整体:調和と健康の文化

· 2019年5月14日

整体とは、動き、体の調和、健康です。これは、野口晴哉氏が考案した、日本の伝統的な文化に深く根差した活動です。人を生まれ変わらせ、緊張をほぐして、素晴らしいエネルギーを与えてくれる力があります。

日本人でなければ、「整体」という言葉にはあまり馴染みがないかもしれません。外国人は、ヨガ、太極拳、マインドフルネスとの違いが判らない人もいるようです。整体とは、これらのものとは違う分類の活動です。動きが慎重に決められている、あるいは癒しの効果がある様々な方法を実践するような鍛錬ではありません。

これは、セラピーでも、瞑想技術でも、精神的な鍛練でもありません。それよりも良いものと言ってもよいかもしれません。より野心的です。整体は、生命を信じて、肉体的・精神的な健康を改善することができる、より単純な存在に人間を向かわせてくれます。

「体を自由に動かすと、体は自然とバランスを見つける。内面的な知性を信じることが、整体文化の鍵だ。」

-ローラ・ロペス-

森
整体:健康な動きの重要性

動きは生命です。皆さん、ご存知かと思います。しかし、私たちは時に混乱してしまうことがあります。健康、内面的なバランス、幸福から遠ざけてしまうような動きをしてしまうことがあるのです。

『不思議の国のアリス』では、現代の社会によく当てはまる比喩があります。アリスがハートの女王の王国にたどり着いたとき、同じ場所に留まるためには、住人は常に走り続けなくてはいけないということを知ります。新しい場所へ行きたければ、「さらに速く」走らなければならないのです。

これこそ、私たちがしていることです。世界がより多くを要求してくるために、日々より速く走らなくてはいけません。しかし、このようなタイプの動きは、私たちの体と反します。頭が生命よりも先を行き、 体が思うように速く動かないことがあります。常に緊張状態にあり、さび付きます。痛みや疲労が出てきて、どれくらい長く持つかもわかりません…

社会が私たちを条件づけます。整体は、このことを私たちに思い出させてくれます。そこから、異なる種類の、再生的で生命を吹き込む自由な動きを行うように提案します。体のすべての部分(肉体的な部分、精神的な部分、体内のエネルギー)が、調和を取り戻すような動きです。

舞い
整体の利点

お話ししてきたように、整体は一種の文化です。活元運動が基本となっており、普段やりなれていないような動きをするように誘います。自由に、自分の必要性に応じて動きます。

初めて活元運動のクラスに参加すると、誰もが好きなように動いて、ストレッチして、目を閉じて踊って、床に寝転がっている様子に遭遇するでしょう。このような運動が、いかに精神浄化的であるかお分かりいただけるのではないでしょうか。その効果は驚くべきものです。

  • 背中の痛みを軽減。これらの動きで、背骨の位置を正して、より柔軟にする。
  • 不安と緊張を解消。ストレスを軽減して、日々の生活の中の出来事により良く対処できるようになる。
  • ポジティブな感情を目覚めさせる。より生気が出てきて、経験を自由に喜んで受け入れる。
  • 自信を高める。
  • 消化機能と免疫系を改善する。

鳥
整体:動きの自由

整体では、自分らしい方法で表現して、好きなように動きます。さらに、ひとつ覚えておくべきことがあります。活元運動は、脊柱に力を入れています。

これらの動きは自由です。しかし、脊柱を傷つけないようにすべてが調和しているようにしましょう。その為には呼吸法を使ってください。基本的な運動を見ていきましょう。

  • 上を向いて、つま先立ちをする。リラックスして、深く呼吸する。
  • 肩を前に向かって数秒動かして、それから元の場所に戻す。ゆっくり歩きながらこの動きを繰り返しす。
  • ウエストを左から右へ動かす。背中は真っすぐを維持。この動きと共に腕を動かす。
  • 腹部、骨盤、おへそを動かして、無理はせずにこの部分をゆっくり運動させる。柔軟性、動きの自由、力をつけるようにする。

体に耳を傾けて、信頼して、体の動きの調和の指揮を任せましょう。