ショーペンハウアーの幸せのルール8つ

03 9月, 2020
ショーペンハウアーの幸せのルールは、悲観主義で有名なこのドイツの哲学者が生み出したルールです。彼の考える幸せのルールをご紹介します。

ショーペンハウアーの幸せのルールは、悲観主義で有名なこのドイツの哲学者が生み出したルールです。彼の考えは、幸せは人工的錯覚であるという理論が中心になっています。

この哲学者の死後、彼のノートや『Art of Being Happy』と呼ばれる私物から草稿が見つかりました。生前彼は悲観主義を貫いていましたが、見つかった書の中で、苦悩を避けるのに役立ついくつかのルールを作っていたとは、非常に興味深いですよね。彼は、人々がある程度の幸せを達成することを望んでいたのです。

ショーペンハウアーの幸せのルール

1.妬まないためには比較しない

最初のルールは、妬みを避けることに基づいています。ショーペンハウアーによると、妬みは非常にネガティブな感情で、妬みを抱えると持続的な不満の状態に陥ります

妬みは幸せを遠ざけます。また、人と比較することで私達は自分を疑い始めます。そのため、苦しみさけるためには、人はそれぞれであることを理解し、比較をしないのが一番です。個人のそれぞれの状況を受けいれましょう。

幸せ ルール ショーペンハウアー

2.結果が悪くても気にしない

ショーペンハウアーの幸せのルール2つ目は、誤った選択をして失敗したことを受け入れることの大切さを教えてくれます。また、このドイツ人哲学者は常にベストを尽くすよう勧めています。いつもベストを尽くしていれば、結果が悪くてもあまり落ち込まずにすみます。

3.常に直感を信じる

ショーペンハウアーは、論理的でありながら、非常に創造的な人がいることに気づきました。これは、行動の方により専念する人と、考えることにより専念する人がいることを意味します。まとめると、この幸せのルールは、自分らしくいるため、そして自分をよりよく知るためには、直感を信じるといいと私達に教えてくれます。

4.幸せになるために人に依存しない

幸せのルール4つ目は、自分を頼りにすることの大切さに関するものです。コントロール不可能な他人や決断により、がっかりさせられることがなくなります。自分の気分が影響を受けないようにしましょう。

5.自分の望みを過信しない

自分の限界を知り、非現実的な望みに飲まれないようにすることで、望みが叶わない場合も、精神的に打ちのめされずにすみます。そのためには、自分の置かれている状況や達成可能な目標を考えることが必要です。しかし、これは夢をもってはいけないというものではありません。ただし、自分の可能性に適したものであるべきです。

6.自分の期待をコントロ―ルする

自分の期待や望みを調整することを学習するといいでしょう。これにより、プロジェクトや人に対する過度の期待をもつことを避けられます。つまりこのルールは、人生においてより現実的な視点をもつこと、そしてより適切に困難と向き合う方法を知ることに基づいています。

7.自分にあるものを認める

幸せになりたいのであれば、物質的な所有のみを見ていてはいけません。最初に指摘した妬みを避けられるだけでなく、本当に重要な物事により価値を置けるようになります。また、友達や家族との関係において、本当に大切なものを与えることができるようになり、より良い関係を築くことができます

幸せ ルール ショーペンハウアー

8.今を大切にする

最後のルールは、過去や未来について考える時間と関係します。過去の問題について考えていても何もいいことはありません。過去の決断を変えることはできないという事実を認めましょう。また、将来を夢見ることに多くの時間を費やしすぎることも不幸につながります。ですので、今この瞬間を楽しめるようになりましょう。