桜の伝説:真実の愛の物語

桜の伝説:真実の愛の物語

最後の更新: 10 12月, 2018

桜の伝説は、数百年前の日本が舞台です。当時、封建制の大名がひどい戦いを繰り広げており、多くの武士が命を落とし、国中が悲しみと荒廃に包まれていました。平和な瞬間は少ししかありません。新しい戦争が次から次へと起こります。

そんな中、戦争が届かなかった美しい森がありました。繊細な香りを放ち、太古の日本に住んでいた苦しみにあえぐ国民を癒す木がたくさん生い茂っていました。どれだけたくさんの戦争が起こっても、この美しい森を血に染める戦争はありませんでした。

しかし、この森には一度も花咲かない木が一本だけありました。生命力に溢れているのに、枝に花をつけることがありません。そのため、もう死んでいるかのような、ひょろ長くて乾いたような見た目でした。でも、死んでいたわけではありません。ただ、花をつける運命ではなかったかのようでした。

魔法のかおり

その木はとても孤独でした。そこにいる動物は、恐ろしい悪霊に取りつかれるのを恐れて木のそばに寄りません。同じ理由で木の周りには草も生えません。あるのは孤独のみです。桜の伝説は、若いのに年老いて見える木にこころを打たれた精霊のお話です。

ある夜、精霊は木のそばに現れて、優しい言葉で気が美しく輝いていることを伝えました。精霊は木を助けてあげたかったのです。そこで、力を使って20年間続く魔法の言葉をかけました。木は人間のこころが感じるものを感じ取れたような気持になります。こういう風に幸せを感じられたら、もしかして花を咲かせることができるかもしれません。

精霊は木にこう言いました。この魔法のお陰で、好きな時に人間にも木にも変身できます。しかし、20年を過ぎるとその活気と明るさを取り返すことはできません。すぐさま死を迎えます。

桜の木


桜との出会い

妖精が言ったように、木は望むように人間になったり木に戻ったりできるようになりました。人間の感情が花を咲かせるのに役立つかどうか試すために、しばらく人間でいようとします。しかし、はじめは落胆するばかりです。見渡す限り、戦争と憎悪しか存在しません。その後、木は元の姿に戻ることにしました。

何年かがたち、何も変わることはありませんでした。何をしたとしても、木はこのみじめな状態から抜け出す方法が見出せません。しかし、ある午後、人間に姿を変えてみることにします。それから透明な小川に沿って歩いていると、美しい若い女性を見かけました。彼女の名前は桜と言います。彼女の美しさに惹かれ、木は近づいてみることにしました。

桜は木にとてもよくしてくれました。その優しさへのお返しに、木は水を家まで運ぶのを手伝います。会話はとても楽しく、各地で起こっている戦争の悲しみや夢を語りました。

桜の伝説:愛は奇跡

桜が木に名前をたずねたとき、木は世比呂と答えました。二人は仲の良い友人になります。話したり、歌ったり、詩や素晴らしいお話を読むために定期的に会いました。桜のことを知れば知るほど、木は彼女のそばにいたいと思うようになりました。毎日、次に彼女に会えるまでの日数を数えて過ごします。

ついに世比呂は我慢できなくなり、桜にを告白する決意をします。さらに、自分の本当の正体も明かしました。つまり、花を咲かせることができないため、もうすぐ死んでしまう木であるということです。桜はショックを受けてしばらく黙っていました。

さらに時が過ぎ、約束の20年が近づきます。木に戻った世比呂は、日々が過ぎていくのを悲しみを感じながら過ごしていました。

桜

あるとき、全く思ってもみない時に、桜がやってきます。桜は木に抱擁して、自分の気持ちも木と一緒であると言いました。桜は木に死んでほしくありません。その瞬間、精霊が現れて桜にこう尋ねました。世比呂には人間でいてもらいたいか、それとも桜も木になって世比呂の一部になりたいか。

桜はあたりを見渡し、戦争を思い出します。それから、桜は世比呂と木として一緒になることを選びました。すると、奇跡が起こります。二人は一つになり、木はやっと花を咲かせることができたのです。二人の愛は、それ以降日本中に広がっています。桜の伝説は、別の人間があなたの人生にどれだけの素晴らしいものをもたらしてくれるかということを教えてくれているのです。

こちらの記事もおすすめ
あなたはあなたが与える愛に見合う人
こころの探検で読むことができます。 こころの探検
あなたはあなたが与える愛に見合う人

あなたはあなたがいつも他の人に与えている愛に見合う人です。同じだけの心がこもった、私利私欲のない、本物の愛に。しかしあなたが与えるのと同じだけの愛が、他の人からは返ってこないことがあります。それはあなたの愛ほどは強くなかったり、本物ではないのです。人生はブーメランではありません。