離婚した親を持つ子供の経験

· 2018年4月1日

離婚で直接影響を受けるのは自分自身だけだと思っているがたくさんいます。しかし、子どもが関わると、それは正しくありません。あまり注意していないかもしれませんが、幼い子供も離婚に苦しみます。言い争い、誤解、離婚から生じるすべてです。

多くの子どもたちは、離婚した親をどう扱えばいいかわかりません。それに、たくさんの疑念を抱え、それを忍耐強く理解をもって説明してくれる人が必要なのは当たり前のことです。

離婚した親を持つ多くのこどもたちが学校で問題を起こすのは偶然ではありません。ドラッグやアルコールに若いうちから手を出す子や家族とのコミュニケーションを断つ子もいます。子どもだって苦しみます。そばにいて関係が崩れる初めての例を目撃しなければならないからです。

 

離婚した親を持つ子どものうち60%は、何らかの精神的な治療を必要としています。 

年齢よって異なる離婚の影響

離婚の影響は、6歳に対してと2歳に対しては異なります。環境が異なりますし、成熟度も違います。子どもの年齢が、どのくらい親の離婚によって影響を受けるかに関係しているのはそのためです。一つ大切なことは、子供時代の経験は人生のあとになって表れてくる、ということです。

2歳以下の子どもは、離婚や離婚によって起こることは理解できません。そのかわりに、何かがおかしい、少なくとも何かが違うというのに気づきます。親の感情的変化やどちらかの親がいるかいないかに気づきます。この親の不在は、放棄されたという感情で現れます。彼らを取り巻く環境は、子どもたちが必要とする安心感を与えてくれません。これによって重要な心理的影響を及ぼしかねません。

手をつなぐ親子

 

2歳から3歳の子どもたちはとてもデリケートなステージにいます。成長の真っただ中です。離婚が子どもに大きく影響を及ぼす場合、発達の遅れにつながることもあります。運動機能、言語学習の発達の遅れや排便トレーニングへの影響などとしてあらわれます。この年齢では、離婚が何を意味するのか子どもは理解します。親に別れないでほしいと思っている自分の感情がわかります。これが夢に影響することもあります。

3歳から5歳であれば、離婚そのものや意味について理解できる、または何となくわかります。その結果、たくさんの質問をします。ここで問題なのは、答えを見つけっているのに、うそに行き着いてしまうことです。あまり意味の分からない答えだったり、自分の世界が安全な場所ではないという感覚を高めてしまいます。恐怖の中でも注目すべきは、1人になってしまうことへの恐怖、または親のどちらかが自分を見捨ててしまうという恐怖です。片方あるいは両方の親に対して子どもの独占欲が高まるのはそのせいです。

子どもたちは離婚の可能性に怒り、悲しみ、憤怒で反応するかもしれません。そこで子どもたちも影響を受けていることを理解します。

6歳から12歳の子どもはもっと共感的です。親の立場に立って想像することすらできます。それでも親が別れないでいてくれたら、と望み続けるのは珍しくはありません。大人もそうですよね。子どもだって同じです。

天秤にかける子ども

しかし、この年ではわたしたちは気を付ける必要があります。このような失望(親が別れてしまうという理解)は、重大な感情的影響を及ぼします。夢がかなわないという気付きは、離婚そのものより大きな影響となりかねません。

このような意味で、この年齢の子どもはどれだけ大人びていようとも感情的発達が完了するにはほど遠いということを覚えておいてください。本人ができない理解できないプロセスが存在します。例えば、なぜ愛し合う二人が別れを決めるのか、などです。理解できない難しいルールによって治められている世界で生きているという感覚は、子どもにとって恐ろしいものです。

この年齢において、子どもたちは「対立ストラテジー」を構築します。子どもたちはすでに持っていた感情的能力を「忘れる」かもしれません。あるいは、深い恐怖や痛みを隠して勇気のある表情を浮かべるかもしれません。後者の場合、自分の感情を表現しないことを学びます。それは大人になってからの生活に影響します。

離婚した親と子どものコミュニケーション

ここまで見てきたように、離婚は子どもの年齢によって異なる影響を及ぼします。だから、壊れたように感じ、やる気が出なくても、子どもの疑念や不安を聞いてあげることが大事です。親は子供とコミュニケーションを取らなくてはいけません。どんな変化が起こっても、あなたが子どもを愛していて、いつ頼ってもいいということを理解させてあげなくてはいけません。

一方で、離婚を自分のせいだと責めてしまう子供もいることを覚えておいてください。自分のふるまいが親の離婚につながったと思ってしまうこともありえます。親は子供と話し、起こっていることの責任は彼らにはなく、自分を責める必要がないことをわからせる必要があります。

起こっていることに関してはっきりと子どもに伝えるのが大事なのはこのためです。離婚のことなど理解できないと思って、起こっていることを隠そうとしていいことはありません。子どもたちはわたしたち(特に親)が思う以上に理解力があり、何が起こっているかを知る必要があります。そのため、愛していると感じられるように、はっきりと、直接的に、正直に、年齢に合った方法で話してあげてください。

離婚した親の多くは、子どもをめぐって争います。それはとてもつらくて害のあることです。

多くの夫婦が自分にフォーカスを置きすぎて、子どもたちが感じているかもしれない感情を忘れがちです。子どもは見捨てられたように、あるいは大事にされていないように感じます。しかし、大事なことを子どもに話すことを避けることはできません。なぜなら、目には見えないかもしれませんが、放置されれば悪化しかねない見えないキズを負っているかもしれないからです。