精神的疲労とどう戦うか

2018年12月16日

しなければならないことをするのに、時間が足りないと感じている人は多いでしょう。毎日のタスクに時間を取られ、いつも物事を先延ばしにしてしまいます。このような思いを取り除くのに必要なのは、時間だけではないでしょう。精神的疲労と戦わなければなりません。

現代社会は、目まぐるしい速度で動き、多くの人が継続的な疲労を抱えています。ストレス、心配、複数の事を同時にこなすことにより、心が一秒も休めない状態です。

精神的疲労と戦うことは、毎日をより生産的にするために良いことです。ここでは、精神的疲労と戦う方法をいくつかご紹介します。さらに、精神的疲労について理解を深めることができるでしょう。

 

精神的疲労とは?

身体的疲労のみが疲労ではありません。体は休めていても、心がこれ以上耐えられない状態にあることもあります。これは、認識しづらいものです。そのため、精神的疲労と戦いたいのであれば、まず、その識別法を知る必要があります。よく見られる症状は、次の通りです。

  • 注意力に欠ける、記憶を失う:周りに注意を向けられなくなります。そのため、記憶することが難しく、与えられた課題に集中できなくなります。
  • 過敏:精神的に耐えられなくなると、特定の状況に過敏になります。精神的疲労を抱える人は、悲しみ、怒り、落ち込みを感じやすくなります。
  • 無気力:通常、精神的疲労はネガティブな思考をもたらし、何をするにもやる気が出ません。そのため、精神的疲労と戦うには、ポジティブな方法で向き合う必要があります。
  • 身体的疲労:極度の精神的疲労により、慢性的な疲れを感じるようになります。こうなると、10時間寝ても、疲れが残ります。どれだけ休んでも、100%充電されることはありません。
精神的疲労を抱える女性

これらの症状を抱えていれば、あなたもある程度の精神的疲労を抱えていると言えるでしょう。なぜ、このようなことが起こるのでしょうか?どのようにして、このような望まない状況に陥るのでしょうか?

 

なぜ、精神的疲労は起こるのか?

最新の研究によると、精神的疲労は過度の、継続的な心配から生じると言います。精神的疲労は燃え尽き症候群と強く関連しています。どちらも、ある心配から次の心配へと移ることが原因です

自分の目標に気を取られすぎ、間違いに対し自分を厳しく責めると、精神的疲労を起こします。これは、絶対的に逆効果です。このように自分を罰すると、状況に圧倒され、すべきことをすることが非常に難しくなります

 

精神的疲労とどう戦うか?

精神的疲労の症状がみられるあなたのために、次に戦い方をご紹介します。

1.リラックスする時間を自分に与える

精神的疲労を防ぐには、心の平穏を見つけることです。その日にしなければならないことがどのくらいあるかは関係ありません。毎日、最低30分間は、自分のしたいことをしましょう。

心配から心を休めることが難しいと感じるのであれば、瞑想はとても良い方法です。瞑想により、自分の心や感情をコントロールする力を高めることができます。より認知的に、心を明快にするためにも良い方法です。

 

2.過剰な刺激をさける

私達は、過度につながり、過度の刺激を受ける世界で暮らしています。心は、知覚的な情報を常に、多量に受けています。このような状況で、一度に多くの物事に注意を向けるのは、事実上不可能です。さらに、心は、ある物事から次の物事へ次々と移る傾向にあります。そのため、集中することがますます難しくなるのです。

精神的疲労と戦いたいのであれば、全てに注意を向けないようにしましょう。仕事をしている間は、携帯のお知らせ機能をオフにしましょう。また、職場の仲間に気が散らされないようにすると良いでしょう。そして、働いていない時は、リラックスし、仕事のことを考えてはいけません。それぞれの活動にそれぞれの時間があります。それらが重ならないようにすることが重要です。

リラックスする男性

 

3.現実的になる

不安を高める原因になるものの一つが、自分の届くところより高く目標を設定することです。しなければならないことがたくさんある時、状況に圧倒され、一度に多くのことをしようとします。これは、生産性を向上するのではなく、実際は、生産性を損なうのです。

まず、自分を知ることが必要です。自分がすべきことを全てこなせないとしても、心配ありません。優先順位をつけ、重要なことを終わらせましょう。心配することで、物事が速く片付くことはなく、その反対にもなりかねません。

最後に、精神的疲労は、皆に影響を与えるものですが、それと戦うことは可能です。あなたが精神的疲労を抱えていると思うのであれば、これらのアドバイスを毎日活用してみましょう。今の症状はすぐに過去のものになるでしょう。

Pedersen, A. F., Andersen, C. M., Olesen, F., & Vedsted, P. (2014). Stress og udbrændthed hosalment praktiserende læger er stigende. Ugeskrift for Laeger.