誠実さと知性

13 2月, 2018

ロドルフォ・リナスは、人生のほとんどを脳の研究に費やしてきたコロンビアの神経科学者です。 彼はNASAのNEUROLABプログラムを指揮し、現在ニューヨーク大学で心理学と神経科学の部長を務めています。少し前のインタビューで、彼は忠実度、愛と幸福の概念を描いた方法で人々を驚かせました。

彼の声明は、神経学的見地から、多くの人々が常識、経験、行動観察を通してすでに理解してきたことを証明しています。 彼は、脳は閉鎖系であり、感情によって「貫通」されると述べています。 彼は、その操作がコンピュータの操作と似ていることを示しています。主な違いは、脳には可塑性と創造性があるということです。そして脳は変更され、栄養が与えられ、変化します。

「誠実さは、崇高な魂が彼らよりも偉大な人を模倣するための努力を表す」

-ゲーテ-

脳に関する豊富で深遠な研究によって、彼は知的構造が感情に基づいていると結論づけています。 感情が最初に来て、それから理由がきます。 私たちは、理性からではなく、私たちが感じることから、世界のアイデアを形作ります。 彼の研究によれば、は著名な場所を持ち、忠実度は最も知的な人の特徴なのです。

誠実さと知性

ロドルフォ・リナスは、脳の感情的領域は最も古くからある領域の一つだと主張しています。 それは最初に発展した領域の1つでした。 彼の言葉によると、 「爬虫類の脳のみ固定パターンの行動があります。だから、彼らは食べ物が欲しいときこちらに来るのです。そして 自分自身を守りたいならば攻撃し、彼らが生殖したいならばセックスをするのです」

布で覆った顔を結びつける二人

愛は同じ領域の起源を持っていますが、異なる生理学的機能を意味します。 リナスによると愛は、スイーツのようだと言います。 誰かと愛し合っている者は誰でももっと貪欲になるのです。 あなたは、愛する人からますます多くの愛を受け取りたいと思っています。 さらに彼は、「誰も愛を多く受け取りすぎて死ぬことはない」と付け加えています。

科学者によると、愛は生理学的観点からすると、体操のようなものではなく、踊りのようなものです。 いわゆる「永遠の愛」については次のように述べています。

「それは他人を自分の一部とする考えに基づいて構造化し、調整し、決められた行動のパターンと、他人を気づかうことが彼らの責任であると気が付くことです。それは知的な人の財産です。彼らは永遠の愛によって身動きが取れない状態にならないと知っているのです。」

 人間は、より賢明になればなるほど、人類にとっての大きな懸念にさらに集中します。 それは、生活を不安定にする状況や、より複雑な行動にエネルギーを使う状況を一想定するからです。しかし忠実さは、不必要に感情的または知的エネルギーを無駄にしないように私たちを助けてくれます。

リナスは、永遠の愛は2人の知的な人々の間の神経細胞の無限の踊りだと結論づけています。

知性と忠実さに関する研究

ロドルフォ・リナスだけが知性と忠実さの関係について話しているわけではありません。 進化心理学の専門家である金沢諭氏によって行われた研究も同様の結論に達しています。 彼の研究では、知的係数が高い(106以上の)男性は忠実さを重視すると指摘しました。 女性の場合、それは異なっています。女性はすべて、知性のレベルに全く関係なく、忠実さを評価します。

傘をさして歩くカップル

この研究は、一夫一婦は人間の進化のより高い段階であるかもしれないことを示しています。 理論的には人間は哺乳類の本能的行動に密接に関連しており、 これは人が一夫多妻制に傾いてしまう可能性があることを表しています。 しかし、人類の歴史だけでなく、人々の個人の物語でも、一夫一婦はより高度な進化を意味すると思われます。

実に不倫の前提条件は、多くの自由時間を持っていることと感情的葛藤に折れることです。 私たちの時間が取られると、不倫に関連する計画や戦略に費やすことはより難しくなるでしょう。 あなたは、狡猾に行動するのに必要な感情的なエネルギーや、不倫で捕まえられることから逃げるエネルギーも持っていません。

関係を確立し、それを完璧にしようとすることは、ある関係から別の関係に飛ぶことよりもはるかに賢明です。 一夫一婦は大きな満足をもたらすもので、犠牲ではないのです。 すべての価値ある人間関係と同様に、それは努力を伴うものなのです。 しかし、一夫一婦があなたに与えるものは、あなたが費やした努力以上のものです。

個人の人生が大きな目標を達成することに集中しているなら、恒久的な人生の旅仲間は素晴らしい宝物です。 逆に、あなたの人生が平凡で些細なことに集中しているならば、安定した関係は無益なことを探すのを防いでくれます。

湖の上のランタンとボート

画像提供:  レオニード・アフレモフ