誠実さ:インスパイアする人

· 2018年9月22日

誠実な人は、健全な人間関係を最優先します。自分らしくいることに関しては、正直で、偏見がなく、独立しています。誠実な人は、偽善と戦うための敬意、相互関係、価値観を信じます。優しさの例であり、より良い人になるために他人をインスパイアしてモチベーションを与えます。

数年前、フォーブス誌がこのトピックに関するとても面白い記事を発表しました。著者は、心の知能が近年いかに基本的な知識になってきたかについて述べています。この能力は、個人・仕事レベルでもっと人間的に充足感を得る助けになりますが、この心の能力には小さな興味深い「罠」が隠れています。

 

「誠実さには、脆弱性、透明性、一貫性が必要だ。」

-ジャネット・ルイーズ・ステファンソン-

心の知能は、その人が誠実でなければ効果を発揮しません。これは良くビジネスリーダーに見らるケースです。マネージャー、監督者、上司などは、アサーティブネス、共感力、感情マネージメントなどの社交技術のトレーニングを良く受けますが、組織レベルで効果のあるものではありません。何かが欠けているんです。

誠実ではない人は、ビジネスにおける人という資産のモチベーションを高めることができません。透明性、誠意、親密性などの誠実な側面が欠けています。他人のモチベーションを高めることもできなければ、その方法も知りません。自信をつけたり、ポジティブな仕事環境を作ることもできないでしょう。彼らの言葉と行動が、尊敬できるものではなく、インスピレーションを与えるものでもないからです。

小人

 

誠実な人は生まれつき?努力?

心の知能をあげる方法に関する講座が多数存在します。しかし、誠実な人になることは本当に可能でしょうか?こういう人たちは誠実な人として生まれたのでしょうか?それとも時間をかけて手に入れられる能力なのでしょうか? まず、ここでは人格タイプの話をしていることを覚えていておいてください。姿勢、思考、ふるまい、心理的ダイナミクスには、様々な要因があります。

遺伝学者のディーン・ヘイマー氏は、考慮すべき生物的な要素があると指摘しています。例えば、脳の側坐核で分泌されるドーパミンの量を制御する遺伝子があることがわかっています。 つまり、例えば、人は「遺伝子的に」モチベーションが高く、新しい経験を求めることがあるということです。これによって幸福の度合いが示唆されます。

教育的な要因、社会文化的要素、個人的な経験も重要な役を担います。人格は、粗悪な材料、あるいは上質な材料によって作られた彫刻のようです。追加することや、より良い形にするために他のテクニックを使うこともできます。

誠実な人は、すでに明確な性格を持ってこの世に生まれてくることがあります。しかし、意思、オープンな考え方、適切な方法で変えることが可能です。粗い角を滑らかにしたり、隙間を埋めたりして、美しく誠実で包括的な心理の庭を築くことができます。

鼻と横顔

もっと誠実になるには

近年、トレーニング出来ない心理的・感情的側面はありません。人間は、(ほとんどの場合は過小評価されていますが)素晴らしい変化の余地を持っています。献身して変化に責任を持ってさえいれば、前に進むことは可能です。誠実な人格を形成する方法を見てみましょう。

誠意を示す

誠意を示すことは、習慣で個人的な責任であるべきです。これを行うには、繊細な要素を念頭に置いておかなくてはいけません。

  • まず、誠実な人は自分のニーズを意識する時間を割く。適切な自己反省を行い、自分をよりよく知り自分の限界と価値を知る。
  • 同じように、誠実な人はコミュニケーションの方法を気遣う。誠意と敬意を示す。意見を適切に表現できる。
  • 誠実な人は、自分の議論を相手に納得させたり同意させようとはしない。正直に意見を表現しても、誰かに同意してもらうことを必要としない。

内面的なモチベーション

正直で誠実な人は、自分の理想や信念にそって行動します。他人からの承認を必要としません。他人の期待を満たす必要も感じていません。想像できるかもしれませんが、誠実でいることには勇気も必要です。

感情的な回復スキル

落胆、失敗、喪失のあと、麻痺してしまうのは簡単です。しかし、そのようなネガティブな感情を処理することを拒んだら、自分で自分の邪魔をしてしまいます。誠実な人は打たれ強い人です。彼らの強さが、つらい時期を受け入れ、そこから学び、回復することを可能にしています。そして、できるだけ早く次のステージへ向かいます。

蓮

失敗を恐れず、未来へのビジョンを持つ

誠実な人は、こころのコンパスを持っていて、進みながら自分の道を作っていきます。もし失敗したら、新しい道を作ります。向こうへ渡るための別の道を作ります。モチベーションが低くて憂鬱に感じたら、立ち止まって休みます。未来は可能性と希望で溢れ、いつもそこにあるんです。誠実な人は、その希望を見つけ、そこに夢を見ます。

寛容さと社会的気づき

誠実な人ほど社会的な気づきが可能な人はなかなかいません。彼らのようになりたいなら、真似てみましょう。 結局、自分は一人ではありません。すべてに置いて他人が関わります。あなたも誠実な人の一部です。 敬意、調和、相互作用は、感情的な健康に反響します。

それを可能にするために、偏見を捨ててください。それによって誠実さが増します。非難や時代遅れの見方から自分を解放しましょう。他人を対象化するステレオタイプやレッテルを取り去りましょう。自分をオープンにして経験を共有して、周りから学びましょう。

感情的・社会的スキルを身に付けるには、勇気、謙虚さ、一貫性が必要です。早速実践してみてください!