ヴィクトール・フランクルが教える人生の意味とは?

2018年9月14日 in 心理学 0 シェア済み
畑にたたずむ女性

ヴィクトール・フランクルは、人生の意味というものは、目的を見つけること、そして自分自身と他人に責任を持つことだと語っています。明確な理由を持つことで、どうやって人生の疑問に取り組むかに直面することが出来ます。そして、目的に対する確信と自由な気持ちだけが、この世界をより良いものにするために私たちを助けてくれるのです。

「人生の意味」という質問ほど複雑なものは無いでしょう。このような質問は、哲学的、道徳的なニュアンスを持っており、多くの人が「自分も他人も幸せにしよう」や、「善い行いをしよう」という古典的な言葉に固執してしまいます。

「人間は心理的、身体的に過酷な状況であっても、精神的な自由や心の独立の揺れを守ることが出来る。」

-ヴィクトール・フランクル-

しかし、多くの人が生きている意味に疑念を持ったり、存在意義など無いと感じています。もし仕事しかしていないなら、もし毎日が同じような日なら、そしてもし自分を囲むものに意味を見出せなかったら、人生に何の意味があるのだろう?と感じているのです。このような非常に一般的な状況に、ロゴセラピーの生みの親で精神科医、神経科医のヴィクトール・フランクルが建設的な答えを出しました。

必ずしも真理のような人生の意味を見つけなければいけない、という義務などありません。それぞれの人間がそれぞれのやり方で、自分自身の能力や経験を持って毎日を発見していくからです。

さらに、人生の意味は人によって違うだけでなく、その人の人生の段階によっても異なるでしょう。重要なのは、それぞれの目標が毎日ベッドから起き上がる勇気や満足感を与えてくれ、自分が望むもののために頑張れるかどうかです。

手の平に落ちる羽

ヴィクトール・フランクルによる人生の意味

1945年に、ヴィクトール・フランクルは「生きる意味を求めて」という本を出版しました。この本は何百万の人に人生へ対する態度を認識するよう促しました。また、彼はホロコーストの恐怖を生き延びた一人でもあります。アウシュビッツ強制収容所での経験を克服し、ロゴセラピーと呼ばれる非常に個人的なタイプの治療法を築いたのです。

さらに、ホロコーストによって家族を失ったことが、他の人が生きる目的を見つける助けをする、という人生の意義を彼に与えました。そして、そこには特定のポイントが3つあります。

  • 動機を持って毎日働くこと
  • 愛という視野を持って生活すること
  • 逆境の中でも常に勇気をもつこと

では、これがどのように人生での目的の発見を助けてくれるのか見ていきましょう。

決断と生きる

非常に困難な状況に対して、ポジティブな心とやる気を持って生きている人を一度は見たことがあると思います。同じ生物学的な構造を持っていながら、生きることに対してこのような違いを生む要因は、決断です。小さいことでも、何かを達成するために決断し、求めていることに対して戦い続け、生涯を乗り越えることは人生のそれぞれの段階で持つべき目的を明確にしてくれるのです。

「人は何でも奪うことができるが、一つだけ例外がある。それは、どのような状況でも自分の行動を選択すること、意思決定という人間の自由だ。」

-ヴィクトール・フランクル-

金粉のついた手

苦しくても明確な目的を持つと強さが見つけられる

ヴィクトール・フランクルは著書の中で、苦しみが役に立たないと思い込んでしまうことよりもったいないことは無いと述べています。目的があれば、「苦しみに耐える」のではなく、一つの挑戦として捉えることができるからです。

より良い意味を見つけるために態度を変えよう

ご存知の通り、人生は公平ではありません。時間や体力、感情、そして心を尽くしても、運命が挫折をもたらすこともあります。夢が崩れ落ちることもありますし、敗北もあるでしょう。しかし、このような状況になった時、私達には2つの選択肢があります。

  • 一つ目は、何も変えることができないと諦めて、その悪い状況に陥る。
  • 二つ目は、変えることができないことは受け入れるが、それに対しての態度や行動を変える。

ですので、希望に満ち溢れた、より良い意味を見つけるためには、強く、耐性のあるポジティブな態度を取り込まなければいけないのです。

人生の意味は尋ねることではなく、感じること

人生に対する質問の答えは全て外側にはありません。本が意味を教えてくれるわけでもありませんし、家族や友達が教えてくれるわけでもありません。私達のニーズ、情熱、そして生きる目的は全て自分の中にあるのです。そして、私達が成長していくにつれ変化していきます。

花畑を歩くカップル

自分の目標を見つけるには、自分の自由と責任を理解することほど重要なことはありません。ヴィクトール・フランクルの言う人生の意味は、日々の瞬間全てが決断であり、その決断が、この先あなたを運命という状況に固執させてしまうのか、それとも本当の自分に耳を傾けて行動するのかを決定するのです。

あなたへおすすめ