごす時間の100%を仲良く過ごしたいと思っていても、遅かれ早かれ二人の関係に矛盾が生じることがあります。これは避けられないことですが、健全なことです。

恋愛関係で生じる衝突は、二人の関係を分析し意思決定を行う大切なチャンスと考えてください。カップルの中には、常に喧嘩をしたりお互いが衝突している人もいますが、お互いが十分に愛し合っているため、一緒にいたいと感じています。

このタイプのカップルの問題は、喧嘩をしたり衝突をした時に正しく対処する方法を学んでいないという点です。恋愛関係で生じた対立や衝突に対処する際に、ぜひ留意してほしいガイドラインがあります。常識的でわかりやすい推奨事項ですが、自然にこれらを行うことができる人は多くありません。

愛する人との関係において、非論理的な行動を行うのは簡単ですが、これは解決するのが難しい喧嘩へとつながります。また、正しいガイドラインに従わず、自分が思いつく「解決策」だけでは、お互いに効果的に作用する解決方法とは言えません。

恋愛 衝突

1. コミュニケーションや決断の際には落ち着くこと

怒りと衝動は二人の関係を急速に損なう可能性があります。怒りが消えるのを待つ間、静かで落ち着いた状態を保つように自分を訓練してください。

これによって、二人の関係に負の結果をもたらすのを避けて、良好なコミュニケーションをとることができるでしょう。

2. 自分の考えに固執しないこと

不確かな世界の中で、あなたが真実だと信じていることに対して、健全な懐疑心を持つことは大切です。自分版の物語を、自動的に信じてはいけません。

何か問題が生じたときは、パートナーにその理由、意図、および行動を説明してもらいましょう。お互いの心を開き、他の視点からも相手を理解するように努力しましょう。

相手を理解するというのは、収益率の高い投資のようなものなのです。

3. 自分の気持ちを正直に話すこと

パートナーとの関係に生じた衝突に対処する方法の一つが、自分の考えよりも自分がどう感じているかに集中することです。私たちは誰もが、自分の気持ちを正直に話す権利を持っています。

自分の心を開いて正直な気持ちを相手に話すとき、相手からの理解を得ることができるだけでなくパートナーとの絆が強まります。

4. 叫んだり言葉による虐待をしないこと

叫んだり言葉による虐待は、相手への尊敬が欠ける行為ですが、喧嘩の最中にはどれだけ二人の関係にダメージを与えるのかを容易に忘れてしまいます。しかしこれらの行為は、二人の間に生じている衝突を悪化させ、問題が長期化する恐れがあります。

相手に対して無神経であったりむやみに怒鳴ったりすると、相手も同じようにあなたに言葉で攻めるようになり、このような状況が続くと、お互いに対して腹を立てる結果となります。

5. 自分に責任を持つこと

人々は自分の行動を他人のせいにする傾向があります。まるでパートナーがあなたの行動をコントロールしているかのように振る舞い、相手を非難するのは簡単です。

成熟した大人の対応として、自分の行動と役割には責任を取りましょう。他人を非難しても何も解決されることはありません。

こちらからさらに詳しく:自分の問題は全て他人の責任だと考える人

6. 被害者ぶらないこと

二人の関係を改善するための話し合いにおいて、自分だけが被害者のような態度で臨んではいけません。

自分が被害者ぶるということは、相手を加害者にするということであり、真実を歪め、生産的な話し合いを行うことができなくなります。これは状況をより混乱させるだけです。

7. 相手の話は黙って聞くこと

二人の衝突を解決するための生産的な話し合いにおいては、相手の話を聞く沈黙が大切です。パートナーの話を遮ると、二人の間に緊張が走ります。

お互いイライラし、相手に自分の意思を押し付けたいという一方的な感情が先走ってしまいます。問題を解決するためには、相手が話す時間を十分にとり、その間は自分は静かにするように注意してください。

8. 問題の解決に焦点を当てること

二人が前向きで建設的な態度で話し合いをする時には、二人の対立の原因に対処するのが簡単になります。

解決策を見つけるためのより生産的な話し合いは、お互いが気分を害して怒っているのとは違い、問題解決に焦点が置かれているため、衝突も早く解決するでしょう。

恋愛 衝突

9. 過去を蒸し返さないこと

どちらかまたはどちらもが、相手への苦情や文句が止まらない場合、対処に苦労するでしょう。

現在起こっている二人の衝突に際して、自分を守る防御メカニズムの一つとして、過去の相手の過ちなどを持ち出す傾向があります。しかし、二人の衝突を解決するためにはバランスが大切です。

現在の問題を解決する時に、過去に固執すると二人の関係や話し合いのバランスが乱れます。

続きを読む:心理的虐待を受けているのに別れない理由

10. 脅さないこと

パートナーが相手に別れると伝えたり、相手を傷つけると脅すのは心理的虐待です。このタイプの脅しは、二人の関係を力を持って維持するために機能することもありますが、実際の解決策にはなりません。

特に恋愛関係における脅しは、一人が勝ち一人が負けることを意味するため、最悪の結果となるでしょう。鬱積した怒りや恨みなどは、できる限り解消することが大切です。

恋愛関係においては、時に相手を許し、また相手から許されることがあります。

誰もが間違いを犯します。そして誰もが、間違いを正して「ごめんなさい」と謝る機会を得る権利があります。

  • Beck, A. T. (2009). Con el amor no basta: cómo superar malentendidos, resolver conflictos y enfrentarse a los problemas de pareja. Barcelona [etc]: Paidós, 2003 Barcelona [etc.]: Paidós, 2003.