ロマンチックな関係の感情的依存

2018年5月9日

人々は通常、結婚や彼氏彼女の関係で感情的な依存を語ります。

これは、悪い関係を終わらせることを不可能にしてしまう複雑な心理状態です。彼らは問題を認識していても、悪いことよりも良いことをしていると信じているので、その人との関係を断つことはできません。

それは、人の自尊心に深刻な影響を及ぼす不健全な関係です。彼らはパートナーを理想化し、一人でいることを信じられないほど恐れています。

その関係が終わったら、同じような関係を取り戻そうとするでしょう。中毒症状のように、人はアンバランスで破壊的な関係を築きます。

しかし、情動依存はロマンチックな関係だけで起こるわけではありません。ここで2つのタイプに光を当ててみましょう

家族間で起こる感情依存

家族間の感情的な依存は、家族のうち1人が他の家族への不健全な愛着を示すときに発生します。その行動は強引で圧迫的で、その人の依存対象に違和感を感じます。

1つの例は、子供を制御し、常に子供が何をしているかを把握する親です。

そういった親はいつも子供に電話して話をするのです。典型的な行動は、最悪な状態を想定し、子供が大丈夫であることを逐一確認したがります。

三つ編みが絡み合った二人の少女

子どもが親離れしたがっているときはどうなるでしょうか?親は泣いて、巧みな話術や感情操作で、被害者を演じます。親は自分の手中にあった子供を失わないようにしています

それがどれもうまくいかなかった場合には、親はもっと頻繁に電話して、親がいなければダメだと思わせるのです。

反面、親に依存している子どもたちは、安全でいるために常に親の意見が必要です。彼らは親なしでは何もできなくなり、親の承認なく決断を下すことができなくなります。このような子どもたちは、親のそばを離れることを恐れているため、何も言わないのです。

家族間の感情的な依存では、不安定な絆や自由の剥奪が起こる可能性があります。

不健全な愛着を「普通」にしてしまうのは良いことではありません。なぜでしょう?今まで述べてきたように、こういったアンバランスで悪影響をもたらす関係は、後々になって重大な問題をもたらす可能性があるからです。

さらに、こういった依存関係が続くのは、お互いに依存し合っているからです。親は子供を生活の中心にし、親がいなければならないという不安を感じさせ、従わせるように育てるのです。

社会関係における感情依存

「人から受け入れられたい」と思っている人たちがこのカテゴリーに属します。おそらく彼らは他の人々が抱える問題をあまりにも心配し、それに多くに時間を費やし、自分のことをあまり考えていません。彼らはそういった外側の状況を利用して自尊心を高めようとします。

この考え方が、彼らの人生に意味をもたらしています。彼らは、何らかの目的を果たすために他人と繋がりを持ち、自分を犠牲にしてまで他の人を幸せにしようとします。もうお分かりのように、依存している人々は、自身の幸せを他人に預けています。

女性の周りに蝶が舞う

こういった人々の社会環境では、感情的に依存する人々は常に人を喜ばせることに関心を持っています。これにより、自分の主張ができなくなります。

そして彼らは、単に彼らを失望させるような関係を構築するために、肉体的にも感情的にも、多くのエネルギーを無駄にしてしまいます。

感情的に依存している人々は、彼らに近い人々の幸せを望んでいる。

彼らは、パートナー、家族、または友人それぞれに限ってそれを望むのではなく、これらすべての人たちに望んでいます。彼らはこういった愛情表現以外のことを知りません。なぜ彼らはこのように行動するのでしょうか?彼らはその行動を通して、周りが自分を気にしてくれると考えているからです。

しかし、彼ら自身はどうでしょう?感情的に依存している人々は、強くて、リードしてくれて、自己愛がある人々を求めています。最初はこういった自信を持っている人々に引き付けられますが、後々それが嘘であると気付きます。

感情的な依存は、難しくて不幸な生き方です。そして感情的な依存はロマンチックな関係だけで起こるわけではありません。したがって、早い段階でそれに気づき終わらせることが重要です。人が感情的な依存を起こす理由はたくさんあり、それを真の愛と混同することもしばしばあります。

気をつけてください。他の人を理想化し優先するような行為は、一番大切な愛を感じられなくなります。その愛とは、感情的な依存に終止符を打たせる愛、すなわち自己愛です。

反射した自分を見つめる女性