スクールカウンセラーの役割とは?

2019年10月11日
スクールカウンセラーがいる学校も多いことでしょう。しかし、そんなカウンセラーの日々の役割をほとんどの人が理解していません。この記事ではそんなスクールカウンセラーの全てについて紹介します。

スクールカウンセラーは子供の学校生活に欠かせない存在です。ですから、ほとんどの学校がスクールカウンセラーを採用しています。しかし、スクールカウンセラーの役割を知らない人がほとんどでしょう。

もしかすると、あなたが学生だったとき、スクールカウンセラーは存在しなかったのではないでしょうか?または、スクールカウンセラーがどんな仕事をしているのか、ほとんど知らなかったのかもしれません。残念なことに、現在もあまりスクールカウンセラーについて知る人はいません。カウンセラーは過小評価されがちで、存在すら知られていない場合があります。ですから、この記事でこの専門的な仕事のことについて知っていただけると幸いです。

スクールカウンセラー

スクールカウンセラーの仕事

スクールカウンセラーは生徒が職業的に将来うまくやっていけるように、手助けし、アドバイスします。特に何を勉強したらいいかわからなかったり、自分にあった選択科目を選べなかったり、高校卒業後何をすべきかわからない生徒のサポートをします。しかし、これはスクールカウンセラーの仕事のほんの一部です。

10代の若者は傷つきやすく、人生でも多感な時期ですから、スクールカウンセラーは高校でとても大事な役職です。

生徒が学校に登校するのを助ける

生徒が登校拒否になることは、家族や教師が心配することの一つです。スペインのグラナダ大学の研究によると、ある学校の中退率は40パーセントにも及ぶそうです。これは大変心配な数値です。

これらの学校では、スクールカウンセラーは重要な役割を果たします。生徒と一対一でどうすれば学校にい続けられるか、一緒に方法を考えます。学校を中退する生徒は何らかの家族の問題を抱えていることがほとんどです。ですから、カウンセラーが生徒の家族に会い、何が起こっているのかを説明することもあります。生徒がもとの生活を取り戻すには、家族のサポートが最重要です。

生徒が必要なものを見つけ出し、適切な変化を与える

スクールカウンセラーのもう一つの仕事は、生徒の成功に必要な変化を起こすということです。もしその生徒がクラスについていくのが難しかったり、多動性障害、不安、視覚障害などがあれば、カウンセラーはその様な障害をどの様に取り除くことができるかを考えます。全ての生徒に平等な機会がある環境作りには、様々な方法があります。

  • 物理的な障害を取り除く:車椅子に優しい環境で、全ての生徒が利用できる環境であること
  • コミュニケーションの障害を取り除く:目が不自由な生徒のために、点字の教材を準備するなど
  • 特別支援学級を作る:スクールカウンセラーは、生徒がそれぞれのニーズにあったクラスで学べているかモニターします。これは、多動性障害のある生徒や、何らかの障害がある生徒には大変重要なことです。

学級の環境が生徒の進歩を妨げることもあります。このような場合は、スクールカウンセラーが干渉しなければなりません。

心理的な評価をする

もう一つのスクールカウンセラーの大切な役割は、心理的な評価を提供することです。それぞれの生徒が目標を達成できるように、手段や指南を提供することもスクールカウンセラーの仕事です。

この役割は一度で完了することはありません。スクールカウンセラーは常に生徒の進歩と状態を確認し、必要に応じて評価を変更します。場合によれば、専門家のサポートが必要となるため、家族のアセスメントも大変重要です。

スクールカウンセラー 役割

スクールカウンセラーはとても重要

ここまで読んでいただければ、スクールカウンセラーが教育現場でどれだけ大切な存在であるか、わかっていただけたかと思います。では、スクールカウンセラーの主な役割について見直してみましょう。

  • 学校の教育プログラムの質を高めるための、生徒と家族のアセスメント。
  • 生徒それぞれの教育のニーズを見つけ出し、それらを達成する方法を作り出す。
  • 家族や教師と会い、生徒のパフォーマンスを高めるために必要な方法を提案する。
  • 生徒の進歩を観察し、適切な変更と改善策を見つけ出す。

スクールカウンセラーとは、大学の入学パンプレットを配ったり、パーソナリティーテストを実施する人だと考えていたなら、この記事を読んだことで意見が変わっていれば幸いです。このように、スクールカウンセラーにはとても大切な役割があります。彼らの最終的な目標は、学校が可能な限り、最良の教育を提供できるようにすることです。

  • Aluede, Oyaziwo, & Ikechukwu, Bridget N. Q.. (2002). Las funciones del orientador escolar para minimizar el abandono escolar en los adolescentes. Orientación y sociedad3, 83-88. Recuperado en 22 de abril de 2019, de http://www.scielo.org.ar/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S1851-88932002000100005&lng=es&tlng=es.
  • Bujardón Mendoza, Alberto, & Macías Llanes, María Elena. (2006). La orientación educativa, una necesidad para la educación en valores humanos. Humanidades Médicas6(2) Recuperado en 22 de abril de 2019, de http://scielo.sld.cu/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S1727-81202006000200003&lng=es&tlng=es.
  • Domingo Segovia, Jesús, Fernández Gálvez, Juan de Dios, & Barrero Fernández, Beatriz. (2016). El orientador escolar ante el reto de la mejora curricular. Un estudio de caso. Revista electrónica de investigación educativa18(2), 27-39. Recuperado en 22 de abril de 2019, de http://www.scielo.org.mx/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S1607-40412016000200002&lng=es&tlng=es.